UA-32556480-1
top-image

Tag archives for ボーカロイド

素材化するコンテンツ
ども、ペスです。 以前ボーカロイドについて話した記事で、ボーカロイドは楽曲ではなく声という素材を 提供するものとして登場した、という話をしたと思うのですが、昨今の動画投稿サイトの 現状を見ていると、それはボーカロイドに限った話ではないような気がしてきました。 例えばMADと呼ばれる編集映像(MA?)が1つあげられます。 これは言葉で説明するより、実際に動画投稿サイトで「MAD」と検索してもらった方が 早いと思うのですが、要は個人が勝手に音楽に合わせて映像を編集したものです。 種類は多種多様で、ものによってはプロモーションビデオとして使えるぐらい恐ろしく クオリティーの高いものもあります。 著作権的にはほぼ全てがアウトだと思いますが、このようにコンテンツを素材として 利用した動画がサイトに大量にアップされている現実は見逃せません。 またMADとは少し違いますが、映像と音声の両方を編集して、編集映像に サンプリング曲を付け足したような動画も存在します。 ここまでいくと、元となったコンテンツの原型はなく、全くの別作品です。 他にもゲーム実況動画というのは、ゲームを素材として使っています。 コンテンツとして自らゲームを楽しむと共に、そのゲームを1つの素材として使い、 新たな動画を作り上げる。 こういう新しいコンテンツのあり方が生まれてきているワケです。 これらの例からも分かるように、今や、データ形式におけるコンテンツは世に出た 次の瞬間には素材と化しています。 コンテンツをコンテンツとして使うか素材として使うかは利用者側に委ねられている。 つまり現代人の需要を満たすためには、コンテンツとしてのクオリティーの高さと、 素材としての使いやすさや魅力が必要となってきているのです。 例えば、比較的よく見かける動画に松岡修造の映像や音声を使ったものがあります。 なぜ松岡修造があんなに“素材として”人気なのかは分からないですが、彼の場合は コンテンツとしてよりも、素材としての方が断然人気が高いワケです。 ということはですよ? 松岡修造の音声をまとめて「松岡修造音声集」なんてのを作ったら、ボーカロイド的に 結構売れるような気がしませんか? いや、せっかくなら松岡修造のボーカロイドを作ればいいのです(笑) 映像が必要なら松岡修造をモデルにしたモーションキャプチャーなんかを作って 売り出してもいいかもしれません。 もう少し真面目な話としては、人気アニメのセリフを素材集として売り出せば、 個人でもラジオドラマやアニメを作れるようになり、ボーカロイドみたくみんなの 創作意欲が爆発するのではないかと思います。 どうせコンテンツが素材として使われることが分かっているなら、最初から有料で 使いやすいカタチにして売り出しておけばいいのです。 これなら利用者も編集の手間が省けるし、販売者も著作権収入がある程度確保できる ようになります。 そして何より、新しくて面白いものがたくさん生まれてきやすくなる。 これがコンテンツを予め素材としても売り出す最も大きな意義です。 現代人の欲求は「受け取ること」よりも「与えること」にシフトしてきています。 人間は元々与える欲求の方が大きいはずなのですが、今まではインフラが整って いなかったため、ほとんどの人は受け取るだけで満足せざるをえなかったのです。 けれどもインターネットが登場し、ブログが登場し、動画投稿サイトが登場したことで 誰もが容易に与える側に立つことができるようになりました。 そして動画投稿サイトで他人の作った下らない動画が何万回も再生されている現実を 見ることによって、 「こんなんでいいなら、俺でも作れる!」 という勇気をわれわれは得たのです。 今や、与えることを邪魔する要因は(旧式の)著作権だけとなりました。 今後の課題はこの著作権をいかにして乗り越えていくか、です。 また機会があれば、この著作権についても考えてみることにしましょう。 それでは。 ...more»
R-MIXに見る音楽業界のパラダイムシフト ~楽曲の在り方~
