UA-32556480-1
top-image

Tag archives for 理性

見えないものを見る力
  人智学を創ったことで有名な、ルドルフ・シュタイナーという 神秘学者がいます。 彼はかつて、一般の人には認識することのできない霊や魂、 すなわちスピリチュアルの世界を科学のルールに則って 伝えようとしました。 正しい修行を正しく積めば、霊や魂は誰にでも認識できる (超感覚には再現性や客観性がある)。 それがシュタイナーの立場です。 スピリチュアルと言うと、一般には何か特殊な才能がないと 認識できないものだと思われていますが、彼は自身の著書で それを繰り返し否定しています。 それどころか 「人間が可視的な世界の中で認識する事柄は、不可視な世界について 知ることのできる事柄によって、補充されなければならない。(中略) 可視的なものを認識するには、繰り返して不可視なものの中へ沈潜し、 認識能力を進化させなければならない。超感覚的なものについての 科学こそが、可視的な世界についての知識を可能にする」 とまで言っています。 彼の言う不可視な世界とは、スピリチュアルの世界のことです。 つまり彼は、不可視な世界を認識できなければ、可視的な世界の 事柄を「本当に」知ることはできない、と言っているワケです。   前回僕は「見えないものの結果が見えるものだ」と言いました。 そしてシュタイナーは、「思考と感情と意志は、外界を体験するとき、 その開示された現象(見えるもの)を開示されざる作用 (不可視な世界=見えないもの)の表現であることを認めないかぎり、 互いに理解し合えぬままにとどまるであろう」と言っています。 これらはどちらも「見えないもの」が「見えるもの」を支えている、 ないし定義づけていると言っている点で共通しています。 「見えないもの」を認識できたときに、「見えるもの」の本当の 意味が分かるということです。 例えばニュース。 巷のメディアではエボラ出血熱のような世界規模のニュースが 流れたかと思えば、次の瞬間には幼児虐待や強盗殺人のような ローカルなニュースが流れてくるワケですが、これらのニュースが 個々バラバラに見えているとすれば、まだ「見えないもの」を 認識できていないと思ってください。 別にメディアはそのニュースが大事だから伝えているワケでは ありません。 その他に山ほど伝えるべきことがあるにもかかわらず、 それらのニュースを「敢えて」選んで取り上げているのには、 それなりの理由があるのです。 その理由(メディアの意図)が分からなければ、そのニュースが 本当に意味することは分かりません。 これが僕の言う「見えないものの結果が見えるものだ」の一例です。 シュタイナーが言っていることはもっと深くて、例えば彼は 手造りの物と機械で作った物とでは、見た目や素材が同じでも 得られるものがまったく異なると言っています。 もう少し極端な例を挙げると、同じ野菜を育てるのでも、 それを育てている人の人格次第で野菜に含まれるものが異なる ということも言っている。 これ以上突っ込むといらぬ誤解を招きかねないので、これぐらいに しておきますが、われわれが普段接する物の意味、つまりその物が 「実際には」われわれに何を与えているのかは、「見えないもの」を 認識できなければ分からないということです。   以上のことから、「見えないもの」には大きく分けて2つの種類が あるということが分かります。 1つは僕の言う意味での「見えないもの」、つまり推論によって 見えるようになるもの、もう1つはシュタイナーの言う意味での 「見えないもの」、つまり超感覚、スピリチュアルな感覚を 磨くことによって見えるようになるものです。 後者については、僕はほとんど語る資格がありません。 シュタイナーの言わんとすることは理解できるし、それを噛み砕いて 説明することはできますが、彼と同じように、あっちの世界を 認識することは(少なくとも現時点では)できないからです。 魂も霊もエーテル体もアストラル体も僕には認識できません。 それを無理に語ることは、やはり無責任と言えるでしょう。 僕が語れるのは前者だけです。 じゃあなんでわざわざシュタイナーの話を出したんだ、と思うかも しれませんが、その理由は後で分かります。 「今の」われわれにとって重要なのは、理性を超えた能力ではなく、 理性的能力の方なのです。   どのような能力があれば推論によって「見えないもの」を見ることが できるのか。 この問いを考えたときに僕の頭には4つの能力が浮かびました。 その4つとは 1.問う力 2.根気 3.論理的思考力 4.