ども、ペスです。

前回に引き続きまして、今回は「常設展」についてです。

この常設展に入って最初に感じたのは、子供が多い、ということ。

「夏休み子ども美術館」と題しているだけあって、子供連れの夫婦や
お孫さんを連れたお年寄りの方も多く、美術館にしてはなかなか賑やかでした。

ばたばた走りまわる子、「ねぇねぇ、お母さん、これ見て、これ!」と
興奮しながら絵を指さす子、何やら真剣にじっと絵を見つめている子、
絵を見ながら何かを探している子などなど、子供を観察するのも
楽しいものです。

そんな観察をしている中で僕は、彼らがみんな黄色い紙を持っていることに
気がつきました。

あるお母さんがその黄色い紙を見ながら子供に何やら読み聞かせています。

「絵の中に、昔の日本には絶対になかったものが描かれています。
どことどこにありますか?探し出して、下の絵の同じ部分に
丸印をつけて下さい。5つ以上見つけることができたら合格。
8つ見つけたら、あなたは天才かも?」

そう、その黄色い紙は美術館が子供でも美術を楽しめるように工夫して作った
クイズだったのです。

今僕の手元にはその黄色い紙があるワケですが、それを読む限り、
作るのには相当苦労しただろうことが伝わってきます。

個人的によく出来た問題だと思ったのは、沢宏靭(さわこうじん)氏の
「幻耀」という作品に対するクイズ。

「幻耀(げんよう)とは幻の輝きという意味。海の向こうが光っています。
一体どうして光っているのだと思いますか?」

これは「素晴らしい」の一言です(笑)

このクイズは子どもの想像力を鍛え、そこにいない人の気持ちを
考えさせるという点で、美術教育というより、美術を通じた人間教育に
関与しています。

ただ単に美術的な感性を鍛えるだけに留まらず、ちゃんとその先を
見据えている。

個人的には是非とも子どもと一緒に大人にも考えてもらいたいクイズです。

また常設展の各作品の横には大人向け解説文に加えて、
簡単な言葉だけを使ったひらがなの子供向け解説文も載せてあり、
この常設展がいかに子供の教育を意識して作られているかが
よく分かります。

それでいて展示作品は決して子供向けの分かりやすいものばかりではなく、
抽象絵画やミニマリズムの作品なども展示しているのですから驚きです。

さすがにその辺の作品になると、子供向けの解説は苦しい感じに
なっていましたが、なんとか取っ掛かりを掴んでもらおうという意志は
感じられました。

 

滋賀県立近代美術館は他の美術館と比べても、決して大きい美術館とは
言えません。

むしろ規模は小さく、建物自体にも美術館特有の格調高さのようなものは
あまり感じられません。

どちらかといえば地方自治体のコミュニティ施設といった感じで、
素朴さや地味さといったものが伝わってきます。

けれども、その規模や雰囲気を補うのに十分なだけの企画内容を
出してきている。

こういう美術館が日本にもっと増えてくれば、国民の意識も
変わってくるかもしれません。

 

追伸:

滋賀県立近代美術館は、戦後以降の現代美術にしぼって作品を
集めています。

所蔵作品は靉嘔(AY-O)やジョゼフ・コーネル、フランク・ステラなど
有名作家の作品を始め、平面や立体の作品をバランスよく揃えており、
国立国際美術館とはまた違った良さがあります。

参考までに、今回の常設展で僕が面白いと思った作品をいくつか挙げて
おきましょう。

 

■山口晃『厩圖(うまやず)2004』

この絵は一見すると古い日本画によくある家の縁側の様子を描いた
作品なのですが、よくよく見ると、そこに描かれている人や物が
本来ありえない組み合わせで描かれていることに気付きます。

馬の下半身がバイクになっていたり、町屋の外にエアコンの室外機が
あったり、侍と現代風の人間が肩を組んでいたり、
それらが独特の世界観を作り上げることで違和感を感じさせない
面白い作品です。

具象作品でかつ、こういったコミカルな作りをしていることから、
子どもたちには人気のようでした。

 

■福岡道雄『波に寝る』『風』

福岡道雄氏の作品は国立国際にも『ピーチハウス』という作品が
所蔵されているのですが、この2つの作品もそれと同様に真っ黒の
FRP樹脂でコーティングされた不思議な作品です。

彼の作品は見た目が地味なせいか、子どもたちにはそれが作品だと
認識し難いらしく、ときたまそれらの作品を触ったり座ろうとする
子どもがいたのが印象的です(笑)

もちろん学芸員の人がちゃんと注意してましたけどね。

 

■萩駿『UNIVERSE 暁光(ぎょうこう)』

これは個人的に好きな抽象絵画です。

抽象絵画なので説明のしようがないのですが、美術館からもらってきた
展示作品リストを見てみると、今回の常設展で一番新しい作品のようです。

制作年が「2000年」となっています。

見るからに今時の抽象絵画(爽やかで新しい!)という感じが僕の感性を
刺激したのかもしれません(笑)

 

■金村仁『絵になる冷蔵庫』

白・緑・赤茶・黒の4つの冷蔵庫の扉のような物体が長い手すりにフックで
吊り下げられている、いかにも現代美術と言わんばかりの作品です。

こういう作品を見たときは、ニヤニヤしながら素直に「わかんねーなー」と
つぶやくのがツウのたしなみです(笑)