  無駄に勢いづいてきたので、やる気のあるうちに さっさと更新しちゃいます(笑) 今回はR-MIXという先日ローランドから発売された ちょっと変わったソフトを題材に、楽曲のあり方などを 少し話せればと思います。 まずR-MIXについてですが、このソフトは一言で言えば 楽曲をギターやヴォーカル、ドラム、ベースなどパートごとに バラバラな状態にできるソフトです。 レビューを見る限り、実際には「バラバラ」への道のりは まだまだ遠いようですが、大事なのはそういう今まで 不可能だと思われていたことに対して、このソフトが一石を 投じたということです。 これまでもノイズ除去ソフトなるものは販売されており、 楽曲から余計な音を取り除く作業はかなり部分できて いたのですが、こと1つの楽曲からヴォーカルだけを抜く、 というような作業は基本的にできませんでした。 できたとしても精々ヴォーカルが聴こえ難くなる程度。 要するに、最近のカラオケ音源のついていないCDから カラオケバージョンを作るといった作業はできなかった ワケです。 この手の欲求は音楽をやったことのある人の間では 昔からありました。 「ギターの練習をするためにギターの音だけ聴こえるように したい」とか「コピーバンドをやってるけど、ここの部分だけ どういう演奏をしているのか聴こえない」という声は散見されて いました。 僕自身、ギターをやっていたころに同じことを思ったことが ありますし、周りも同じことを言っていたのを覚えています。 またバンドをやっていなくても、今のような声優人気を 考えれば、例えば声優さんの声とBGMをバラバラにできれば 好きな声優さんの声だけを集めて自分だけのラジオドラマが 作れるのに、というような欲求が出てくるのは当然です。 MADと呼ばれるものが大量に出現しているのは、その欲求の 表れと見てもいいでしょう。 つまり、ある時期から楽曲は「聴く」以上の価値を 提供しなければ、買い手を満足させられなくなったのです。 もちろん今でも聴くだけで満足する層は多数います。 動画投稿サイトで動画をアップする人より、その動画を 再生するだけの人の方が圧倒的に多いというのは 数えるまでもなく明らかでしょう。 しかし、この比率は確実に変化してきています。 前回のボーカロイドの話もそうですが、そもそも楽曲を (歌を)聴くことしかできなかった人が、楽曲を(歌を) 作る人に変化しているワケですから、比率が右から 左へ移り変わっていくのは自然な話です。 現代においては、少なく見積もっても2:8ぐらいには 変化してきているはずです。 そしてこの変化こそが、まさしくパラダイムがシフト しているということなのです。 自発的に何か(文章でも絵でもホームページでも)を 創作したことのある人なら誰でも分かると思いますが、 ただ作られたものを受け取るより、自分で何かを 作り出す方が何倍も得られるものが多く、なおかつ 楽しいのです。 僕は最近になってようやく自分でちゃんと料理を 作るようになったのですが、それだってやっぱり自分で 作った料理はお金を払って食べる料理よりも美味しいと 感じます。 ただのおにぎりや卵焼きですら、そう思います。 料理でなくても、僕はこのブログを書くことを、どんな本を 読むよりも楽しいと感じている。 本を読むのも好きですが、それはある意味でこういった 記事を書くためなのです。 もっと簡単な話をしましょう。 普段、友達と会話するとき、面白い話を聞くよりも、 面白い話を「する」方が楽しいですよね? そういうことですよ、今僕が言っているのは。 インプットの楽しみしか知らない人に、アウトプットの 楽しさを与えた。 それが初音ミクやR-MIXなのです。 そして、そのアウトプットの場を万人に平等に与えたのが ニコニコ動画やユーチューブといった動画投稿サイトなのです。 楽曲を聴く、というスタイル自体は音楽の重要な部分だと 思います。 けれども、それはマーケットイン的なものが通用した時代に 流行ったスタイルであって、現代のようにメディアが全方向的に 展開されている時代にそのままにしておいていいものでは ありません。 一方向には一方向の、全方向には全方向のそれぞれ違った 価値観が生まれてくる。 音楽ではそれが 「楽曲」から「素材」への変化 だと思うのです。 楽曲を提供するのではなく、(一時的に)楽曲という形に 組み上げられた素材を提供しているという意識が、 今後は求められてくるのではないかと思います。 LEGOは1つの答え(理想形)を画像で提供しつつも、 ブロック自体は本人が自由に扱えるようにしています。 