UA-32556480-1
top-image

Tag archives for エマーソン

自己信頼と自己懐疑
  今回は物理的にちょっと時間が取れないので いつもより若干短めの記事になります。 ・・・の予定だったのですが、書いてみたら 案外長くなりました。 やっぱりなんだかんだでこれぐらいの量が 一番自分の中でシックリくるみたいです。 ただいつものように前振りを考えている暇はないので(笑) いきなり本題に入ります。 僕の記事によく登場するエマーソン。 その彼が自身の著書にこんなことを書いています。 人は、その人自身でしかありえない。 その人を語るのは、意志よりも人格だ。 ところが人々は、目に見える行為だけが自分の美徳や不徳を 伝えるものと考え、一瞬の息づかいにも、自分の美徳や不徳が 現れていることに気付かない。 ばらばらに見える行為も、自然に正直に行われたものなら、 なんらかの共通点を持っているものだ。 同じ意志から出た行動なら、ぱっと見にはそう見えなくても、 そこには必ず調和がある。 少し距離をおいて、やや高い視点から眺めれば、 細かな違いは見えなくなる。 ひとつの共通点によって、すべてが統合されるのだ。 どんな立派な船も、無数の方向転換を繰り返しながら進んでいく。 蛇行しているように見えても、ある程度の距離から眺めれば、 実はひとつの方向に向かってまっすぐに進んでいることがわかる。 それと同じように、もし誠実に行動するなら、 それがその行為はもちろん、あなたが行う すべての誠実な行為を説明してくれるだろう。 世間に迎合していては、どんな行動も説明できない。 自分の道を行くのだ。 そうすれば過去の行為が、いまの自分を正当化してくれる。 偉大な行為は未来にはたらきかける。 私がいま、世間の目を気にすることなく、自分が正しいと 思ったことを実行できるとすれば、それはいまの自分を 正当化してくれるような正しい行為を、過去に行っていたからに 違いない。 こうなりたいと思う自分にいま、なるのだ。 いま行動せよ。 どんな時も人目を気にしないように努めれば、 常にそうできるようになる。 (ラルフ・ウォルドー・エマソン「自己信頼」より) 彼は要するに「自分を信頼して我が道を突き進め」ということを ひたすら語っているワケですが、これを単純に「好き勝手やれ」とか 「自己中でいいんだ」などと同じ意味で捉えてはいけません。 「自分を信頼する」とは、そんな短絡的なものではないのです。 まず信頼という言葉を考えるとき、そこには少なくとも 「知る」「理解する」「好意的である」などの要素が 絡んできます。 知らない人を信頼することは出来ないし、理解出来ない人を 信頼することも出来ない。 そして上記2つを満たしたとしても、その人のことが 好きじゃなければ信頼というものは生まれません。 つまり、自分を知り、自分を理解し、自分を好きであることが 【自己信頼】だということです。 その状態になれて初めて、人間は自分を信頼することができ、 自らの進むべき道が見えてくる。 だから「一度信頼したら、断固としてその道を進め」と エマーソンは言っているワケです。 じゃあどうやったらエマーソンの言う【自己信頼】の状態に 達することが出来るのか。 僕はそのヒントが【自己懐疑】にあると思っています。 【自己懐疑】とは言葉通り「自分を疑うこと」です。 自分の行動は本当に正しいか。 自分は今のままでいいのか。 自分は自分を裏切ってはいないか。 自分が真実だと思っていることは本当に真実なのか。 この繰り返しが【自己信頼】を生み出すのではないか、と。 やったことがある人は分かると思いますが、【自己懐疑】というのは 一度やり始めるとキリがないんですね。 考えれば考えるほど自分の行動は正しくない気がしてくるし、 一歩を踏み出そうとする度に毎回戸惑いが生じる。 これをやり続けると最終的には、自分は何もしない方が いいんじゃないか、みたいな気分になってきます。 でも、その捉えようのない不安を常に抱えておくことが 僕は大事だと思うのです。 僕らは普段「自分の行動は本当に正しいか?」なんてことを 考えることはほとんどありません。 仕事では当然の義務としてよくあることかもしれませんが、 パソコンを開く前に「今オレは本当にパソコンを開くべきなのか?」、 youtubeを見る前に「今オレは本当にyoutubeを見るべきなのか?」 なんて普通は考えないですよね? それはその行動が習慣に支配されているからです。 