UA-32556480-1
top-image

Tag archives for リーダー

最強の組織の作り方
今回は最強の組織(主に会社)を作る方法をお話しします。 まずは定義の確認から。 最強の組織とは、意志決定が素早く的確で、結果を出せる 組織のことです。 そういう組織を作るには 1.少数精鋭であること 2.優れたリーダーがいること の2つの条件を満たす必要があります(が、逆に言えば たったこれだけで最強の組織が作れてしまいます)。 まず少数精鋭であることの利点は、社内における情報格差が ほぼゼロになることと、個々の意見が部署の考え方などに 影響されずに言えることです。 人数が増えるとどうしても、Aさんは知ってるけど Bさんは知らない、といった情報格差が広がっていきますが、 3人から5人程度の会社であれば、各人の情報格差が 会社の命取りになるので、自然と情報共有は密になるし、 早急に共有されます。 3人しかいない会社で、Aさんしか知らないことが 山ほどあったりしたら、シャレにならないですからね。 また人数の多い会社では総務や営業などの部署があるのが 普通ですが、部署ができてしまうと個人の意見ではなく、 「総務部としての意見」や「営業としての意見」に意見が 偏ってしまいかちです。 自分は個人的にAをした方がいいとは思ってるんだけど、 総務部全体の利益を考えるとBと言っておいた方がいい、 みたいなことが起こるようになるワケです。 そうなると、社員の多くが自分にウソをつくことになり、 それが積もり積もって・・・。 さらに派閥なんかができちゃうと、派閥の意見にも 従いながら働かないといけなくなるので、多くの人は 会社のための意見を言うのではなく、保身のための意見を 言うようになっていきます。 そうやって組織は内部崩壊していくワケです。   実は今言ったことは200年以上前にルソーが指摘しています。 彼の言葉を『社会契約論』から引用してみましょう。 「人民が十分に情報をもって審議するとき、もし市民がお互いに 意志を少しも伝え合わないなら(徒党を組むことがなければ)、 わずかの相違がたくさん集まって、つねに一般意志が結果し、 その決議は良いものであるだろう」 ほら、 (1).人民が十分に情報をもっていること (2).徒党を組まないこと っていう条件がちゃんと出てきてるでしょ? 彼の場合は国という巨大組織(集団)の運営を考えていましたが、 大きかろうが小さかろうが必要なことは同じなのです。 ただ上で言ったように、大きな組織でこの2つの条件を 満たすというのは非現実的だと思います。 だって考えてみてください。 社員が千人いる会社で部署を作らないとか、情報共有を 完璧にするとか無理でしょ、どう考えても。 そんだけいれば派閥だってきっと自然に出来ちゃうでしょうし、 情報の格差も開いてしまうと思います。 彼の言っている条件を満たそうとすると、どうしても少人数に せざるを得ないのです。   ただ少人数にしたからと言って、そこで行われた意志決定が 必ずしも結果に結びつくとは限りません。 社員全員が「企画Aをやろう!」と一丸となったとしても、 企画Aが当たらなければその会社はヤバイことになります。 つまり、当たり前ですが、その決定が会社の実績に、 社員の幸福に繋がっているのかどうかをちゃんと判断できる 優れたリーダーが必要なのです。 優れたリーダーになるために何をどうすればいいのかは これまで散々語ってきているので割愛しますが、参考までに ルソーが何と言っているかを見ておきましょう。 ルソーはこんなことを言っています。 「諸々の国民に適する、社会についての最上の規則を 見つけるためには、優れた知性が必要である。その知性は、 人間のすべての情熱をよく知っていて、しかもそのいずれにも 動かされず、われわれの性質を知り抜いていながら、 それと何らつながりを持たず、みずからの幸福がわれわれから 独立したものでありながら、それにもかかわらず、われわれの 幸福のために喜んで心をくだき、最後の時代の進歩のかなたに 栄光を用意しながらも、ひとつの世紀において働き、 後の世紀において楽しむことができる、そういう知性で なければなるまい。人々に法を与えるには、神々が必要である」 まあ要するにリーダー(彼の場合は立法者ですが)は 神のように完璧じゃないといけない、ってことです(笑)   そんなワケで、もし最強の組織を作りたいなら 1.少数精鋭であること  (1).人民が十分に情報をもっていること  (2).徒党を組まないこと 2.優れたリーダーがいること の2つの条件を頑張って満たしましょう、ってことでした。 ちなみに大きめの会社に属している場合は、(1)と(2)の 視点で職場を眺めてみると面白いと思います。 会社が上手くいってないとすれば2以前に多分(1)(2)が 問題だと思いますので。 あ、2のリーダーがいないから(1)(2)に気付かないのか。 まあどっちでもいいや(笑) ありがとうございました。   ※この記事はメルマガ『脱凡人のすすめ中級』からの転載です。 メルマガは僕の気まぐれで転載したりしなかったり、まちまちです。 セミナーやワークショップの情報はメルマガでお知らせしています。 今後配信される記事を確実に読みたい場合は、 下のボタンをクリックしてメルマガに登録しておいてください。 登録後は、ブログ未公開記事を含むバックナンバーが届くように なっています。 メルマガ登録はこちらをクリック ...more»