そこに既存の理想形には無かった何かが生まれるかもしれない、 という「伸びしろ」があるのです。 幼児は可能性の塊です。 であるならば、それを「海賊船」という1つの理想形で 固めてしまうのではなく、もっと他のものも作れるという 可能性を残しておいてやるのが、玩具というものの 意義でしょう。 今「幼児は可能性の塊」だと言いましたが、幼児だけではなく 人間はみんな可能性の塊です。 だったら。 玩具に限らず、もっといろんなものに「伸びしろ」を 残しておいてやるのが、何かを提供する者としての 優しさなのではないでしょうか。 ものによってはそれが出来ないものも当然あるでしょう。 しかし、その意識さえあれば必ずどこかに「伸びしろ」が 生まれてくると思うのです。 それを受け取った者の可能性を伸ばしてやること。 難しいかもしれませんが、何かを提供する機会があれば、 意識しておいて欲しいと思います。 ではー。 ...more»
初音ミクに見る音楽業界のパラダイムシフト ~ボーカロイドの意義~
  ブログを更新するのは約3ヵ月ぶりでしょうか。 なんか毎回こんなことを言っている気がしますが、それはともかく、 久々にブログオリジナルの記事でも書いてみようかと思います。 今後、このブログの記事は今回の記事のような抽象度、 つまりメルマガよりも少し具体的な感じの話をしていく予定です。 ぶっちゃけてしまうと、ブログの記事は僕がツイッターで ツイートした内容をより詳細にしたものになります。 なんで今更そんなことをするのかというと、ツイッターでは時間の 流れに乗って伝えたい情報が一瞬で流れていってしまう、 ということを痛感したからです。 使っている側からすると確かにツイッターは便利です。 すぐに思いついたものをパパッと書いて投稿できる。 長文ではないため、あんまり深く考える必要もない。 そういう意味では使い易いことには違いありません。 けれども、それがツイッター上にあるかぎり、そのツイートは 時間の流れとともに消えていってしまいます。 もちろんその瞬間に大事なことであれば、それもいいでしょう。 例えばスーパーにおけるタイムサービスなどはその瞬間が 一番大事ですから、その情報が時間の流れとともに消えていくのは 理想的と言えます。 ただ、僕のように比較的時間に捕らわれない話をしている場合、 やはり時間の流れに乗ってしまうことは不利な面が多過ぎると 思ったワケです。 そんなワケでツイッターはメモ代わりという扱いとして、今後はそれを ブログでちゃんとまとめて残していこうと思います。 今までもトゥギャッターなどを使ってまとめていましたが、それよりも 各段にいい記事になると思うので、楽しみにしておいて下さい。 ではでは、長くなりましたが、本題へ入りましょう。 近頃、いや、数年前から音楽業界はCDが売れないという問題に 悩まされ続けています。 タワーレコードなどのCDショップには若者が寄りつかなくなり、 CDを買うのは40代以降の「実物世代」と呼ばれるような人たち だけになりつつあるのが現状です。 ただ、そんな閑古鳥が鳴きかけている音楽業界にも、近年1つの 希望が見え始めてきました。 それがタイトルにも入っている初音ミク率いるボーカロイドです。 ボーカロイドについてはもはや僕が説明するまでもないと思うので、 詳しいことは割愛させて頂きますが、要はボーカロイドの登場によって 今までにない新しいタイプの音楽形態が生まれ始めたのです。 ボーカロイドというのは各パラメーターによって多少の 音声ニュアンスはコントロールできるものの、基本的には同じキャラを 使えば同じ音声になります。 初音ミクなら初音ミク、鏡音リンなら鏡音リンの声以外にはなりません。 言い換えるなら、伴奏をどんな曲に仕上げても、歌い手はある意味で 「無個性」 だということです。 にもかかわらず、これだけの流行を獲得しているという点は注目に 値します。 まず分かっておかなければならないのは、僕が今言った「無個性」 というのが悪い意味で扱われているワケではないということです。 どの曲も同じ可愛い声の歌い手が使われていれば、それは 共通基盤、ガダマー風に言えば「共通の地平」として機能します。 「初音ミク(の声)が好き」という点で共通の地平が築けているワケ ですから、そのコミュニティ内での「個性」としての評価は声以外に 向くことになります。 