習慣というのは 「なんとなく考えることなくやってしまうこと」 を指しますから、考えずにやってしまう行動はすべて 習慣に支配されていると言ってもいいでしょう。 そしてその習慣は主に「環境」から作り出されます。 「環境」というのは、家族や会社や友人など 自分の周りにいる人間のことだと思って下さい。 家族内でいつもやっていること、友人同士でいつもやっていること、 会社で毎日やっていること、それが環境であり、そこから習慣が 生まれてくるのです。 更に更に、その環境である人たちも、その人たちの周りの 環境から影響を受けています。 彼らも彼らの友人や家族や会社から影響を受け、 習慣に支配された毎日をすごしているのです。 更に更に更に・・・エンドレス。 さあ、これがどういうことか分かるでしょうか? 要は、普通に生活している人のほとんどは何も考えずに 周りと同じ行動を(無意識に)習慣的に行っている、 つまり「大衆に迎合している」ってことです。 先程書いたエマーソンの言葉を読み返してみて下さい。 世間に迎合していては、どんな行動も説明できない って書いてありますよね? 行動が説明できないのは、自らの意志で選んだ行動では ないから(習慣的に行ったことだから)です。 果たしてこれが【自己信頼】と言えるのでしょうか? 自己信頼とは、自分を知り、自分を理解し、自分を好きであること だと書きました。 ってことは 「自分の行動が説明できない」 = 「自己信頼ではない」 ってことです。 だってこの定義で言うなら、自分を説明できてこそ (自分を理解してこそ)【自己信頼】だということに なりますから。 すなわち。 【自己懐疑】ではなく、環境によって作られた習慣は 「なんとなく」という説明できない無意識的な行動を生み出し、 その結果われわれは知らず知らずのうちに大衆に迎合して 【自己信頼】を減退させてしまっている、ということです。 デカルトは【自己懐疑】の繰り返しによって 「我思う、ゆえに我あり」 (自己信頼)の境地に到達できた人間の代表だと 僕は思っていますが、彼が生きた時代も現代のように 不安だらけの時代でした。 もちろん不安の種類は今とは違いますが、それでも 答えを求めて彷徨っていた、という点では 現代人となんら変わらないような気がします。 彼の考えた「我思う、ゆえに我あり」が正しいのかどうかは 僕には分かりません。 でも、デカルトの中ではそれが唯一信頼できる答え、 つまり【自己信頼】だったと思うのです。 だとしたら、少なくとも今の僕らにできるのは デカルトの真似をしてみることではないでしょうか? 自分を疑って疑って疑い抜いて、そこから少しずつ見つかる 【自己信頼】の断片を拾い集めることではないでしょうか? そんなことを思った、今日この頃です。 ではでは。 ...more»
「自分の人生」と「他人の人生」
  自分をつらぬくことは とても勇気がいるよ だれも一人ボッチには なりたくはないから でも 君はそれでいいの? 夢の続きはどうしたの? 僕を忘れてもいいけど 自分はもう はなさないで サヨナラから はじまることが たくさん あるんだよ 本当のことが 見えてるなら その思いを 捨てないで (スーパーバタードッグ【さよならCOLOR】より)   たまにはこういうのもいいかな、と思って載せてみました。 個人的には、僕らの背中を押してくれる、とてもいい歌詞だと 思います。 せっかくなので、もう一度読み返してみましょう。 自分をつらぬくことは とても勇気がいるよ だれも一人ボッチには なりたくないから 誰だって仲のいい友達や家族から見放されるのは 嫌なもんです。 いくら自分の進みたい道があったとしても、 友達を無くしてまで、家族に見捨てられてまで それを貫ぬくことができるかどうか。 その覚悟があるのかどうか。 そう聞かれれば、ほとんどの人はNOと答え、 みんなと寄り添い生きる道を選ぶと思います。 誰も一人ボッチにはなりたくないから。 誰も仲間外れにはなりたくないから。 でも 君はそれでいいの? 夢の続きはどうしたの? 僕を忘れてもいいけど 自分はもう はなさないで でも、本当にそれでいいんでしょうか? (僕を含め)誰もがそうやって自分にウソをつきます。 見たいものだけを見て暮らそうとします。 こんなことを言うのは余計なお世話なのかもしれませんが あなたが見ているのは本当に「自分の人生」なんでしょうか? サヨナラから はじまることが たくさん あるんだよ 本当のことが 見えてるなら その思いを 捨てないで サヨナラ(失うこと)から、はじまること(得られること)が 世の中にはたくさんあります。 