UA-32556480-1
top-image

Tag archives for 名前論

滋賀県立近代美術館「常設展 ~物質(モノ)への挑戦~」にて ~作品とタイトル~
ども、ペスです。 県展に行ったついでに常設展も見てきたので、その辺のことも少し話そうと思います。 ここの常設展は以前「夏休みこども美術館」という企画を僕が大きく評価したことで 記憶にあるかもしれませんが、今回もなかなか見ごたえのある展示でした。 「物質への挑戦」というタイトルからもなんとなく想像がつくように、絵画や彫刻という よりも、物質(モノ)そのものの在り方に焦点を当てた展示になっており、「もの派」で お馴染みのリー・ウーファンや「具体」でお馴染みの白髪一雄や元永定正なんかの 作品も展示されています。 その中の1つに西村陽平という現代陶芸家の「時間と記憶」という作品があります。 これは解説を読んで驚いたのですが、雑誌や本を窯で焼き、その後に残った灰 (厳密には灰ではないらしいですが)を瓶につめて展示しているとのこと。 なんというか、ぶっ飛んでますよね、発想が。 瓶には「anan」とか「少年マガジン」とか各雑誌の名前が書かれていて、どの雑誌が どの灰なのかが分かるようになっています。 出品作品リストの解説には 「知識を伝達する書籍と言えども実はただの物質に過ぎないのだと我々に 再認識させるという、哲学的でコンセプチュアル・アート的な表現を試みています」 と、いかにも崇高な表現かのように書かれていますが、そもそもその「再認識」が 重要かどうかが怪しいところです。 この解説が正しいとすれば、広辞苑は漬物石の代わりになる、 本は薪の代わりになる、というぐらいの意味しかないように思います。 この作品のコンセプト自体は面白いですが、哲学的と言ってしまうのは どうなのかな、と。 そんなことを感じました。   ところで「時間と記憶」というタイトルをあなたはどう思うでしょうか? 意味深だと思いますか? それとも格好をつけているだけだと思いますか? 「作品を見ていないから分からない」 そう思ったかもしれませんが、ここで考えたいのはそのことについてなのです。 作品とタイトル。 今回はこの2つの関係を考えていきます。   一般に、名前には必然性がありません。 例えば僕のハンドルネームは「ペス」ですが、これが仮に「ポチ」とか「タマ」とか 「セバスチャン」だったとしても何も問題はないと思います。 それはその名前が僕を表す記号もしくは目印に過ぎないからです。 大事なのは名前そのものではなく、その名前が何(誰)を指し示しているのか、です。 僕が「ポチ」に改名することに問題はありませんが、僕とはまったく関係のない「ポチ」が このブログを書くことには大きな問題があります。 このように、同じ「ポチ」でもその名前が何を指し示しているかが大事なワケです。 だとしたら、同じ作品を指し示す限り「時間と記憶」は「ケセラセラ」や「チンパンジー」 という名前でも問題ないということになります。   ・・・本当にそうでしょうか? ここでわれわれは大事なことに気付かなければなりません。 名前には「指し示すもの」の他に「込められた意味」があるということです。 僕の「ペス」というハンドルネームには特に意味はありません。 だからこそ「ポチ」や「セバスチャン」に改名しても問題ないワケですが、僕の本名は 親やら親戚やらがそれなりに思い(意味)や願いを込めて付けてくれていますから、 仮に法的に許されたとしても、おいそれと簡単に変えるワケにはいきません。 同様に「時間と記憶」というタイトルにも作家の思い(意味)や願望が込められていると 考えるのが自然です。 「時間と記憶を表現したい!」 「この作品には時間と記憶というタイトルが相応しい!」 こういう気持ちがあったかどうかは知りませんが、タイトルに気持ちが 込められている以上そのタイトルは「ケセラセラ」や「チンパンジー」では ダメなのです。 この「込められた意味」があって初めて名前やタイトルには必然性が生まれます。 もし「ペス」が凄く可愛がっていた犬の名前で、僕がその思いを込めて「ペス」と 名乗っていたならば、「ポチ」に改名することは許されません。 なぜならその「ペス」は単なる記号ではなく、1つの意味を持った単語だからです。 しかしながら、世の中に名前負けしている人間が大勢いるように、込められた意味と 指し示すものが客観的に一致することはほとんどありません。 