理解されたい欲求
  「理解されたい」 これは恐らく人間なら誰もが持っている比較的大きな 欲求だと思います。 それゆえに相手に理解されてないと感じるときは 「なんで分かってくれないの」という不満を抱くし、 分かってくれてると感じたときは言葉では表せない ような喜びを感じる。 だからこそ自分を理解してくれている人、例えば 友人や恋人なんかと一緒にいるだけで一定の幸せを 感じることが出来るワケですね。 たまに「別に誰にも理解されなくてもいい」 みたいなことを言っている人もいますが、それは 多くの場合単なる強がりです。 なぜそう言い切れるのかというと、自覚しているか 無自覚かの差はありますが、現代人は本質的に 人間的理解を求めている生き物だからです。 この背景を詳細に説明するのは実は相当骨が 折れます。 ポキポキと。 なので、とりあえず今回の記事では大筋だけを 残して、あとはザックリと説明していくことします。 それでは少しばかり歴史の授業にお付き合いください。   時代は中世以前に遡ります。 この時代の人間というのは文化というシステムの 部品として存在していました。 まず文化という枠があって、そこに人間がそれぞれ 役割ごとにはめこまれる。 そんなイメージです。 貴族の子は貴族、農民の子は農民、職人の子は職人 という風に生まれた時から自分の役割が決まっている 代わりに、それに従ってさえいれば文化という安定した “関係”の中に留まることが出来ました。 この“関係”は文化によって支えられていたため、 文化が崩壊しない限りは無条件で保障され、 お金のあるなしにかかわらず、自分の身分や役割を 維持することが出来たワケです。 しかし資本主義が登場したことによって、 この文化(価値観)は壊されます。 資本主義は「生まれた家柄」ではなく「いくらお金を 持っているか」によって身分や役割を決めました。 これはよく言えば自分で自分の身分をコントロール できるようになったと言えますが、悪く言えばお金が 無ければ身分すら安定しなくなったということです。 やがてそれは「資本を持つ者こそが自由であり 権力者である」という価値観を浸透させていきます。 産業革命の時代を勉強したことがあれば分かると 思いますが、この時代の労働者というのは奴隷と 変わりません。 特に産業革命が起こってすぐというのは、 まだまともな法律も出来てなかったので、 雇い主はやりたい放題。 小学生ぐらいの子供が埃だらけの工場で 18時間働きっぱなし、なんて状況もあったそうです。 当然そんなことを繰り返していれば平均寿命も 縮まるワケで、死亡率、それも10代の若者の 死亡率は跳ね上がります。 そこでやっと「このままじゃヤバイんじゃね?」 ということになり労働基準法みたいな法律が 出来てきたワケです。 まあ「搾取」なんて言葉があるぐらいですからね。 よっぽど酷い労働環境・労働条件だったんだと 思います。 マルクスは資本主義のこういう状況に憤って 社会主義を打ち立てるに至るワケですが、 それはともかく、こうやって人間をただの道具 (労働力)としてしか見ないような人間が トップに立ち、その価値観を先導していくように なったのです。 資本主義の価値観は一言で言うと「お金が一番大事」。 つまり、資本主義以前は「最初に文化ありき」 だったためまず身分があった上で収入が決まる という流れでしたが、資本主義の世界ではまず 最初にお金があって、その上で人間の身分や役割が 決まるようになったということです。 そうやってお金の無い人はまともな身分すら 与えられない状況に追いやられていきます。 今までは生まれた時から身分が決まっていたので、 それ以上に裕福になることはなくても、それ以上 苦しい生活を強いられることもありませんでした。 しかしそんな時代はもう終わったのです。 お金がなければ社会との関係を保つどころか、 生きることすらままならない。 地獄の沙汰も金次第。 それが資本主義です。   この価値観が推し進められ、日本に輸入され、 受け継がれ生まれてきたのが僕ら現代人です。 自覚はないと思いますが、僕らも資本主義の国に 暮らす人間ですから、当然さっき書いたような人間と 同じような性質を持っています。 それは相手や自分を道具(労働力)としてしか 見れないような性質。 もう少し言うと、僕らは自分や相手の“機能”や “役割”にばかり目がいっていて、相手そのものや 自分そのものを見ることができなくなっている ということです。 婚活なんてのはその典型です。 婚活では女性は職業や給料で男性を選び、 男性も職業や見た目だけで女性を選びます (そうじゃない人もいると信じてますが)。 そうやって相互利益があるようならカップル成立。 まさに道具同士のカップルです。 