声がいいのは当然として、楽曲やプロモーション動画は どうなのか、と。 同じバンドでも好きな曲が異なるように、同じ初音ミクが 歌っていても好きな曲が異なるのは当然です。 ただ、バンドや1人の歌手ではジャンルを超えて作曲する ことは難しいですが、初音ミクなら基本的にオールジャンルで 楽曲を作れます。 それこそヘビーメタルからレゲエまで。 ここにボーカロイドの大きな可能性の1つがあると僕は思うのです。 今までもワンアーティスト・ワンジャンルなんて言われてきましたが、 なんだかんだで本当にジャンルを超えて歌える歌い手というのは いなかったように個人的には思います。 やっぱりヘビメタのボーカルは何を歌ってもヘビメタだし、 演歌の歌手もどこかしらコブシが出てしまう。 けれども、初音ミクのように歌ではなく「声」として作られた素材には 元々個性がありません。 それを悪く言えばどの楽曲にも二流程度にしか対応できない、 ということになりますが、それは今においては大きなパワーであり 可能性だと思うのです。 特に、無個性ゆえに「使い易い」という点が。 一流のアーティストほど個性が強い、というのはどの業界でも 共通だと思います。 だからこそそのジャンルではトップクラスの成績の残せるのであり、 そういう評価を受けられる。 しかし、そういったアーティストは一様にして「使い難い」のです。 なぜなら、1つのジャンルでしか評価できないし、評価されない からです。 ジャンルを超えた時点で、その人は 「いや、うちのジャンルじゃ評価できないよ」 となってしまう。 オペラ歌手をジャズというジャンルから評価することはできないし、 演歌歌手をブルースというジャンルから評価することもできない。 要は個性的な人は色々面倒くさいのです。 その面倒くささを払拭したのが初音ミクだと言えます。 今までジャズやクラシックやロックなどというジャンルで評価されて いたものが 初音ミクというジャンル で評価されるようになった。 音楽性ではなく、歌い手がジャンルになったワケです。 またボーカロイドのもう1つの特長として、先に少し触れた 無個性な「素材」という点があげられます。 今までは唯一無二の個性の一部として扱われていた歌い手の 声をボーカロイドは「素材」というある意味で無個性なものとして 捉え直しました。 今までもオーケストラの楽器をサンプリングしたデジタル音源は 存在しましたが、それらは比較的高価であり、コンセプト的にも敷居が 高かったため、一般に出回るほどの地位は獲得できませんでした。 ボーカロイドのソフトが1万5千円前後なのに対し、 オーケストラ楽器の音源は安いものでも5万円前後、高いものなら 30万円程度することを考えると、この結果もうなずけます。 それに加え、ボーカロイドの登場によって作曲家のかゆかった部分、 今まで機械ではどうしようもなかったボーカルに手軽に手が届くように なったのも確かです。 つまり、今まで「歌もの」に参入できなかった大多数の作曲家の 可能性をボーカロイドは切り開いたのです。 この中でもやはり声を「素材」として扱える、というのが個人的には 音楽的な革命だと思います。 今までボーカルの声というのは楽曲に組み込まれているというのが デフォルトでしたが、その楽曲から独立して声だけを扱えるように したのがボーカロイドです。 繰り返しになりますが、これによって「歌もの」に参入できる人が 圧倒的に増えました。 その結果、お金はもらってないが曲は作れる層からプロレベルの クオリティーのものが大量に無料で出回るという今までには 有り得ない事態が発生したワケです。 これはまさに参入障壁の低さゆえに発生した事態だと思います。 僕はこれを音楽業界の自由化(グローバル化)と呼んでいますが、 この流れは次回話す予定にしているR-MIXの件とも絡んで 今後どんどん加速すると見ています。 どこかのレコード会社のように著作権を守ることに躍起になる 時代はもうとっくの昔に終わりました。 それはインターネットが登場し、ユーチューブが登場した頃から 誰もがなんとなく予想できていたはずです。 違法コピーが出回るのを無理矢理やめさせるのもいいでしょうが、 それは結局のところ音楽業界自体の衰退を意味します。 なぜなら、著作権を必死になって守ったところで、そこからは何も 新しいものは生まれないからです。 