素材化するコンテンツ
ども、ペスです。 以前ボーカロイドについて話した記事で、ボーカロイドは楽曲ではなく声という素材を 提供するものとして登場した、という話をしたと思うのですが、昨今の動画投稿サイトの 現状を見ていると、それはボーカロイドに限った話ではないような気がしてきました。 例えばMADと呼ばれる編集映像(MA?)が1つあげられます。 これは言葉で説明するより、実際に動画投稿サイトで「MAD」と検索してもらった方が 早いと思うのですが、要は個人が勝手に音楽に合わせて映像を編集したものです。 種類は多種多様で、ものによってはプロモーションビデオとして使えるぐらい恐ろしく クオリティーの高いものもあります。 著作権的にはほぼ全てがアウトだと思いますが、このようにコンテンツを素材として 利用した動画がサイトに大量にアップされている現実は見逃せません。 またMADとは少し違いますが、映像と音声の両方を編集して、編集映像に サンプリング曲を付け足したような動画も存在します。 ここまでいくと、元となったコンテンツの原型はなく、全くの別作品です。 他にもゲーム実況動画というのは、ゲームを素材として使っています。 コンテンツとして自らゲームを楽しむと共に、そのゲームを1つの素材として使い、 新たな動画を作り上げる。 こういう新しいコンテンツのあり方が生まれてきているワケです。 これらの例からも分かるように、今や、データ形式におけるコンテンツは世に出た 次の瞬間には素材と化しています。 コンテンツをコンテンツとして使うか素材として使うかは利用者側に委ねられている。 つまり現代人の需要を満たすためには、コンテンツとしてのクオリティーの高さと、 素材としての使いやすさや魅力が必要となってきているのです。 例えば、比較的よく見かける動画に松岡修造の映像や音声を使ったものがあります。 なぜ松岡修造があんなに“素材として”人気なのかは分からないですが、彼の場合は コンテンツとしてよりも、素材としての方が断然人気が高いワケです。 ということはですよ? 松岡修造の音声をまとめて「松岡修造音声集」なんてのを作ったら、ボーカロイド的に 結構売れるような気がしませんか? いや、せっかくなら松岡修造のボーカロイドを作ればいいのです(笑) 映像が必要なら松岡修造をモデルにしたモーションキャプチャーなんかを作って 売り出してもいいかもしれません。 もう少し真面目な話としては、人気アニメのセリフを素材集として売り出せば、 個人でもラジオドラマやアニメを作れるようになり、ボーカロイドみたくみんなの 創作意欲が爆発するのではないかと思います。 どうせコンテンツが素材として使われることが分かっているなら、最初から有料で 使いやすいカタチにして売り出しておけばいいのです。 これなら利用者も編集の手間が省けるし、販売者も著作権収入がある程度確保できる ようになります。 そして何より、新しくて面白いものがたくさん生まれてきやすくなる。 これがコンテンツを予め素材としても売り出す最も大きな意義です。 現代人の欲求は「受け取ること」よりも「与えること」にシフトしてきています。 人間は元々与える欲求の方が大きいはずなのですが、今まではインフラが整って いなかったため、ほとんどの人は受け取るだけで満足せざるをえなかったのです。 けれどもインターネットが登場し、ブログが登場し、動画投稿サイトが登場したことで 誰もが容易に与える側に立つことができるようになりました。 そして動画投稿サイトで他人の作った下らない動画が何万回も再生されている現実を 見ることによって、 「こんなんでいいなら、俺でも作れる!」 という勇気をわれわれは得たのです。 今や、与えることを邪魔する要因は(旧式の)著作権だけとなりました。 今後の課題はこの著作権をいかにして乗り越えていくか、です。 また機会があれば、この著作権についても考えてみることにしましょう。 それでは。 ...more»