関連づける力 です。 まず問う力がなければ、推論は「始まり」ません。 われわれは「なぜだろう?」と思うから考え始めるのであって、 そもそもその「なぜ」が浮かばなければ、思考力云々以前に 考え始めることすらできないということです。 残念なことに、ほとんどの人はこの時点でつまづいています。 何に対して何を問えばいいのか分からない。 いつ何を考えるべきなのか分からない。 そんな状態です。 これは言い換えると、それだけ世界に対して無関心だということです。 だって関心があれば自然と考えますよね? 例えばダイエットに関心がある人なら、自然と「どうやったら 痩せるのか」とか「なぜあの人は食べても太らないのか」とか 考えるでしょ。 ニュースを見ていても、そこに何の疑問も浮かないならば、 そのニュースには関心がないということです。 仮にそこで「なぜこんな事件が起こるのか」という疑問が湧いても、 多くの人は深く考える前に、考えるのをやめてしまいます。 もしくは「そういう時代だから」とか「政治家はバカだから」とか 「最近の若者は何を考えているのか分からない」と、安易に自分で 答えを決めてしまう。 これは、彼らに疑問を考え続けるだけの根気がないからです。 せっかく重い扉を自力で開いたのに、彼らはそこに足を踏み入れず、 簡易のガイドマップだけを見て満足して帰ってしまうのです。 彼らにとって重要なのは答えであって、問いではありません。 しかも彼らが求めているのは正しい(論理的に考えて妥当性の高い) 答えではなく、(感情的に)納得のいく答えです。 このことから、彼らがいかに理性的能力から遠い存在であるかが 分かります。 ただ、問う力と根気があったとしても、論理的思考力がなければ そこから考えを深めていくことはできません。 重い扉を自力で開いて、そこに足を踏み入れたのはいいものの、 そこから何を基準にして先へ進んだらいいのか分からない。 簡易のガイドマップはあくまで「簡易」のため、ほとんどあてに なりません。 未踏の大地で一歩一歩、歩を進めていくためには、 方位磁石のようなある種の絶対的な基準が必要になるワケです。 そして上記3つの力が揃っていても、関連づける力がなければ 途中で立ち往生してしまうかもしれません。 関連づける力は、論理的思考力の相棒のようなものだと思って ください。 論理的思考力があれば基本的に先へは進めるのですが、 この能力だけではどうしても行き詰ってしまうことがあります。 それはアイデアと呼ばれるものが、しばしば論理的飛躍 (帰納的飛躍)から生まれることを考えれば、なんとなく想像は つくのではないでしょうか。 問いの答えは純粋に論理的に導けることもあれば、 突飛なアイデアからしか導けないこともあります。 歴史的な発見なんかはむしろ、論理的に見つかったというよりも、 今まで全く関係ないと思っていたもの同士が結び付いた瞬間に 起こることがほとんどです。 つまり大抵の場合、ゴールへ辿り着くにはどこかで関連づける力が 必要になってくるのです。   ちょっと長くなりましたが、以上の4つ 1.問う力 2.根気 3.論理的思考力 4.関連づける力 が、僕の考える推論に必要な能力です。 この4つを身につければ、推論によって「見えないもの」が 見えるようになります。 もちろんこれには度合いがありますから、その度合いによって 見える範囲や種類は異なりますが、その度合いを高めれば 見える範囲や種類は増えていくということです。 そしてさらに重要なのは、この理性的能力を身につけることが、 理性を超えた能力を獲得するための前提条件だということです。 これは理性を「超えた」能力という言葉を正しく理解していれば 分かると思います。 理性を超えた能力とは、理性とは別の能力ではありません。 それは理性を「超えている」のですから、言葉の定義として、 理性的能力を「踏まえて」いなければおかしいワケです。 例えばオリンピック選手は常人の能力を超えた能力を持っています。 けれども、それは常人とは別の能力を持っていることを意味する ワケではなく、常人並の運動能力があるのは当然として、それ以上の 能力を彼らが持っていることを意味するワケです。 だとすれば、理性を超えた能力が、理性的能力を踏まえていなければ ならないのは当然でしょう。 シュタイナーを代表とする、あっち系の人たちは非常に勉強熱心です。 彼らは僕なんか比較にならないぐらい勉強しています。 その上で、霊的な修行(瞑想)も行っている。 だからこそ、彼らは理性を超えて物事を見ることができるのです。 極稀に「オーラが見えるようになっちゃいました」的な人がいますが、 彼らは例外です。 