リーダーの立場を揺るがないものにする2つの条件
  先日、京都水族館に行ってきました。 そこにアカネハナゴイというその名の通り茜色をした魚が いたのですが、その魚はなんと基本的に個体全部がメスなんだ そうです。 じゃあどうやって子供を作るのかというと、それらの個体の中で 大きいヤツがオスになるとのこと。 Y染色体が消滅の危機にある今、人類がこういう進化を遂げる日も 近いかもしれません。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ リーダーの立場を揺るがないものにする2つの条件 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   「今は悩みを解決してくれるヒーローではなく、一緒に悩んでくれる リーダーが求めてられている」 いつだったか、何かの雑誌にこんなことが書いてありました。 一昔前はスーパーマンのような人たちに人気が集まっていたのですが、 今人気のある人たちというのは非常に地味というか、身近というか、 そういう傾向にあります。 例えば『カフェごはん』で人気絶頂中の山本ゆりさん辺りが 分かりやすいでしょうか。 彼女はどこにでもいる料理好きの主婦(普通の人)なのですが、 彼女のブログは書籍化され、今や累計280万部を超える大ヒットと なっています。 ブログを見れば分かるように、彼女はかなり凡人的な人です。 にもかかわらず、いや、だからこそ大衆の支持(共感)をここまで 得ることに成功しています。 彼女は普通の人が悩むようなことで同じように悩み、苦しみ、闘って 生きているからです。 僕の場合はそういうものを「下らない」と一蹴してしまいますから、 当然彼らの支持は得られません(笑) 僕は普通の人の支持は求めていないのでそれで構わないのですが、 「一般に」今人気のある(支持を集める)人というのは彼女のような 普通の人になってきているワケです。 他にもユーチューブやニコニコ動画のコミュニティはその傾向が 強いですよね。 『Hikakin』や『Kazuya』、『瀬戸弘司』、『ペインダンカン龍之介』 などなど、その手の人たちは探せばいくらでも見つかります。 彼らは一様に普通の人です。 でも普通の人だからこそ、普通の人が面白いと思うような発想が 浮かぶし、普通の人の気持ちを動画で代弁することによって彼らは 支持を集めることができるのです。   リーダーの仕事というのは、何よりも第一に支持を集めることです。 それは言い換えれば共感を得ることであり、他者から信用もしくは 信頼されることです。 そのために、われわれは最初に「誰に」共感してほしいのか、 「誰に」信用・信頼してほしいのかを考える必要があります。 上に挙げた彼らは恐らく、共感してくれるなら誰でもいい、と 思っている人たちです。 もちろんそれが悪いということではありません。 それが彼らの理想ならば自由にやってくれればいいのですが、 多くの人(彼らを含む)はそんなことは何も考えていないように 見えるのです。 そうやってテキトーにコミュニティを作るとどうなるかというと、 そのコミュニティは短命に終わります。 なぜなら彼らは成長しないリーダーであり、そんなリーダーを 支持する人たちも同じく成長しない人たちだからです。 たしかに大勢の支持を集めれば注目はされます。 山本ゆりさん然り、Hikakin然り、彼らは今乗りに乗っていると 言っていいでしょう。 けれども、以前にも言ったように、われわれにとって重要なのは 短期的な結果ではなく、どれだけ結果を出し続けられるかです。 結果を出し続けるには、成長し続けるしかありません。 時代は常に「次」を求めているからです。 だとすれば、われわれは共に「慣れ合う」お友達ではなく、 共に「成長する」仲間をちゃんとselectする(厳正に選び抜く) べきではないでしょうか。 それがコミュニティの未来を背負うリーダーの責任でもあると 思うのです。   ところで、冒頭で「今は悩みを解決してくれるヒーローではなく、 一緒に悩んでくれるリーダーが求めてられている」と言いましたが、 あれは「解決できないリーダーでもいい」という意味では ありません。 リーダーにとって仲間の悩みを解決することは容易なことなんだ けれども、敢えてそこで手を出さずに、仲間の成長のために一緒に 悩んであげる。 これがリーダーであり、リーダーの仕事なのです。 リーダーは道だけを示すべきであり、答えは本人に考えさせ なければなりません。 そうしなければ彼らは成長できないからです。 山本ゆりさんの場合であれば、「料理の作り方は教えるけれども、 料理を直接作ってあげたりはしない」という感じでしょうか。 これによって彼女のブログの読者は、料理の腕前が上達する ワケです。 