本当にやりたいこと・やるべきことが分かってるなら 失うことを恐れず、それに向かって歩んで欲しい。 それこそが【あなたの人生】なのだから。 アメリカの哲学者エマーソンはこんなことを言っています。 恐れていることを為せば、その恐怖は消えてなくなる これは言葉通り、恐れていることそれ自体を経験すれば その恐れが実は大したことではなかったことに気付く、 という意味です。 仲のいい友達が自分から離れていくこと、それ自体は確かに 悲しく辛いことかもしれません。 夢を追うことが友達や家族から見放されることならば それは確かに恐怖だと言えるでしょう。 しかしその恐怖に飛び込むと同時に、あなたは「自分の人生」を 手に入れるのです。 そこで出会う人たちは昔の友達とは全然違うタイプかもしれません。 もしかしたら一緒に飲みにいったり、愚痴を言い合ったり、 そういうことは一切できなくなってしまうかもしれない。 でも。 その時あなたは、もはやそういったことを望む人間では なくなっていることに気付くでしょう。 飲みに行ったり、愚痴を言ったりするよりも 世の中にはもっと楽しいことが沢山あるじゃないか、と。 youtube見て、テレビ見て、mixi見て、下らない話題で ゲラゲラ笑っているよりも、もっと自分にはやるべきことが あるじゃないか、と。 そう思えた時、あなたは「自分の人生」を歩き始めたのです。 「自分の人生」を歩くことがあなたにとって 本当に幸せなのかどうかは僕には分かりません。 人によっては恐怖から逃げてでもいいから友達や家族と 仲良くやっていたい、という意見も当然あるでしょう。 それも1つの道です。 あなたが「他人の人生」を望むならそうすればいい。 ただ、もしそう思うなら覚悟を決めることです。 もう絶対に「自分の人生」なんて追いかけたりしない、と。 今ある不平不満をすべて受け入れて生きていく、と。 「自分の人生」を生きるにも「他人の人生」を生きるにも 必ず決断が必要です。 この決断の恐怖にすら勝てない本当の意味での弱者は キルケゴールが言った 【死にながら生きる人生】 を歩むことになります。 それは、死にたくても死ぬ恐怖にさえ打ち勝てず、 「死」よりも辛い「生」を生き続けることになる、 ということです。 実際、現実を見ればそんな人で溢れてますよね? 彼ら自身は自分が死にながら生きていることにさえ 気付いていません。 「毎日それなりに楽しいし、これでいいんじゃないの」 こうやって自分を騙して続けているのです。 心のどこかでは絶対に「このままじゃいけない」って 思ってるのに。 現実と向き合うには勇気がいります。 しかし、その現実を作り出しているのは自分自身だということを 忘れてはならないと僕は思うのです。 恋人ができない、お金がない、何も取り柄がない・・・ これらはすべて自分が作り出した現実です。 上司の小言がうるさい、周りの友達が信用できない、 何もかもが嫌になって鬱になった・・・ これらもすべて自分が作り出した現実です。 自分が見ているもの、触っているもの、聞いているもの 感じているものは全部自分が作り出したものなのです。 だったら。 それが恐怖だとしても、イヤなものだとしても、 それと向き合うのは当たり前のことだと思いませんか? だって、それをなんとか出来るのは、作り出した本人である あなただけなんだから。 自分で作り出したものを、なぜ恐がるのか。 なぜ自分で作り出したものに向き合うのに勇気が 必要なのか。 それは 現実が自分の強さと弱さ、両方を表しているから です。 コンプレックスを隠そうとする心理と同じように、 人は誰だって自分の弱い(醜い)部分は見たくないし 見られたくないものです。 だから隠そうとする。 でもそれはあくまでも「隠した」だけであって、 「変わった」ワケではありません。 いくらオシャレしたって、お化粧でシミやシワを隠したって、 素顔はボロボロのままなのです。 合コンで彼氏(彼女)を捕まえるぐらいなら それでもいいかもしれません。 やすい男(や女)であれば、その程度でもホイホイ ついていくでしょう。 しかし所詮はそこまでです。 いつか必ず化けの皮は剥がれます。 大人になればなるほど、隠したものを隠し通すことが 出来なくなっていくのです。 そう、数年前の僕のように。 合コンとは全く関係ありませんが、僕は恐らく誰よりも 自分を騙して生きてきた人間だと思います。 何かがあれば全部他人のせいにし、楽な道ばっかり歩いて、 そうやって生きてきました。 それでも学生時代はなんとなかなってたんです。 誰も自分を問い詰める人が周りにいなかったから ごまかしごまかし生きていくことが出来ていました。 