ファッションやインテリア、建築、園芸、手芸、料理などなど
ジャンルを問わず、女性が読むような雑誌には必ずと言っていいほど
「素敵な人」が登場します。

彼らは「素敵な家具や食器に囲まれながら、素敵なキッチンや
リビングやテラスのある、素敵な家に住み、素敵な料理を作って、
素敵な趣味をたしなみながら、素敵なパートナーや家族と、
素敵に暮らしている」という風に紹介されるワケですが、
その「素敵さ」は何から生まれるのかということを考えてみたことが
あるでしょうか?

彼らは最新のものばかり買い揃えているワケでもなければ、
高価なものばかり持っているワケでもありません。

家だって新築じゃないことがほとんどだし、誰もが羨むほどに
広いリビングやキッチンがあるワケでもない。

食べている物、着ている物、使っている物も、どこでも普通に
手に入るものだったりします。

家族やパートナーだって、とんでもない天才や奇人なんかじゃない
普通の人です。

にもかかわらず彼らが素敵に見えるのは、それらの組み合わせ方や
取り入れ方、つまり工夫が上手いからです。

 

工夫とは、バランスをとること、崩れたバランスを調整すること、
特定の文脈に合わせてバランスを最適化することです。

何であれバランスをとるためには、どこにバランスを合わせるか、
という基準をあらかじめ決めておかなければなりません。

例えば部屋を片付ける場合、どういう状態になれば片付いたと
言えるのか、という自分なりの基準が決まっていないと、
本来的には片付けることができません。

多くの人はなんとなく部屋を掃除して、散らばったものを
なんとなくそれっぽい場所に収めることによってそれを片付いたと
判断するワケですが、これは主観的な判断なので、その状態を
周りが自分と同じように片付いていると判断するとは限りません。

僕から見て片付いている状態であっても、あなたがその状態を
僕と同じように片付いていると判断する保証はないワケです。

この「自分だけが片付いていると思うバランス」が素敵の反対、
つまりダサイ状態です。

実際には、物を整理すればある程度は誰が見ても綺麗な部屋に
なるので、積極的にダサイと言われることはまずありませんが、
それはただ綺麗なだけであって、素敵とは異なります。

素敵さが生まれるためには、自分と他者の基準がピッタリと
合っていて、その基準に従って生き方が工夫されていなければ
ならないのです。

 

僕が知るかぎり、素敵な人たちはいくつも自分の基準を持っていて、
その基準に沿った自分ルールを持っています。

片付けの基準、買い物の基準、コーディネートの基準、
考え方の基準、時間配分の基準、休日の過ごし方の基準、
料理の基準、盛り付けの基準、育児の基準、仕事の基準などなど、
これらの基準の数だけ彼らには自分ルールがあります。

例えば料理の基準が「栄養満点」だったとしたら、料理のルールは、
できるだけ栄養のある料理を作ること、になるでしょう。

基準が「お腹いっぱい」だったとしたら、ボリューム満点の料理を
作ることがルールになるかもしれないし、基準が「創作」だったら
栄養やボリュームを無視してでも異色の組み合わせを考えて料理を
作ることがルールになるかもしれません。

休日の過ごし方にしても、「回復」が基準だったら、
その日は掃除や洗濯はしない、というルールになる可能性があるし、
「充実」が基準だったら、面倒な家事はさっさと終わらせる、
というルールにすることもあると思います。

こういった基準や自分ルールが細かく決まっているほど
行動や気持ちにムラがなくなり、メリハリがあって統一感のある
素敵な生活になることはなんとなく想像できると思います。

一方ダサイ人というのは、メディアで聞きかじったことをそのまま
――何の工夫もなく――自分の基準やルールにしています。

雑誌に書いてあったこと、テレビで言っていたこと、俳優やモデルが
日課にしていることなどを自分で実践してみるまではいいのですが、
それを自分に合うように、つまり自分とバランスがとれるように
工夫するところまで頭が回らないというか、そもそも工夫する気が
ないワケです。

それゆえ彼らはいつも誰かの基準や自分ルールに従って生きることに
なります。

試しにあなたの周りのダサイ人、いや、ダサイとは言わないまでも、
特に何の魅力も感じない人たちを観察してみてください。

彼らは大抵毎日をテキトーに、場当たり的に、そのときの気分だけで
生きていると思います。

彼らにはこれといった基準や自分ルールがないために、巷に溢れる
「よさそうなもの」に流されて生きることになるワケです。

 

僕が最近よく見ている「Veggie Dishes」という料理動画があります。

これは日本人(多分僕と同い年ぐらい)の男性がヴィーガン料理を
作る動画なのですが、個人的にこの動画は「素敵」を絵に描いたような
動画だと思います。

見てもらえば分かるように、使っている道具から食材から雰囲気から
撮影の仕方から本人の立ち振る舞いまで、これでもか、というぐらい
メリハリがあって統一感がある。

彼が人間的に優れた人なのかどうかは会ったことがないので
分かりませんが、少なくとも僕の定義で言う「素敵な人」であることは
間違いありません。

もちろん彼にそれほど魅力を感じない人もいるでしょうし、
僕も別に彼のようになりたいと思っているワケではないのですが、
僕の場合はどちらかと言えば彼自身というよりも、彼のセンスに
共感していて見習うべきだと思っているという感じです。

視点を変える、角度を変える、見方を変える・・・それだけで世界が
変わるということを地で実践している稀有な動画だと思います。

追伸にリンクを載せておきますので、「素敵」の具体例として
参考にしてください。

 

素敵な人とは、その人自身が誰かにとっての基準である人のことです。

あの人のやっていることはカッコイイ、あの人の選んだものなら
間違いない、あの人の真似をしたい。

そういう基準になれたときに、われわれは素敵な人になります。

今の自分は誰かの基準に、見本に、憧れの的になっているか。

誰かから真似したいと思われるような生き方をしているか。

素敵な人になりたければ、常にそれを気にするという自分ルールを
自分に課しておきましょう。

そこからあなたの素敵ライフは始まります。

ありがとうございました。

追伸1:Veggie Dishesの動画

本文で紹介した動画はこちら。

 

※この記事はメルマガ『脱凡人のすすめ中級』からの転載です。

ブログで公開しているのは全メルマガ記事の3分の1程度です。

すべての記事を読みたい場合は下のボタンをクリックして
メルマガ『脱凡人のすすめ中級』にご登録ください。

登録後は、ブログ未公開記事を含むバックナンバーが
届くようになっています。

メルマガ登録はこちらをクリック