何を道と感じて何を答えと感じるかは人によるので一概には 言えませんが、われわれの仕事は仲間に道、つまり問いを 与えることです。 あなたが適切な問いを与えることができれば、あなたの仲間は あるべき方向に成長することができます。 適切な問いとは、その問いを解くことによって、その人の望む 未来が得られるような問いです。 例えば僕は先日ある読者の方に以下のメールを送りました。 > >「なぜ人間だけが自然に逆らうことができるのか」 > > >人間も自然の一部だとすれば、植物や動物と同じように > >自然と調和していないとおかしいと思うのです。 > > >でも、なぜか人間はその調和から外れることができる。 > > >どこかに神様がいるとしたら、なぜ人間にわざわざこんな > >面倒な性質を与えたのでしょう? > > >進化論が正しいとすれば、なぜ人間は自然に逆らうような > >性質を進化の過程で獲得したのでしょう? これはかなり極端な例ではありますが、このときの僕は 「この問いを考えれば、この人はきっと成長できるに違いない」と 思ったから、こういう問いを出したということです。 この問いに限って言えば、誰が考えても凄く成長できるとは 思いますけどね。 それはともかく。 われわれの仕事の大部分は仲間(顧客や部下、後輩、子供を含む)に 「結果を出させること」だと言い切っても過言ではないワケですから、 そのためには道を教えられる人にならなければならないということです。   以上をまとめると 1.(仲間を選びつつ)支持を集める 2.仲間に進むべき道を教える の2つがリーダーの主な仕事ということになります。 上司や親の立場にある場合は特によく聞いてほしいのですが、 相手(部下や子供)からの支持がないのに道を教えても無駄です。 それは単なる「押し付け」に過ぎません。 相手に成長してほしいなら、何よりも相手の支持を得てください。 上記の2つは順番通りでなければならない、ということです。 まずは支持を集め(支持されるような人間になるまで己を磨き)、 支持してくれた人たち(コミュニティ)に対して進むべき道を教える。 リーダーの仕事、すなわち、われわれの仕事はそれだけです。 「それだけ」がいかに難しいかは言うまでもないと思いますが、 そこは地道に努力するしかありません。 がんばっていきましょう(笑) ありがとうございました。   ※この記事はメルマガ『脱凡人のすすめ中級』からの転載です。 ブログで公開しているのは全メルマガ記事の3分の1程度です。 すべての記事を読みたい場合は下のボタンをクリックして メルマガ『脱凡人のすすめ中級』にご登録ください。 登録後は、ブログ未公開記事を含むバックナンバーが 届くようになっています。 メルマガ登録はこちらをクリック   ...more»
友達と仲間 ~成長し続ける者の運命~
  以前どこかで、僕には友達がほとんどいない、という話をしました。 具体的には、思いつく限りで3人。 これが今の僕が友達と呼ぶ人間の数です。 僕にとって彼らは大切な存在ではありますが、残念ながら僕には 彼らを助けることができません。 それはお金や知識の問題ではなく、僕と彼らの関係が友達だからです。   友達(親友を含む)関係というのは、一般に思われているほど 素晴らしい関係ではありません。 こんなことを言うと誰かに怒られてしまいそうですが、事実として そうなんだから仕方がない。 例えば学生時代に友達と何をしていたかを思い出してみてください。 ゲームを借りたり、一緒にカラオケや飲み会で気晴らしをしたり、 恋バナをしたり、仕事の愚痴を言い合ったり、同じ趣味を楽しんだり、 傷ついた心を慰め合ったり、理由もなく群れたり、そんなことを していたのではないでしょうか。 それらがすべて無駄だと言うつもりはありませんが、この例を見れば 友達という関係がどれだけ中身のない関係かは分かると思います。 もちろん僕も昔はどこにでもいるバカな学生でしたから、その頃は 中身のない関係だなんて微塵も思っていませんでした。 友達と遊ぶのは素直に楽しかったし、学生時代の思い出のほとんどは 彼らとの関わりの中で生まれたものです。 けれども、人間はある時期になると、明確に「成長を続ける人間」と 「成長をやめる人間」とに分かれます。 このことをわれわれは理解しなければなりません。   僕は決して「友達を捨てろ」と言っているワケでもなければ、 「友達なんてどうでもいい」と言っているワケでもありません。 友達を大切にしたければ、してもいいと思います。 僕が言っているのは、成長を続ける人間にとって、友達が減って いくことは必然である、ということです。 だって考えてみて下さい。 あなたの周りに、どれだけあなたと同じぐらい勉強熱心な友達が いますか? そんな友達は1人いたら良い方だと思うんです。 大抵の友達は、みんな凡人としてダラダラ生活していると思います。 その状態のまま1年や2年もすれば、そういう怠惰な友達と必死に 勉強しているあなたの価値観や常識が合わなくなるのは当然です。 価値観や常識が合わなければ、まともな会話はできないし、 段々とこちらの話は友達に通じなくなっていきます。 