いじめの構造と民主主義の関係
ども、ペスです。 先日のいじめのニュースに伴い、メディアではいつも通りしょーもない意見が大量に 垂れ流されています。 学校や教師の保身が云々、教育委員会が取り合ってくれない云々、根本的にいじめを 無くすにはどうすれば云々・・・まあ出てくる話はいつも同じです。 そんな議論でこの問題が解決した試しはないですし、それどころか状況は年々酷く なっているというのが実際のところでしょう。 たまたま見た番組でピーコが 「昔はいじめられていても助けてくれる人が必ずいたが、今はいじめられていても 誰も助けてくれない」 と言っていましたが、いじめが問題である理由は本質的には“これだけ”です。 歴史を振り返ってみれば明らかなように、いじめの構造そのものはずっと昔から 一度も無くなったことがありません。 貴族が奴隷をいじめ、一般人が魔女をいじめ、大国が小国をいじめ、健常者が 障害者をいじめ、アーリア人がユダヤ人をいじめ、白人が黒人をいじめ、多数者が 少数者をいじめる。 何千年もの間こういったことが繰り返されてきているワケですから、この話は本来、 学校のいじめがどうのという問題ですらないのです。 ただ、どんな時代にも必ず「そんな酷いことやめろよ」と訴える強者がいて、 そこから歴史は少しずつ前に進み続けてきました。 それは政治家であったり、哲学者であったり、科学者であったり、貴族であったり、 時には国そのものであったりしましたが、必ずそういう人が強者の中にいたのです。 今では当たり前となった民主主義や人権という考え方も、彼らがいなければ 生まれてこなかったかもしれません。 つまり、彼らは強者であると同時に少数派の先駆者でもあったワケです。   しかし、現代においては強者でありつつ少数派であるということは矛盾します。 昔は主に特権階級や物理的なパワーを持つ者が強者でした。 貴族である、軍事力がある、そういったものが強者を強者たらしめていたワケですが、 現代における強者は「多数者」です。 多い方が偉い、多い方が正しい、多い方が正義である。 国政を見れば分かるように、それが現代の先進国を支えている民主主義思想なのです。 ですから、「弱者を守る」という少数派な意見を発した時点で、その本人は必然的に 弱者になります。 いくら特権階級であっても、力があっても、です。 学校での暴力的ないじめであれば、本人が肉体的に強くなることによって 解決できることもあるかもしれませんが、匿名で行われる陰湿なネット上での 誹謗中傷などは本人の努力でどうなるワケでもありません。   普通、多数者は少数者を疎外することによって多数者たらしめています。 子供でも知っている「多数決」という決め方がまさにその典型で、少数派に属した時点で その人の意見や存在は無視されるのです。 もちろん表面上は「少数派の意見も参考にしましょう」という話に落ち着くワケですが、 本当に心からそう思っている多数者はその中でも少数であり、多数者の過半数が 「他の意見は無視する」と暗黙の判断を下すことによって現実的には無視される結果に なるということです。   今の日本では多数者である高齢者が少数者の若者をいじめる構造になっていますよね? 高齢者は自分たちが損をしたくないから若者の味方なんてしないワケです。 社会保障や年金を引き下げられたりしたら、たまったもんじゃないですから。 中には若者側についてくれる人もいますが、そういった人は高齢者から白い目で見られ、 票を集められず、結果として力を持つことができません。 だから高齢者が若者をいじめる構造がなくならないのです。   いじめられている子を助けようとした子が次にいじめられた。 こういう例はたくさんあります。 なぜこんなことが起こるのかというのは、さっきの説明が理解できていれば すんなり答えを導くことができます。 つまり、助けに入った子は多数者側から少数者側に移ったことで弱者になり、 助ける力を失って自分もいじめられる立場になってしまっただけなのです。 これは民主主義の構造上、“必ず”起こってしまう悲劇です。 基本的人権を謳っている民主主義国家が、その人権を無視する構造を内包している というのは皮肉でしかありませんね。   では、なぜ昔はピーコが言うようにここまで酷いことにならなかったのでしょうか。 昭和と言えども、日本が民主主義であったことには違いありません。 