その証拠に、彼らはどうやればオーラが見えるようになるのかを 説明できません。 理性的能力を踏まえていないと、どうしてもあーゆーふわふわした 感じになります。 それがいいか悪いかはここでは議論しませんが、そういうことも 稀にあるということです。   あなたが「見えないもの」を見たいかどうかはともかく、 僕は見るべきだと思います。 それは初めの方でも言ったように、見えないものを見なければ、 見えているものの本当の意味が分からないからです。 極端な話、見えないものが見えなければ、今あなたが読んでいる このメルマガの意味も本当には分からないということです。 もちろん僕のメルマガは自分の読みたいように読んでもらえば それで構わないのですが、それだけではちょっともったいないと 思いませんか? どうせ同じ時間を使って読むなら、浅くしか理解できないよりも、 深く理解できる方がいいと思うんです。 だって、同じ時間で得られるものが何倍も違ってくるんだから。 それは言い換えると、同じ時間で凡人から脱せる度合いが何倍も 違ってくる、実力の度合いが何倍も違ってくるということです。 だったら、もうやるしかないですよね? 次回からは今挙げた4つの力を1つ1つ解説していく予定です。 (※多分ブログには転載しません) それを読むだけで「見えないもの」が見えるようになるとは 言いませんが、読まないことに比べればかなりの近道にはなると 思います。 本来であれば、次回の記事が送られてくるまでに今回の 「見えないもの」を自力で見つける、つまり問う力とは何か、 根気とは何かなどを自分で考えてみるというのが一番の訓練に なるのですが、いきなりそこまでやれとは言いません。 言いませんので、せめていろんなものに興味・関心を持つように してください。 それが推論の、「見えないもの」を見るための第一歩です。 ありがとうございました。   ※この記事はメルマガ『脱凡人のすすめ中級』からの転載です。 ブログで公開しているのは全メルマガ記事の3分の1程度です。 すべての記事を読みたい場合は下のボタンをクリックして メルマガ『脱凡人のすすめ中級』にご登録ください。 登録後は、ブログ未公開記事を含むバックナンバーが 届くようになっています。 メルマガ登録はこちらをクリック   ...more»
理性的権威とヒーロー
  今日はいよいよ理性的権威についての話に入っていきます。 いよいよとか言いながら楽しみにされたなかったら ちょっと悲しいけど(苦笑) まあそれはともかく。 ここから話は急展開するので振り落とされないように ご注意を(笑) 僕は前回の【民主主義国家の末路】で理性的権威が 相対主義の世界を救う(?)ためのキーワードだと言いました。 「救う」なんて言っちゃうとやや大袈裟な感がありますが、 それでも日本における人間関係や文化が徐々に 崩壊しつつあるのは恐らく誰もが感じているでしょうし、 自殺者や殺人鬼が増加の一途を辿っているのは 否定できない事実です。 それをなんとか出来ないか、と考えたら やっぱり理性的権威溢れる世界を 作っていくことしかないよなー、と僕は思ったんですね。 もちろんこれはただの理想論ではありません。 以前のベーシックインカム関連の記事を読んで頂ければ 分かると思いますが、僕は基本的に理想論は嫌いです。 嫌いというか、避けている、と言った方が正しいかもしれません。 理想を語るのは楽しいですし、理想を目指すのは 大切なことだとは思うのですが、多くの場合は 理想を理想論のまま終わらしてしまう、という過ちを 犯しがちです。 これは言い換えれば、理想は机上の空論で終わっちゃうことが 往々にしてあるということを指します。 机上の空論で終わっちゃ意味ないんですよ、 少なくとも僕にとっては。 そして多くの哲学が勘違いされているのも 実はこの点なのです。 この点とは 「哲学の議論は現実と乖離していて実際には何の役にも立たない」 という偏見のこと。 つまり 「哲学って理想論をひたすら議論してるだけじゃないの?」 と。 これは大きな間違いです。 理想論と哲学は全然違います。 なぜなら理想論は理想を拡大させるだけの論なのに対して、 哲学は理想を現実に近付ける試みだからです。 だから「幸せとは何か」とか「自由とは何か」とか 一見無駄としか思えないことを一生懸命考えたりするワケです。 ただその一生懸命さゆえに、使っている用語や 話している内容が厳密になり過ぎ、現実世界と 乖離しているように見えてしまうのが哲学なのです。 そこを勘違いしている人があまりに多いような気がして なりません。 