「大輝」という人間が必ず大きく輝くワケでもなければ、「翔」という人間が必ずしも 羽ばたくとは限らないワケです。 なんか夢も希望もなくなりそうな悲しいことを言ってしまいましたが、これは事実なので 仕方がありません(笑) 作品もこれと同じです。 作家がタイトルに込めた思いと、実際に作品が表現しているものは、ほとんどの場合、 一致しないのです。   「人の名前と違って、作品タイトルは完成後に付けることもあるから、その場合は 一致するんじゃないか」 この疑問は非常にいいところを突いています。 走りの速くなった子に後から「俊也」と名付ければピッタリじゃないか、という発想です。 しかし完成後に考えられたタイトルは、その作品に対する作家的な解釈でしか ありません。 「この作品に合うタイトルは何だろうか」 そういう思考の結果に得られたものがこの場合のタイトルですから、そのタイトルが 作品が表現しているものと一致していることは無いと考えていいでしょう。 つまり、基本的に作家が付けたタイトルは作品に対して不完全なのです。   これを違った視点で考えてみましょう。 タイトルが作家の解釈や願望であるならば、それは作品ではなく、むしろ作家と関係が 深いものだということにならないでしょうか。 われわれはつい作品とタイトルを無意識的に結び付けて考える傾向があります。 「時間と記憶」というタイトルがついていると、その作品のどこかに時間と 記憶の言葉が意味するような要素が盛り込まれているのではないかと思ってしまう。 しかしそれは誤りです。 タイトルは作品に対する作家の解釈や願望なのですから、それは作家の見方や 考え方を端的に表しているにすぎません。 要するに、タイトルを見て分かるのは作品のことではなく、作家のことなのです。   「大輝」という名前から親から子への気持ちが読み取れるように、 「時間と記憶」というタイトルからは作家から作品への気持ちが読み取れる。 こう考えると、なんだか少しだけロマンチックな気持ちになりませんか? 仮にタイトルが作品のことを明確に表せていなくても、そんなのは問題では ありません。 名付けることは、名付けられた方ではなく、名付ける方に意味があるのです。   追伸: この常設展で個人的に気になったのは、マグダレーダ・アパカノヴィッチという人の 「群衆Ⅳ」という作品です。 麻布を固めて作った顔と腕のない人形を30体並べた不気味な作品で、この空間だけが 異様な雰囲気を漂わせています。 楽しさや面白さみたいなものはありませんが、虚無感や恐怖感が心に残る作品でした。   ...more»
名前論(後編)
ども、ペスです。 いよいよ(?)名前論も最後の回となりました。 ダラダラと無駄に長い前置きを書いてやろうかと 思ったのですが、まったく面白い文章が思い浮かばないので、 さっさと本編に入っちゃいます。 えー、予告通り、今回は前回書いた素朴な疑問の前者を 考えていきます。 その疑問というのは 世の中には「ジョン」という名前の人間が複数いるにも関わらず、 僕らはどうやってそれらを使い分けているのでしょうか? 僕のハンドルネームは【ペス】ですが、リップスライムにも ペスという人がいるし、ネット上には僕以外にもハンドルネーム としてペスを名乗っている人はたくさんいます。 にも拘らず、このブログを読んでいるあなたは意識するまでもなく 【ペス】が僕を指すことを知っている。 これは一体なぜなんでしょう? というもの。 もはや当たり前過ぎて考える気にすらならないかもしれませんが、 こんな高度なことを当たり前に出来る凄さというのを今一度 確認してみて欲しいんです。 だってよく考えてみて下さい。 コンピュータにこれと同じことをさせようと思ったら、 どれだけプログラムが複雑になることか。 顔写真とか声とか指紋とか特定の情報があればコンピュータも 一瞬で個人を判別できますが、ある文章に書かれている「ペス」が どこの「ペス」なのかを判別するのは、僕らが思っている以上に 複雑な処理を必要とします。 例えば、「ジェフ」と呼ばれたら動く、ある賢いロボットが 複数台いたとします。 少し前に流行った(?)アイボとかがそーゆーやつですが、 この手のロボットは「ジェフ」という名前には反応できても その「ジェフ」が自分に言われているのか自分以外に 言われているのかが判断できません。 