神戸市の女児殺害事件の裁判で被告人に死刑が宣告されました。

一般家庭の食卓では、この手のニュースがテレビで報道されると
遺族の気持ちを考えれば死刑は妥当な判決だとか、
残虐なことをしたんだから死刑は仕方ないだとか、
そういう議論とも言えない感情的な話ばかりが交わされる
ワケですが、そんなつまらない話にうんざりしているであろう
あなたのために、今回は少し違った視点を提供したいと
思います。

死刑の判決自体はこの国では珍しいことではなく、日本では
毎年数人から十数人程度の被告人が死刑に処されています。

当然ながら、彼らは自ら命を絶つのではなく、「誰か」が
彼らを刑に処する、つまり殺しているワケですが、
その「誰か」について思いを巡らせてみたことがある
でしょうか?

誰でも想像できるように、どれだけ正当な理由があろうと、
真っ当で正常な人間が直接人を殺すことには尋常ではない
精神的負担がのしかかります。

自分が死刑執行人だったとしましょう。

周りがいくら「仕事なんだから仕方ない」と言おうが、
自分が人を殺した事実は変わらないし、自分の意識も
そう簡単に変えることはできません。

仮にそれが機械によって行われるものだったとしても、
そこには必ずスイッチを入れる操作、ないしはその機械に
死刑囚をセットする存在が必要であり、その当事者となった
自分が死刑囚を殺すワケです。

死刑囚が死刑に処されることは、彼らが犯した罪の償いだから
仕方ないとしても、死刑を執行する側が、つまり何の罪もない
人間が多大な精神的負担を負ってまで死刑囚を殺さなければ
ならないというのは、あまりにも理不尽だと思いませんか?

要するに僕が言いたいのは

「死刑囚に殺す価値はあるのか?」

ということなのです。

 

遺族の気持ちからすれば、犯人の死刑を望むことは
仕方のないことだと思います。

本当なら自分の手で殺してやりたい気持ちをグッと抑えて、
彼らはそれを法に委ねるワケです。

しかし委ねられた側は、犯人に対して基本的には何の憎悪も
怒りもありません。

遺族に共感して多少感情移入することはあるかもしれませんが、
それでも殺したいほどの感情を共有することは難しいでしょう。

そんな人が、単に「死刑になったから」という理由だけで
死刑囚を殺すことがどれだけ苦しいことかを考えたら、
死刑制度にそれに見合うだけの価値があるとは僕にはとても
思えないのです。

かといって、死刑囚に自殺することを強要したり、
餓死するまで牢屋に放置したりすることは、
それこそ彼らの最低限の人権すら無視することになり、
倫理的に議論の余地があります。

死刑囚を虫のように扱うことは、われわれの倫理観が、
人間らしさが失われてしまった証拠だと言えるでしょう。

 

僕が考えるかぎり、死刑のメリットは「死刑がないよりも、
死刑があった方が遺族の報復感情が満たされる」ということ
のみです。

ここで考えるべきは、その報復感情は満たすべきものなのか、
そんなことをして誰が得をするのか、ということです。

遺族の報復感情を満たす代わりに、死刑を執行する人間が
多大な負担を負っているならば、それは遺族のマイナスが
他の人に移っただけで、実際には何のメリットもないのでは
ないでしょうか。

遺族の人たちは犯人を死刑にすると同時に、何の罪もない、
死刑を執行する人間の精神をも死刑に処しているのではない
でしょうか。

そう考えると、遺族は憎むべき死刑囚と同等の行為を、
死刑を通して無自覚に犯していると言えます。

それが本当に彼らや亡くなった家族の望むことなのか。

良くも悪くも冷静な傍観者であるわれわれが考えるべきは、
こういうことではないかと思うのです。

 

裁判員制度が裁判官の精神的負担を軽くするために
作られたものならば、それ以上に精神的負担が
大きいはずの死刑執行人も国民の中からランダムで
選ぶべきです。

自分が「人殺し」になる可能性があったとして、
それでも死刑制度に賛成する人がどれだけいるでしょう?

われわれが死刑に無関心でいられるのは「自分は当事者
(遺族や死刑執行人)にならない」という暗黙の前提が
あるからなのです。

現行の制度では死刑執行人にはならないかもしれませんが、
遺族になる可能性は常にあります。

自分の子供や親、兄弟、大切な人がある日突然誰かに
殺されてしまう可能性は絶対になくなりません。

だとすれば、そうなってしまったときのための心の準備は、
最低限しておくに越したことはないと思うのです。

「明日この子が殺されても後悔せず、発狂せず、
人生を台無しにせずに生きていくには、今何を考え、
何をすべきなのか」

今のような時代、親であれば、いや、親に限らず誰であれ、
これぐらいは考えておいてしかるべきでしょう。

しかし、われわれが分かっておかなければならないのは、
こんな「ごく普通にありえること」すらも想定せずに
自分とは関係ないと思って生きている能天気な人間が、
被告人の死刑を望み、死刑執行人の精神を殺している
ということなのです。

 

児童を誘拐したり殺害したりする事件はあとを断ちません。

あとを断たないということは、自分も被害者になり得る
ということです。

それを分かっていれば、誰だって少しは死刑について
真剣に考える気になるのではないでしょうか。

自分の身に起こりうること。

そういう「負の可能性」にもちゃんと目を向けて
生きていくことが、われわれの責任なのだと思います。

ありがとうございました。

 

※この記事はメルマガ『脱凡人のすすめ中級』からの転載です。

メルマガは僕の気まぐれで転載したりしなかったり、まちまちです。

セミナーやワークショップの情報はメルマガでお知らせしています。

今後配信される記事を確実に読みたい場合は、
下のボタンをクリックしてメルマガに登録しておいてください。

登録後は、ブログ未公開記事を含むバックナンバーが届くように
なっています。

メルマガ登録はこちらをクリック