であるならば、同じようないじめがあってもおかしくないと考えるのが自然です。 しかし実際に昔は今ほど酷くはなかった。 その理由は、その頃はまだ多数者であること以上の権威が残っていたからです。 例えば一昔前の学校の先生や父親というのは権威の塊のようなものでした。 悪いことをしたらビシバシ体罰も与えるし、先生に逆らおうものなら教室に入れて もらえないことだってあったワケです。 またガキ大将というシンボルからも分かるように、子供たちの中でもそれなりの 格付けがあって、その権威にそった社会ができていました。 彼らの中でガキ大将になるためには力以上に尊敬され慕われるような人間性を 持っていなければならず、だからこそ当時のガキ大将は周りから一目おかれていたと 言えます。 つまり、強者の条件として多数者であること以上の資質が問われていた時代だったから なんとか上手く回っていたのです。   さて。 今までの話から導かれるのは、「少数者を守る」という意見や態度を多数者に 持ってもらうことができればすべて解決する、ということです。 これは民主主義の構造と時代性を考慮すると非常に難しいのですが、理屈としては 不可能ではありません。 要は、多数者の中にリーダー的な人を生み出し、その人に他の人たちを引っ張って もらえばいいワケです。 ただし、このリーダーにはそれ相応のリスクが発生します。 「少数者を守る」と主張しても賛同が得られず、自分はリーダー的な地位から 単なる少数者になってしまうのではないか、というリスクです。 そうなれば元はリーダーであっても、その人は干され、下手をすればいじめを 受けることになるでしょう。 若者の味方をする高齢者のように・・・。 いじめっ子に立ち向かう(少数者を守る)、という意見は基本的に多数者にとって リスクでしかありません。 みんなで立ち向かえば勝てるのかもしれませんが、周りの人がもし裏切ったら 今度は自分がいじめられるかもしれないワケです。 そんなリスクをおかすなら、何もせずにじっとしていた方が安全だ。 そう考えるのが普通でしょう。 なぜなら、仮にいじめられている子を救えたとしても、そこから得られる表面的な利益は 何もないからです。 高齢者が若者の味方をすることで得られる直接的な利益は何もないからです。 そう、こういう損得勘定でしか物事を考えられない人間が多数者になってしまったが故に この問題は深刻さを極めているのです。   本来、いじめられている子を助けるか助けないかは道徳の問題です。 つまり「助けた方が得か」ではなく、 「人として、いじめを放っておくのはどうなのか」 という判断において行われるべきものなのです。 もちろんそれが出来るか否かという問題はあります。 助けるべきだと判断しても、自分にそれだけの能力がなければ助けられないかも しれません。 ただ、周りの人間の心を動かすのは、いつだって道徳的に正しい人間なのです。 自分の好きなドラマや映画、マンガ、アニメの主人公を思い出してみて下さい。 彼らがみんな輝いて見えるのは、われわれが「本来、人はこうあるべきだ」と思っている 道徳を貫いているからです。 モンスターに襲われている街を保身のために見捨てる勇者がいますか? いないですよね? 事件が難解すぎるからといって解決を諦める名探偵がいますか? いないですよね? いじめの問題を解決せずに放っておく伝説の教師がいますか? いないですよね? だから彼らはわれわれの心を惹きつけてやまないのです。 そして、われわれがそれに共感できるのは、われわれも心のどこかで 「本来、人はこうあるべきだ」 と思っているからです。 その心の奥深くに埋まってしまった現代人の道徳観を掘り起こすことでしか、 現代のいじめの構造は崩せないと思います。 それぐらい歴史的にも人間的にも根の深い問題なのです。   昨今のいじめ問題は、それを傍観することしかしない我々全員の問題です。 すなわち、テレビを見ながら「学校が悪いよなぁ」とか言っているその人自身も 実は間接的な加害者なのです。 そういった雰囲気、社会、環境が子供たちをいじめに向かわせ、それを止めようとする 人間の道徳観(日本人の武士道)を衰退させているのですから。   人間はどうあるべきなのか。 自分はどうありたいのか。 これを考えることが、すべてのスタートなのではないでしょうか。 ...more»