もしかしたら顔の向きで判断できる更に賢いロボットも いるのかもしれませんが、それでも後ろ向きで「ジェフ」と 呼ばれれば、自分のことかどうかは分からない。 つまり、そのロボット達は前後の会話の流れ等から 「ジェフ」という名前に対する文脈を読むことが 出来ないのです。 これが人間であれば、さっき発した「ジェフ」と 今発した「ジェフ」が違うということを当たり前のように 区別することが出来ます。 (もちろん人間も時には間違います) 要するに、そんな複雑な処理を僕らはどうやって当たり前に 行っているのか、ということをここでは考えていきたいワケです。 ではまず、一休さんの話を例に考えてみましょう。 「このはし、わたるべからず」 一休さんはこの張り紙を見て橋の真ん中を堂々と渡った、 という話は有名だと思いますが、ここに今回の疑問を 考える大切なヒントが隠されています。 ご存知のように、日本語で【はし】と言えば、 【橋】と【箸】と【端】の3つが代表的です。 しかしながら、この3つは発音では区別されません。 つまり、漢字で表されていなければ、文脈からしか 意味を捉えることが出来ない、ということです。 「【はし】でご飯を食べる」 と書かれていれば、文脈上この【はし】は【箸】 だということが分かりそうに思いますが、 果たしてそれは本当に【箸】なんでしょうか? 例えば教室の端でご飯を食べるのが好きな人がいて その人が【端】でご飯を食べている、なんてことも ありえない話ではないですよね? はたまた【橋】(の上)でご飯を食べている人も いないとは言い切れない。 むしろ「【箸】でご飯を食べる」なんていう 自明なことをわざわざ言葉に出す人が現実にいるのか、 という逆説的なことも考えられます。 ということは「【はし】でご飯を食べる」という文章だけでは その【はし】が何を示すのか文脈が十分に読み取れない、 ということです。 じゃあ、そもそも文脈とは何なのか。 それは、発言者(発信者)の【イマ・ココ】である、 と僕は考えています。 【イマ・ココ】とは、この言葉の通り「その時その場所」 という意味です。 これは別に難しいことを言っているワケではありません。 僕が言っているのはめちゃくちゃ当たり前のことで 「【はし】でご飯を食べる」という文脈は 「【はし】でご飯を食べる」と言った本人が 置かれた状況、その時その場所によってしか判断出来ない、 ってことを言っているだけです。 本人は「いつ」「どこで」「何を考えて」それを言ったのか。 それによって【はし】は【端】にも【箸】にも【箸】にも 成り得るし、【ペス】は僕にも僕以外にも成り得ます。 ってことはですよ? 【はし】1つ判断するのにも、その発言者の【イマ・ココ】、 つまり心理や歴史(背景)、環境、時間、そういった目に見えない 数多くの情報を処理しないといけないワケです。 そこには時系列的な前後の関係性も関わってくるし、 その場にいる人との関係性、その人の自己内における関係性、 という複雑な情報も関わってきます。 これを俗に【察する】というワケですが、これがどれだけ 凄いことなのかは、最初に出した例を参考に考えてみて 下さいませ。 さて。 今頃は、なんだか分かったような分からないような 変な気持ちでいることと思います。 急に【イマ・ココ】なんていう変な言葉を持ち出されも ワケが分からないだろうし、そもそもこの記事自体が 何を言いたいのか分からない、という非常事態も 起こっていることでしょう(笑) まあそれも無理はありません。 存在論と関係性、正確にはハイデガーとソシュールと ベイトソンとギブソンの議論を絡めて話しているんだから そうなるのも当然のことです。 ご心配なさらずに(笑) ただ、1つだけちゃんと分かっておいて欲しいのは 僕らが当たり前に使っている名前1つ取っても、 背景はこれだけ複雑に入り組んでいるんだということです。 単純で自明に見えるものほど、実際は酷く疑わしく、 複雑で難解に見えるものほど、実際は一義的で なんでもないことだったりするのです。 「【当たり前】とは何か」 もし時間があれば、そんなことを考えてみるのも 面白いかもしれません。 長い文章にお付き合い頂き、ありがとうございました。 また次も読んでね。 ではでは。 追伸 書いてから気付きましたが、今回はほとんど 「名前」について触れてませんでしたね(苦笑) ま、たまにはそーゆーこともあります。 気にしない気にしない、一休み一休み。(おい・笑) ...more»