あなたがレベルを下げて無理やり話を合わせることは可能ですが、 そこまでして友達という関係を維持することに、何の意味があるの でしょうか? 片方が気を使わなければ保てないような関係は、もはや友達とは 呼べないのではないでしょうか? こうして成長を続ける人間の友達は、必然的に消えていくのです。 冒頭に挙げた僕の3人の友達も、近いうちに僕の周りから消えて いくと思います。 すでにその気配はかなり感じていますし、これはこれで仕方のない ことです。 まったく寂しくないと言えばウソになりますが、そんな理由で僕が 成長をやめるワケにはいきません。 僕にできるのは、彼らが成長する人間に変わり、別の出会い方で また友達になれるのを祈ることだけです。   友達という関係は、われわれが乗り越えるべき「過程」です。 その意味ではこの関係が重要であることには違いないのですが、 そこで歩みを止めてしまうと、それはただの慣れ合いになります。 実際、僕が学生の頃は完全に慣れ合っていました。 今考えてみれば、いつも同じメンバーで飯を食いに行き、 いつも同じメンバーでカラオケに行き、いつも同じメンバーで いつも同じような話ばかりしていたと思います。 誰も新しいメンバーを増やそうとはしなかったし、そのメンバーで 新しいことをやろうなんてことも考えなかった。 そういう変化を拒む凝り固まった関係が続けば、そのグループは 退化していき、いずれみんな仲良く淘汰されることになります。 それが自然の摂理なのです。 友達を経ることは重要ですが、友達をだらだらと続けることは、 お互いにとって害にしかなりません。 そうならないためには、多少無理やりにでもわれわれは次の ステップへ足を進めなければならないのです。   次のステップとは「仲間」という関係です。 仲間というのは「理想を共有し、理想に向かって共に歩む友達」と 解釈してもらえれば、そう遠くはありません。 要は、成長を続ける人間同士の友達関係、ということです。 友達と仲間の違いは、大きく分けて2つあります。 1つは、友達が共に堕落する関係だったのに対して、仲間は共に 成長する関係であるという点です。 お互いに叱咤激励し合いながら、理想の達成に向かって進み続ける。 それがまず1つ特徴として挙げられます。 そしてもう1つは、仲間には、仲間全員を先導していくリーダーが 存在するということです。 自分たちはどこへ向かうべきか。 自分たちは今何をするべきか。 そういったことを的確に判断し、仲間全員をまとめて引っ張っていく リーダーを中心として仲間は集まります。 つまり、 1.成長し続ける人間であること 2.周りからリーダーとして認知されること の2つを満たして仲間という関係を構築していくことが、われわれの 当面の目標だということです。   このメルマガを読んでいる時点で、1については恐らく問題ない でしょう。 成長する気がなければ、こんなメルマガは読んでいないはず ですから、その辺は何の心配もいりません。 しかし、難しいのは2の方です。 この「周りからリーダーとして認知されること」という条件を 満たすには、1とは別の能力が必要になります。 1は自分の能力を鍛えるだけでよかったのですが、2では1で 身につけた能力を他者にいかにして伝えるかが問われるワケです。 例えば僕のメルマガでは、これまでいろんな話題を取り上げて きました。 人権、寄付、少子高齢化、ヘレニズム時代、国債、シリア内戦、 スーダン内戦、労働、禅、スピリチュアル、グローバル化、 量子力学、行動経済学、TPP、社会主義、アベノミクス・・・。 パッと思いつくだけで、これぐらいの幅で記事を書いてきた ワケですが、僕はいつも同じことしか言っていません。 僕は自分の言いたいことを、これらのテーマを「通して」伝えて きただけです。 僕がいつも言っているのは「哲学しろ」ということなのですが、 これをそのまま言ったところで、普通は伝わりません。 実際、僕のメルマガに「哲学しろ」としか書かれてなかったら 意味不明だし、読みたいとも思いませんよね? その「哲学しろ」を僕が手を変え品を変え、あらゆる角度から 表現しているからこそ、僕が言いたいことがあなたに伝わる ワケです。 この 「手を変え品を変え、あらゆる角度から表現する能力」 が2の条件を満たすのに必要とされる能力です。 これができなければ、相手には何も伝わらないと思ってもらって いいと思います。 そして、多くの人はこれが出来ないから、自分の専門知識を 世界に活かすことができないのです。   じゃあどうすればその能力を鍛えることができるのか。 それは一言では説明し切れないのですが、やることは主に2つしか ありません。   1.自分の専門外の知識を身につけること 2.自分の専門の知識と専門外の知識に共通項を見出すこと   これを訓練することです。 1の説明は不要だと思います。 とにかくいろんな知識を身につければいいだけの話です。 2の方は、本質を見つける、という感じでしょうか。 どんな分野にも、その内容を掘り下げていけば、必ず共通する 部分があります。 例えば僕は今、演劇や演出に関する本を読んでいるのですが、 そこに書かれていることは、すべて哲学するということです。 