そこから仲が深まって人間同士のカップルに なることもあるのでしょうが、婚活という言葉自体が 既に 「自分たちのために結婚がある」 という本来の在り方ではなく 「結婚のために自分たちがある」 という本末転倒の在り方になってしまっていますから、 よっぽどのことがない限り、人間同士の仲になることは 難しいと思います。 僕は婚活パーティーに出たことはないですが、 ネット上に溢れている情報を読む限りでは、 男性は主に職業をアピールの道具として使うことが 多いようです。 これは自分を“機能”という面でしか評価出来て いないことの裏返しと捉えることはできないでしょうか? 本当に自分の人間性そのものを評価しているのであれば、 そんな肩書を表に出す必要もないと思うし、というか むしろ婚活パーティには出ないと思うんですね。 だってそんなところに行っても自分は道具としてしか 見てもらえないんだから。 わざわざ自分が惨めになるところには 行かないでしょ、普通。 逆に、そういうところに行きたがる人は自分を 最高の道具として評価してもらいたい、もしくは 最高の道具だという評価を得て自分の価値を 確信したいから行くのです。 「美人である」「お金持ちである」「弁護士である」 そのことでどれぐらいの評価が得られるのかを 知りたいのです。 そしてあわよくば自分の評価をより高めてくれる人と 出会いたいと思っている。 個人的には婚活はそういう人間の集まりだと 分析しています。 ただ、これはあくまでも「個人的に」なので、 この見方には僕の偏見が大いに含まれているということを 忘れないで下さい。 あと、最近の就活なんかも分かりやすいですね。 就活塾なんてものが業績を伸ばしていることからも 明らかなように、今の学生たちは 「自分のための仕事」 を見つけるのではなく 「仕事のための自分」 になろうとしている傾向が伺えます。 これもまさに自分を道具的にしか評価できていないと 言えそうです。 時代が時代なので仕方ないという見方もあるかも しれませんが、それだけ時代が道具的人間の傾向を 促進している、という風に僕は捉えています。 つまり僕らは相手だけでなく自分自身をも道具としてしか 捉えられなくなってきているのです。   そうなってくると、その反動として「人間的に 見てもらいたい」とか「私そのものを評価してほしい」 という欲求が生まれるのは自然の流れ。 なぜなら、そっちの欲求を満たすものが圧倒的に 足りないからです。 人間には自分の技術を評価されたいという欲求も ありますから「最優秀新人賞」みたいな道具的評価も 必要です。 でもそっちをいくら満たしても人間的欲求は 満たされません。 それで満たされるのは「作家としては優秀ですよ」 とか「技術者としては優秀ですよ」という肩書にだけ ですからね。 「もっと私という人間を見てよ!」という欲求には 応えてくれないワケです。 ここでやっと冒頭の話に戻ってきます。 冒頭で僕は「現代人は本質的に人間的理解を求めている 生き物」だと書きましたが、その根拠はココ 『現代には道具的な人間ばかりが氾濫しているから』 というところにあったのです。   「理解されたい」 そう強く思ってしまうのは僕ら現代人の性質ですから 仕方ありません。 しかしその欲を押しつける前に 「自分は相手を理解しようとしているか?」 「自分は相手を道具的に見てはいかないか?」 と問いかけるのを忘れないで下さい。 セミナー音声で話していたアフォーダンスって言葉、 覚えてますか? 机というのは、四角い四本足の物体に対して僕らが 机という道具的な見方をするから「机」になる、 という話でしたね。 これは人間も同じで、相手に対して「役に立つ道具」 という見方をしている限り、相手は自分にとって 相手そのものではなく「役に立つ道具」になって しまうのです。 ビジネスで言うならば、お客さんに対して 『商品を買ってくれる人』(お店の利益になる人) という(道具的な)見方をしていてはダメだ ということです。 だって相手はお客さんである前に人間なんだから。 それも「理解されたい」という欲求を強く持っている 人間であるということを踏まえれば、大体どういう 接客をすればいいか分かってきますよね? 相手を理解しようとする、人間的に接するというのは そういうことなのです。 ぜひ覚えておいて下さい。 ありがとうございました。   ※この記事はメルマガ『脱凡人のすすめ中級』からの転載です。 ブログで公開しているのは全メルマガ記事の3分の1程度です。 すべての記事を読みたい場合は下のボタンをクリックして メルマガ『脱凡人のすすめ中級』にご登録ください。 登録後は、ブログ未公開記事を含むバックナンバーが 届くようになっています。 メルマガ登録はこちらをクリック   ...more»