名前論(中編)
  お待たせの続きでございます。 この時期はどこも同じように色々とバタバタするもんで 僕も例に漏れずバタバタしていました(苦笑) ひょっとしたら4月が終わるまではまた更新が遅れることも あるかもしれませんが、その時はなるべくお知らせを入れる ようにします、ごめんなさい。 前回はパンを例にしつつ、主に物の名前について 考察を深めていきましたが、今回は人の名前を例に、 より詳細な内容に迫っていきます。 詳細になるってことは、複雑になるってことなので できれば前回以上に注意深く読むようにして下さいませ。 じゃあ早速本編に入っていきましょう。 物と同じように、人にも名前があります。 たけし、ひろし、あけみ、あやの、みか、えり、だいすけ、 マイケル、ジョン、トム、エミリー・・・まあ一々例を 出すまでも無く、これらは自明のこと。 「おい、たけし、遊ぼうぜ」、「エミリー、何してるの?」、 普段は僕らは名前をこんな風に使います。 そして物凄い当たり前の話ですが、「おい、ジョン!」と呼べば、 「ジョン」という名前の人間がこちらに反応する。 さて。 ここで素朴な疑問です。 世の中には「ジョン」という名前の人間が複数いるにも関わらず、 僕らはどうやってそれらを使い分けているのでしょうか? 僕のハンドルネームは【ペス】ですが、リップスライムにも ペスという人がいるし、ネット上には僕以外にもハンドルネーム としてペスを名乗っている人はたくさんいます。 にも拘らず、このブログを読んでいるあなたは意識するまでもなく 【ペス】が僕を指すことを知っている。 これは一体なぜなんでしょう? そしてもう1つ。 あなたを含め、僕と他者との関係はそれぞれバラバラのはずなのに みんな僕のことを一様に【ペス】と呼びます。 これは前回の名前の定義からは外れますよね? 僕は「小麦粉をこねて発酵させ、オーブンで焼き上げたもの」と 自分との関係(価値)の1つが「パン」だと言いました。 つまり本来なら、関係が違えば名前は変わるはずなのです。 だったら、どうしてみんな僕のことを同じように 【ペス】と呼ぶのか。 また、どうしてそれでも各々の関係が成り立つのか。 この2つが名前論でのメイン議題です。 前者の方が議論が複雑になると思うので、今回は取り敢えず 後者を先に考えていき、余裕があれば前者も考えることに したいと思います。 後者の疑問はザックリ言えば、膨大な数の関係をたった1つの 名前で表せるのはなぜなのか?ということです。 これは実は「パン」についても同じで、詳細に見れば僕とあなたの 「小麦粉をこねて発酵させ、オーブンで焼き上げたもの」との 関係はそれぞれ違うはずなのに、同じ「パン」という名前で 表せるのはなぜなのか?という話にもなります。 その辺は前回少しだけ話しましたよね。 そんなワケで、この話をシンプルに考えるために、 ここでは色の問題に置き換えて考えてみましょう。 よく哲学の入門書には、こんな問いが書かれています。 「あなたの見ている赤と僕が見ている赤は、同じ赤なのだろうか?」 これは要するに、僕に見えているものとあなたに見えているものが 同じであることは人間がそれぞれバラバラの存在である以上 どうやっても証明出来ない、ということを言いたいワケですが、 じゃあどうして僕もあなたも「赤」という言葉を聞いて同じ色を 指差すことができるのか。 それは人それぞれ関係(見え方)は違っても、対象とするもの (見ているもの)は同じだから、です。 赤いポストを見て、僕やあなたが「赤い」と判断するとき、 僕の中では「僕的な赤」という価値が拾い上げられ、 あなたの中では「あなた的な赤」が拾い上げられます。 でも赤いポストという(客観的な)対象自体は同じだから 赤いポストと言われれば、同じものを指差せるのです。 ここで混同してはいけないのは、同じ見え方をしていることと 同じ対象が見えていることとは別問題だということ。 これは散々アフォーダンスの解説で言っていることですが、 見え方は「個別的」だけど、見えている対象それ自体は 「客観的」で1つの(共通の)ものなのです。 そしてここでもう1つ重要なのは「赤」という名前の 捉え方です。 先ほども書いたように、僕が「赤」と言うとき、 それは「僕的な赤」を意味し、あなたが「赤」と言うとき、 それは「あなた的な赤」を意味します。 