しかし社会人になって僕の化けの皮は剥がされます。 当然ですが、社会では何も他人のせいにすることなど できません。 自分がミスをすれば、自分の責任。 当たり前のことです。 当たり前のことなんですが、そこから逃げてばかりいた 当時の僕にとって、それは当たり前ではありませんでした。 何かが起これば言い訳ばっかりして、自分の責任を 認めようとしませんでした。 しかも性質の悪いことに、僕はそれのどこが悪いのかすら 気付いていなかったのです。 そういう状態でしたから、何度怒られても同じことの 繰り返し。 毎日毎日、なぜだか分からないけど怒られ続ける 地獄のような日々が続きました。 ただ僕にとって幸運だったのは、そうやって何度も何度も 怒り(叱り?)続けてくれる上司がいた、ということでしょう。 そんな状態が2年ほど続いたある日。 僕にも転機が訪れます。 具体的な話はワケあって出来ないのですが、要は 「自分の人生なんだから自分でなんとかしなきゃいけない」 という当たり前のことを自覚する瞬間がきました。 その瞬間から僕は「死にながら生きる人生」ではなく 「自分の人生」を歩き始めたのです。 自分で言うのも何ですが、そこからの成長の加速は 著しいものがあります。 僕は専門学校しか出てないし、その専門も音楽という 勉強からは程遠い世界を歩んできた人間ですが、 この程度でいいなら「自分の人生」歩くだけで 自動的になれます。 自分で勝手に色々やって勝手に成長するようになるんで。 ただ、自分の成長に伴って「普通の」友達は減りました。 どこまでを友達と呼ぶのかは微妙なラインですが、 僕にとっての「普通の」友達は今や片手で数えられる程度しか 残っていません。 まあ寂しくないと言えばウソになりますが、 寂しさ以上に今は楽しさの方が大きいです。 「普通の」友達が減った代わりに「変な」友達は増えましたから。 その辺は詳しく話し出すと長くなるので割愛しますが、 「自分の人生」を歩くっていうはそういうもんだと 思って下さい。 「自分の人生」か「他人の人生」か、はたまた「それ以外」か。 どれを選ぶかはあなたの自由です。 ちゃんと自分と向き合って、決めて下さいませ。 汝、自身であれ エマーソンの言葉です。 敢えて意味は説明しませんが、覚えておいた方が いいと思います。 ではでは。 ...more»
bottom-img

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function ereg_replace() in /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1) : eval()'d code:1 Stack trace: #0 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1): eval() #1 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template.php(688): require_once('/home/philosoph...') #2 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template.php(647): load_template('/home/philosoph...', true) #3 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/general-template.php(76): locate_template(Array, true) #4 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/archive.php(151): get_footer() #5 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template-loader.php(74): include('/home/philosoph...') #6 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/ph in /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1) : eval()'d code on line 1