哲学者が「人生とは?」と問うのは、 人生をより有意義に生きたいと思っているからです。 そして何より「全ての人の人生を有意義にしたい!」 そう思って彼らは無駄に見えるようなことを 毎日考えて続けているのです。 これだけは是非、覚えておいて欲しいと思います。 さあ、ここからがやっと本題です。 まずは話を戻しましょう。 僕が理性的権威をキーワードに置いたのは それを駆使すれば相対主義の世界でも「ある意味で」 絶対的な【善】を定義できると思っているからです。 相対主義の世界では、みんながバラバラの価値観を持ち、 1つの絶対的な「善」や「悪」なるものは存在しません。 もちろんそれ以前の世界でも事実上絶対的な「善」というのは 存在しなかったのですが、理念の上では存在していました。 それが「神」であり「理性」であったワケです。 中世ルネッサンス期までは「神」は絶対に善であり、 神が意図することは全て善なのだ、という前提がありました。 また近代においては「理性」こそが絶対の善であり、 「理」つまり論理や科学を追及していくことが 人々の幸せに繋がる、すなわち「善」だと思われて いたのです。 しかし文明が進歩するにつれて、神も理性も絶対ではない、 ということを人は知ってしまった。 存在するかどうかも分からない神。 自分さえも欺く理性。 どっちも信用できねーよ、と。 そして「結局信じれられるのは自分しかいないんじゃないの?」 という思いから相対主義が生まれたのです。 通常、相対主義における善は各々の道徳・倫理に依存します。 これは「自分が善だと思ったらそれが善」ということです。 極端な話、その人が善だと思っているなら、 人を殺しまくったとしても それが善だということになります。 実際そーゆー事件がたくさん起こってますよね。 「ムカついたから殺した」みたいな。 普通の感覚を持つ人からしたら 「いやいや、ムカついたって何よ」 という話になるワケですが、そーゆー常識からも ある意味解放されてしまったのが現代人なワケです。 これが相対主義の世界。 ここであなたが 「さすがにこのままはじゃマズいんじゃないの?」 という感覚を持ってくれたら僕の思惑通りです(笑) じゃあどうやったらバラバラになっている危険な【善】を まともな【善】に統一していけるでしょうか? そこで登場するのが、理性的権威です。 やっと出ました。 前置きが長い!というツッコミはスルーしつつ話を進めます。 理性的権威の根源は尊敬や感謝だというのは 再三説明している通りです。 前回の記事ではイチローのボール拾いなら誰もが 喜んで引き受ける、という例を出しましたが、 もしイチロー的な人が身近に溢れていたとしたらどうでしょう? 例えがイチローだとちょっと分かり難いかな。 もうちょい抽象的に、自分の尊敬する人が身の周りに 溢れていたとしたら・・・というのを考えてみて下さい。 人によって尊敬出来る人はそれぞれだと思いますが、 尊敬している人に囲まれてイヤな人はまずいないと 思います。 むしろ自分の尊敬する人に囲まれるなんて、 なんかウキウキしません? もちろん自分は周りの人を尊敬しているワケですから 周りの人は何かしら自分に対して嬉しいことを してくれる人であったり、自分のために注意や指導を してくれる人だということです。 ちょっと恐いけど、何が壊れても いつも余裕で修理しちゃう父。 自分の知らないことをたくさん教えてくれる祖父。 何を作っても美味しい祖母。 誰よりも深い愛を与えてくれる母。 誰もが尊敬でき、感謝の気持ちが絶えない状態。 これが理性的権威が溢れている状態です。 「誰もが尊敬でき、誰に何を言われても喜んで引き受ける状態」 と言ってもいいかもしれません。 ただ、 「そんなの理想の世界だよ」 と思いませんでした? 確かにこれだけならただの理想です。 「こうなればいいなー」で終わっちゃえば、の話ですが。 つまり終わらないってことなんですけどね。 そこでまず手始めに、理性的権威をどう使って 統一した【善】を作り出していくのかを説明していきます。 ホントは「統一」というとやや語弊があるんですが まあそれは追々わかってくるかと。 僕の考えには、理性的権威を持つ者が行うことは 全てが【善】である、という前提があります。 厳密には、ある人が定義している【ヒーロー】という 概念があって、その【ヒーロー】の行うことが【善】 だという意味です。 ヒーローとは、一般に知られている正義のヒーロー みたいなテキトーなものではなく、もっとリアルに 自分の所属するコミュニティ(共同体)の理解を得つつも、 自分自身の信じる善なるものを発信していける存在 という概念です。 