つまり、僕が「パン」や「ジョン」と言う時も、本質的には 「僕的なパン」「僕的なジョン」と言っているのと同じだ というです。 なぜなら、僕の見ている「赤」は、その対象と僕との 関係でしか有り得ないし、あなたの見ている「赤」も その対象とあなたとの関係でしか有り得ないから。 何度も言うように名前というのは、その対象と「私の関係」 ですから、その「赤」も「私の赤」でしかないのです。 でも日常の会話で一々「僕的なジョン、遊ぼうぜ」とか 「僕的なパンが食べたい」なんて言ったら、ちょっと 変な意味に誤解されそうでしょ(笑) というか、僕らはそういった複雑なことを無意識に 処理しているから、わざわざ公言する必要がない。 だから「・・・的な」という言葉を付けなくても 同じ名前で意味が通じるのです。 学術的に言えば、同一の名前に対してメタコミュニケーションが 成り立っている、という感じでしょうか。 まあ難しい話はともかく。 今回分かっておいて欲しいのは、見た目上(形式上)、 同じ名前であっても高次の認識としては人それぞれ 別々(個別)のものを指している、ということです。 ちなみに、この話は数ヶ月前に書いたコミュニケーションの 3つの論理とも大きく関係しています。 もしお忘れなら参考までに読み返しておいて下さいな。 えー、案の定、前者の疑問を考える余裕がなかったので、 今回を「中編」として続きは「後編」に持ち越します。 ではでは。 ...more»
名前論(前編)
  今回は、前回の記事で登場した「名前」の考え方について 考察を深めていってみようと思います。 というか、もう僕の中では理論が出来上がっているので それをただ記事にするだけなんですけど。 一言で言えば【名前とは何か?】という話です。 まあ興味があればどうぞ。 名前。 物(対象)には名前が付き物です。 僕らは「小麦粉をこねて発酵させ、オーブンで焼き上げたもの」を 「パン」と呼び、「牛の乳から出てきた液体」を「牛乳」と呼び、 また「言語化された意味ある言葉の集合」を「情報」と呼び、 「人間の考える様」を「思考」と呼びます。 何のことはない、当たり前のことです。 しかしながら「パン」とか「情報」といった名前それ自体が 何なのかを知る人は恐らくほとんどいない。 それは名前という概念が空気の存在と同じぐらい僕らとって 当たり前過ぎるからでしょう。 一々空気を吸うことを考えなくても生きていけるように、 名前が何かを考えなくても僕らの生活には何ら支障は ありません。 でも、だからここでは敢えて考えるワケです。 当たり前のことを当たり前としか認識できないような 大衆にならないためにね。 名前とは何なのか? これは前回を読み返してもらえれば分かると思います。 名前とは、ある対象と私の関係 のことです。 「パン」とは「小麦粉をこねて発酵させ、オーブンで 焼き上げたもの」と僕の関係であって、それ以外では ありえません。 その「パン」を「枕」と呼ぶとき、その対象と僕の関係は 「枕」であり、もはやその対象は僕にとって「パン」では ないのです。 この辺は前回書いた通りですが、ここで重要なのは その対象が「僕にとって」パンではないという部分。 ここでは客観的な(普遍的な)パンを語っているのではない、 ということに注意して下さい。 客観的な「パン」的なものは確かに存在します。 しかしそれは「小麦粉をこねて発酵させ、オーブンで 焼き上げたもの」であって「パン」ではないのです。 僕と「小麦粉をこねて発酵させ、オーブンで焼き上げたもの」との 関係が食べ物である場合は、その名前は「パン」となり、 僕と「小麦粉をこねて発酵させ、オーブンで焼き上げたもの」との 関係が文房具である場合は、その名前は「消しゴム」となります。 つまり、当事者がその対象をどう捉えるのかによって 本質的な次元で名前が変化するのです。 この話は前回紹介したアフォーダンスの概念とも 非常に深く関係しています。 アフォーダンスの概念をこの「パン」の話を例に 考えるならば 「小麦粉をこねて発酵させ、オーブンで焼き上げたもの」という 客観世界に対して、僕が「パン」という個別の価値を拾い上げている という感じでしょうか。 僕が言いたいのは、その拾い上げた価値との関係が 【名前】だということです。 