「生活の中で見える特徴に、どんな時も気づいて下さい。 大袈裟に認識する必要はありません。ただ気づくだけでいいのです。 歴史に気づきなさい。歴史の流れの中に自分が存在するのだと 意識しなさい。」 とか 「世界はあなたの目の前にある。それを、取り入れなさい。 これまで見たことのないようなものを見て下さい。そしてそれを 世界に投げ返しなさい。」 なんていうのは、まさしく僕がいつも話していることを別の角度から 言ってくれています。 これを読んで「ペスのメルマガと同じだ!」と思えるようになれば、 それは本質が見えていると思ってもらって間違いありません。 いきなり本質を探すのは難しいでしょうから、最初は表面的でも いいので、それぞれに共通する部分を見つけてください。 こういう毎日の小さな積み重ねが、大きな力に繋がるのです。   この「手を変え品を変え、あらゆる角度から表現する能力」も実は 前回の追伸に書いた「前提を見抜く力」や「情報を組み合わせる力」を 別の角度から表現したものになります。 つまり「前提を見抜く力」や「情報を組み合わせる力」を身に つけたければ、今言ったことを訓練すればいいということです。 新しい企画をやる前にこんなことを教えちゃって大丈夫なのかと 思うかもしれませんが、心配はいりません。 こんなのでネタが切れるようなら、とっくにメルマガなんて書けなく なってますから。 というか、前回言いましたよね。 参加しなくてもいいから、とにかく自分を鍛えろ、って。 そのために僕はこういうことを話してるんです。 そりゃもちろん参加できるなら参加してほしいとは思ってますが、 みんなそれぞれ事情があるんだから仕方がないじゃないですか。 だったら、その事情を自分で解決できるようになってもらって、 次の機会に気持ち良く参加してもらうことの方が僕は大事だと 思うんです。 どうせ参加するなら、無理せず楽しく学んで欲しいしね。   なんだかよく分からない話になってしまいましたが、とにかく、 今回話した 1.成長し続ける人間であること 2.周りからリーダーとして認知されること  (1)自分の専門外の知識を身につけること  (2)自分の専門の知識と専門外の知識に共通項を見出すこと を自分なりに実践していってください。 そうすれば、あなたの周りには向上心バリバリの素晴らしい仲間が 集まってきて、毎日がハッピーで将来の心配なんてする必要のない 環境が出来上がりますから(笑) その道は険しいですが、自分のためにも、自分を必要とする人の ためにも、がんばりましょう。 ありがとうございました。   ※この記事はメルマガ『脱凡人のすすめ中級』からの転載です。 ブログで公開しているのは全メルマガ記事の3分の1程度です。 すべての記事を読みたい場合は下のボタンをクリックして メルマガ『脱凡人のすすめ中級』にご登録ください。 登録後は、ブログ未公開記事を含むバックナンバーが 届くようになっています。 メルマガ登録はこちらをクリック   ...more»
bottom-img

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function ereg_replace() in /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1) : eval()'d code:1 Stack trace: #0 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1): eval() #1 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template.php(688): require_once('/home/philosoph...') #2 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template.php(647): load_template('/home/philosoph...', true) #3 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/general-template.php(76): locate_template(Array, true) #4 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/archive.php(151): get_footer() #5 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template-loader.php(74): include('/home/philosoph...') #6 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/ph in /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1) : eval()'d code on line 1