コミュニティというのは、一昔前なら地域とか家族とか そういった物理的なものだけを指したのですが、 昨今においては同じ趣味とか同じ職種とか同じ目標とか そういったカテゴリー的なものの意味合いの方が強いです。 ミクシィのコミュニティなんかがいい例ですね。 言ってしまえば、ヒーローがいれば そのコミュニティ内における【善】が確立できる、 と僕は思っているワケです。 なんでそう思うのかというと、一言で言えば 【周りがヒーローの言うことを素直に (自らの望むこととして)聞き入れるから】 ちょっと考えてみましょう。 自分の尊敬する師匠が 「空き缶のポイ捨てなんてしてたら腕が鈍るぞ」 と言ったとしたら、弟子はどういう行動を取ると思います? 自分の尊敬する先生が 「勉強なんてしなくていい!」 って言ったら「あ、勉強なんてしなくてもいいだ」って 素直に思いません? あの先生が言ってたんだから間違いない!って。 ってことは、ヒーロー的な人が 「生きる意味を考え続けることが【善】なんだ」 って言ったら、どうなるのかな?という話です。 ヒーローの概念で大事なのは 【コミュニティの理解を得つつ】という部分。 コミュニティの理解を得るとは、家族内や会社内 (つまりコミュニティ)での常識やマナーを守りつつ、 信頼や信用が積み上げられた状態を指します。 要するに、コミュニティの人から絶対的に尊敬されている状態が ヒーローの大前提だということです。 そして尚且つ、自分の中に明確な【善】なるものを持っている。 これが一番分かり難いと思いますが、考え過ぎずに 「人を殺しちゃいけない」とか「人助けをしましょう」とか そういった善なる心を備えている、ってことです。 まとめると あるコミュニティに対して強力な理性的権威を持ち、 尚且つ自分自身の善なるものを明確に打ち出していける 存在がいれば、そのコミュニティにおける統一された【善】を 確立することは可能ではないか と。 僕はそう考えています。 (「統一」という言葉に語弊があると言ったのはこーゆー意味です) ということは、次はその善を指し示す存在であるヒーローを どうやって作る(?)のか、という話になります。 なりますが。 これ以上長くなると記事をアップする時期が大幅に 遅れてしまいそうなので、一旦ここで区切って 投稿することにします。 続きはまた次回以降。 ではではー♪ ...more»
bottom-img

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function ereg_replace() in /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1) : eval()'d code:1 Stack trace: #0 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1): eval() #1 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template.php(688): require_once('/home/philosoph...') #2 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template.php(647): load_template('/home/philosoph...', true) #3 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/general-template.php(76): locate_template(Array, true) #4 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/archive.php(151): get_footer() #5 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template-loader.php(74): include('/home/philosoph...') #6 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/ph in /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1) : eval()'d code on line 1