先ほど僕が 名前とは、ある対象と私の関係である と書いたことからも分かるように、【名前】そのものは 客観的に誰にでも当てはまるものではありません。 あくまでも【名前】は個別的な 「私の関係」 なのです。 通常の僕らの感覚では【名前】は対象そのものに 付けられた客観的なものだと認識しがちで、 「パン」と言えば、誰にとっても「パン」だと 思ってしまうところですが、実はそれは違うんです。 「小麦粉をこねて発酵させ、オーブンで焼き上げたもの」と 「パン」はイコールではありません。 なぜなら「小麦粉をこねて発酵させ、オーブンで焼き上げたもの」は すべての人に共通でも、それをどう用いるかは、その対象を 「パン」として認識しているか、他のものとして認識しているか によって違ってくるからです。 もっと細かく言えば、僕の認識している「パン」と あなたの認識している「パン」も別物なんですが、 その辺は話が難しくなるので、次回、人間の名前と 併せて詳しく解説します。 ともかく今回の記事で分かって欲しいのは 「小麦粉をこねて発酵させ、オーブンで焼き上げたもの」の 中にある1つの価値が「パン」であって、「小麦粉をこねて 発酵させ、オーブンで焼き上げたもの」自体には「パン」や 「消しゴム」以外にも無限の価値が含まれている ということなのです。 そしてその無限の価値から拾い上げた1つの価値との関係を 僕らは【名前】と呼んでいる、と。 あとは次回に続きます。 乞うご期待。 ではでは。 追伸 最近よく出てくる【関係】という言葉は今後このブログを 理解する上で重要なキーワードになります。 なんで重要なのかはブログを読みつつ自分で考えて下さい。 これは別にケチって答えを教えないワケではなく、 僕には僕の答えがあるように、あなたにはあなたなりの 答えが必ずあるから、こうやって言っているワケです。 前回書きましたよね? 僕の世界とブラジル人の世界は違う、と。 それはつまり、僕の世界とあなたの世界も違う、 っていうことなんです。 国が違うだけでも答えが違うことがあるんだから、 いわんや世界においてをや・・・。 その辺は想像に難くないと思います。 まあ記事を重ねるごとに色々分かってくると思うので 気長に読んでやって下さいませ。 ...more»
bottom-img

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function ereg_replace() in /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1) : eval()'d code:1 Stack trace: #0 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1): eval() #1 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template.php(688): require_once('/home/philosoph...') #2 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template.php(647): load_template('/home/philosoph...', true) #3 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/general-template.php(76): locate_template(Array, true) #4 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/archive.php(151): get_footer() #5 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template-loader.php(74): include('/home/philosoph...') #6 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/ph in /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1) : eval()'d code on line 1