今回はあらためて凡人の定義を確認しておきたいと思います。

いきなり最初からガツンと言ってしまいますが、凡人とは、

薄情で、怠惰で、迷惑で、傲慢で、残酷で、臆病で、保守的で、
利己的で、楽観的で、無気力で、無責任で、無関心で、無力で、
無知で、無価値で、自分がこういう人間であることにまったく
気付いていない無自覚な人間

のことです。

どんな人間も完全に凡人から脱することは不可能ですから
僕もあなたもどこかに必ずこういう要素を持っています。

ただ、唯一僕らが巷に溢れる凡人と違うのは、一番最後に言った

「無自覚な」

の部分です。

少なくとも、今あなたはこの記事を読んでいる時点で、自分が
凡人であることを自覚しています。

そして「凡人ではダメなんだ」ということも知っている。

だから凡人から脱することが“可能”なのです。

 

今の定義からも分かるように、僕が言っている真の意味での凡人は
自分がああいった人間であるということに対して無自覚です。

それゆえに、あの最悪の定義をなんら改善しようとしないし、
問題そのものを認識していないワケですから、彼らにそれらを
解決することはできません。

少し荒い言い方をすれば、彼らは

“救いようがない”

のです。

彼らの方から病院に来てさえくれれば、いくらでも診察することは
できます。

病院で病人をほったらかしにする医者なんて、ほとんどいません。

しかし、自分から病院に来ない人を無理やり診察することは、
完全にいき過ぎたお節介だし、何よりも効果がありません。

そんな人はどれだけ優秀な医者がいても助けてあげられないのです。

 

多くの場合、彼らが病院にやってくるのは手遅れになってからです。

そのときには自覚症状が明確に現れているはずですが、それは既に
病気が末期まで進行しているということであり、そうなってからでは
優秀な医者の診察も意味がありません。

「余命半年です」

医者からそう聞かされた後、彼らはこう嘆くでしょう。

「こんなことならもっと色々やりたいことをやっておけばよかった」

これが典型的な凡人の生き方です。

 

あなたなら、今言ったようなことは既に分かっていると思います。

場合によっては「何をいまさら」と思っているかもしれません。

しかし「分かっている」のと「やっている」のとでは、雲泥の差が
あるということを今あらためて理解してください。

どれだけ頭で分かっていても、やってないなら凡人と同じです。

今のまま何もやらなければ、あなたも彼らのように手遅れになります。

このメルマガをぼーっと読んでるだけだったら、あなたも彼らと
同類だということです。

それをよく自覚しておきましょう。

 

あの定義からも分かるように、僕らはつねに大量の病気を抱えて
生きています。

怠慢も、傲慢も、無気力も、無責任も、無知も、全部病気です。

これらはすべて

「行動」

によってしか、治療できません。

しかも、それらの病気は、行動しなかった日は確実に悪化する
という厄介な特性を持っています。

この病気を治す薬なんてありませんし、薬のようにして売られて
いるものは、どれも単なる麻薬です。

一時的な安息が得られるだけで、根本的には何も解決しません。

むしろそういう麻薬は病気の悪化を早める原因になりますから
絶対に使わないでください。

使ったあとにどうなっても、僕は知りません。

 

今のあなたに唯一希望があるとすれば、あなたは自分の足で
ちゃんと病院に来たということです。

ここ以外にも病院はたくさんありますから、今からそっちに
移動して優秀な医者に病気を診てもらうのも1つの手かも
しれません。

別に僕はそれを止めようとは思いませんし、それであなたの病気が
治せるのなら、素晴らしいことだと思います。

ただし、優秀な医者であればあるほど、その医者はあなたを
治療してはくれない、ということを言っておく必要があるかも
しれません。

治療は自分でやらなければ意味がないからです。

優秀な医者ほど、それを深く理解していますから、彼らは正しい
診断はしてくれても、それ以上のことはしてくれないはずです。

「治療してもらうために病院に来たのに、なんで自分で治療しなきゃ
いけないんだ」

そう思うかもしれませんが、あなた以外の人間が「行動」して、
あなたの病気が改善するはずがありません。

そんなことも分からなければ、その優秀な医者もあなたを相手に
してくれないと思いますので、お気をつけて。

 

最後にもう1つだけ注意しておきます。

やぶ医者についてです。

彼らは一見すると善人の顔をしています。

彼らは心優しい人間のフリをして、薬を処方してあなたの病気を治すと
言ってくるかもしれません。

しかし、あなたの病気を治せるのは、あなたの「行動」だけです。

薬なんてものがあるとすれば、それは麻薬ですから、彼らの言葉には
騙されないでください。

 

凡人の定義については、もうこれぐらいで十分でしょう。

このあと、あなたがどうするかは、あなた次第です。

僕はこれから「正しい診断」、すなわち

 

1.凡人という病気を放っておくとどうなるか

2.凡人という病気を治療するにはどうすればいいか

3.凡人から脱することが、いかに素晴らしいことであるか

 

をお伝えしていく予定です。

もしあなたにやる気があるならば、手始めのそのやる気を僕に
見せてください。

その行動が治療の第一歩です。

レポートの中でも言いましたが、あなたから動かなければ、
あなたは絶対に変われません。

もう一度だけ言っておきます。

そのままだったら確実に死にますからね?

薄情で、怠惰で、迷惑で、傲慢で、残酷で、臆病で、保守的で、
利己的で、楽観的で、無気力で、無責任で、無関心で、無力で、
無知で、無価値で、それを何も直そうとしない人間が“普通に”
生きていける時代はもう終わってますから。

その危機感がないってことは、あなたが何も問題を自覚していない
ということです。

つまりあなたは普通の凡人です。

今世界(日本を含む)で何が起こってるかを知っている人は、
必死で準備を進めています。

「まだ何も起こってない」んじゃなくて、あなたがそれを
知らないだけです。

自分の知ってることだけがすべてだと思っていませんか?

このメルマガを読んでるだけで安心してるんじゃないですか?

凡人ほどそういう思い込みが激しくて困るんですが、そして
だからこそ

「救いようがない」

のですが、ここまで言っても分からなければどうしようも
ありませんね。

あとは勝手にしてください。

 

あ、それと、これで行動しないようなら、このメルマガの
存在意義はないとみなして、打ち切るかもしれません。

もちろん反応が多ければ続けますが、何の危機感も反応もない
「救いようのない人間」に情報を配っても意味ないですからね。

一応それだけ言っておきます。

それでは。

ありがとうございました。

 

※この記事はメルマガ『脱凡人のすすめ中級』からの転載です。

ブログで公開しているのは全メルマガ記事の3分の1程度です。

すべての記事を読みたい場合は下のボタンをクリックして
メルマガ『脱凡人のすすめ中級』にご登録ください。

登録後は、ブログ未公開記事を含むバックナンバーが
届くようになっています。

メルマガ登録はこちらをクリック