ども、ペスです。

僕にはこれまで自分の中で温めていたビジネスのアイデアがあります。

多分ここでこれを話しても「ふーん」ぐらいの反応しか得られないでしょうし、
アメリカでは既にサービスになっているかもしれません。

それぐらいインパクトが薄くてあってもおかしくないようなものなのですが、
僕の知る限りまだこのサービスを提供する会社やサイトはありません。

これを思いついた当初は協力者を集めて自分ではじめるつもりでいました。

そのためにいろんなソーシャル系サイトにも登録して協力者や実現のための
手段を探したりもしましたが、そんなことをしているうちにモチベーションが
下がりました(苦笑)

モチベーションが下がったということは、これは僕がやりたいことではなかった
ということです(やりたいことを探すとは多分こういうことです)。

こうやって今までいくつの案がボツになったのかは分かりませんが、今回の案は
僕の中で勝手に終わらせてしまうのは非常にもったいないと感じたので、僕ではない
誰かがこのアイデアを実現してくれることを期待して、そのアイデアを公開しようと
思います。

個人的には凄く欲しいサービス、というよりこれは相対主義をシステマチックに
乗り越えられる理想的なサービスなので、日本人の誰かが実現してくれることを
真剣に期待しています。

 

では早速そのアイデアを明かしてしまいますが、それはタイトルにもある

ソーシャルレンタルサービス

です。

こういう名前があるのかどうかは知りませんが、レンタカーでは既にこの手の
サービスが存在します。

自分の家のご近所さんをそのサイト内で探して、ご近所さんの誰かが車の貸出登録を
していたら、ネットからその車を予約してご近所さんに安価で車を貸してもらえる、
というサービスです。

僕の記憶だと一般のレンタカーを借りるのに比べてかなり安かったように思います。

サイト名などは残念ながら覚えてませんが、調べればすぐに出てくると思うので
興味があれば使ってみるのもいいかもしれません。

で。

僕が考えていたアイデアとは、車だけではなくご近所さんに何でも借りれてしまう
サービスです。

「何でも」というのは主に、鍋や皿、座布団、布団、こたつ、椅子、机、ほうき、
ブルーシート、自転車、扇風機、旅行鞄、ドレスなどを指します。

つまり、買うほどではないけども一時的に必要なときがあるものをいつでも気軽に
ご近所さんから借りられるサービスです。

今上に挙げたもののほとんどは、一時的にしか使用しません。

布団や椅子や机は常時使用するものもあるかもしれませんが、鍋や皿や旅行鞄あたりは
滅多に使わないものがほとんどではないでしょうか。

それらの普段は必要ないものを登録しておき、必要としている人が安価で
借りられるようにしておけばお互いに便利じゃないですか?ということです。

んでもって、その場を提供するサービスがあったら儲かりそうじゃないですか?と。

そういう至ってシンプルなアイデアです。

 

このサービスは色々な意味で効果を発揮します。

まず最も表面的なのは、物を持っているすべての消費者が新たな出費なしに
本職以外の収入源を得られるということ。

一ヶ月あたりにすれば数千円程度の利益しか出ないかもしれませんが、それでも今まで
置きっぱなしになって埃をかぶっていた皿や鍋や旅行鞄がお金を生み出してくれるワケ
ですから、こんなに素晴らしいことはないと思うのです。

しかも今持っているもので始められるので、新しく何かを仕入れる必要もない。

オークションと違って遠くの人に貸し出すことは想定していないため、送料や運送の
手間もかかりません。

貸し出す側は借りたい人が借りにくるのを待っているだけでいいのです。

借りる方は借りる方で、わざわざ置き場に困るようなものを買わなくて済みます。

今まではヤフオクなどのオークションがここを補っていたワケですが、オークションの
場合はそれを買い取る必要がありました。

ずっと頻繁に使い続けるものなら買い取っても問題ないと思いますが、物によっては
そういうものばかりではないと思います。

例えば臨時でお客さんが泊まりにくるので布団や座布団が必要だという場合には、
それらは一時的に必要なだけであって、お客さんが帰ってしまえば必要なくなります。

買ったものをまたヤフオクで売るのも手ではありますが、それはお金云々以前に
かなりの手間です。

大きいものになれば梱包も面倒だし、銀行振込なども自分で管理しないといけない。

そのストレスを一気に解消するのがソーシャルレンタルサービスなのです。

 

本来、普段から仲のいいご近所さんがいて、その人に布団や座布団を借りられれば、
こういった問題は何の手間もなく一瞬で解決します。

ピンポーンとインターホンを鳴らして「布団と座布団を貸してくれませんか?」と
言えばそれで済む話なのです。

けれども、この相対主義の進んだ現代ではご近所付き合いも急激に減りつつあり、
誰もが気軽にご近所さんに物を借りられるような状況ではありません。

これは明らかに非合理的だし、金銭的にも時間的にも労力的にも無駄が多い。

この無駄を解消するにはシステマチックにご近所付き合い(社会)を復活させるのが
一番手っ取り早いのです。

 

ソーシャルレンタルサービスは有料による物の貸し借りを通して、ご近所さん同士の
“礼儀正しい”出会いと人間関係そのものを提供します。

つまり、買い手と売り手という立場関係をはっきりさせておくことで相対主義的な
いざこざを防ぎ、初対面でのお互いの対応を向上させるということです。

もしこのサービスを無料でやったとすると、借りる側にメリットが偏ってしまい、
貸す側は貸し出す手間だけが増えることになります。

それでも不用なものであれば善意で出品する人はいるかもしれませんが、
その場合の対応は比較的雑なもの、「こっちが貸してやってるんだぜ」的な態度に
なってしまうことはなんとなく想像できます。

それではせっかくのご近所さんとの出会いも印象の悪いものになってしまい、
このサービス自体もすぐに終わってしまうことになるでしょう。

だからこそ少額であってもこのサービスは有料にしておかなければならないのです。

有料にしておけばヤフオク同様、お互いの対応は丁寧なものになります。

貸す側は相手をお客様として扱うようになり、借りる側も相手から物を
借りている以上は、あまり横柄にはなれない。

そこに評価システムを導入すれば、尚更お互いに雑なことはできなくなります。

ヤフオクを通して仲良しになる人たちがいるように、ご近所さんなら普段から
顔をあわすことも少なくないでしょうから、このやり取りを通してヤフオク以上に
仲良しになる人たちが現れても不思議ではありません。

こうしてソーシャルレンタルサービスによるリソーシャライズ(再社会化)は
システマチックに完成されるワケです。

 

このサービスが浸透すれば、いずれ人はこのサービスを利用するまでもなく、
お互いに不用な物を貸し借りするようになるでしょう。

それどころか、頂いて余った野菜をおすそ分けしたり、旅行中にペットを預かって
あげたり、そういったことも起こってくるはずです。

それこそがまさしく次世代の地域社会の在り方だと個人的には思います。

旧世代のように「同じ地域だから仲良くしなければならない」ではなく、
ネットを通して「たまたま同じ地域だったから仲良くなった」。

これが現代の人間関係の自然な流れではないでしょうか。

 

ソーシャルレンタルサービスを通してこうした社会を築くことができれば、
それは素晴らしいことだと思います。

・・・だから誰か作って下さい(笑)