本当に音楽業界を守ろうと思うならば、著作権なんてものに しばられずに、もっと音楽を開放して新しいものが生まれる環境を 提供すべきなのです。 それが業界を担うものの役割りであり、業界を育てるということ なのではないでしょうか。 こんなことをすれば当然、従来型のビジネスモデルで利益を 確保することはできないでしょう。 著作権から利益を得る、というモデルはもう使えません。 ですから別のビジネスモデルを考える必要があるワケですが、 重要なのはプロとアマの境目はもうほとんどない、ということです。 お金をもらっている人がプロで、そうでない人はアマという定義 それ自体がもはや古過ぎます。 それらの違いは今や意識の違いでしかないのです。 ということは、それらを自由に競争させてやれば、より洗練された 素晴らしい楽曲が生まれてくるのではないでしょうか。 その「場」さえ提供してやれば、彼らは勝手に切磋琢磨し、 その「場」には素晴らしい楽曲を求める買い手も自然に 集まってくるのではないでしょうか。 この「場」にこそ今後はビジネスチャンスがあると思うのです。 今も昔も誰もが「いい曲」を求めていることには違いありません。 けれども、それを判断するのは常に買い手です。 特にネットが普及した現代においてはCMなどのプロモーションによる 大衆操作は難しくなりました。 つまり昔以上に今は買い手本位に考えなければならない 時代なのです。 ですから、まず考えるべきは「いかにしてこの曲を売り込むか」や 「いかにして既存の著作権を守るか」ではなく、 「いかにして素晴らしい曲を生むか」 だと思うのです。 素晴らしい曲さえ作れれば嫌でも人は寄ってきます。 フェイスブックやツイッターで口コミは広がります。 そういった当たり前のことを実践することが、今あらためて 問われているのではないでしょうか。 何事もそうですが、まずは商品ありき、です。 それが売れるか売れないかは二の次なのです。 であるならば、曲を売ることよりも先にいい曲を生むことを考えるのが 音楽業界としてあるべき姿だと思います。 便宜上ここではパラダイムシフトという言葉を使いましたが、 結局のところ、それは原点回帰なのかもしれません。 ではでは。 ...more»
bottom-img

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function ereg_replace() in /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1) : eval()'d code:1 Stack trace: #0 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1): eval() #1 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template.php(688): require_once('/home/philosoph...') #2 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template.php(647): load_template('/home/philosoph...', true) #3 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/general-template.php(76): locate_template(Array, true) #4 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/archive.php(151): get_footer() #5 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template-loader.php(74): include('/home/philosoph...') #6 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/ph in /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1) : eval()'d code on line 1