ども、ペスです。

先日お知らせしたReading to Surviveについてですが、あのレターだけでは
内容がよく分からないということもあると思うので、補足を加えておきます。

 

まず、この企画は「問う力」を鍛えるものだということを最初に分かって
おいて下さい。

やっていただく作業は読書なのですが、その読書を通して言葉の裏に隠された
“見えない”世界、つまり言語化・視覚化されていない可能性の世界を
見られるようになることを目的としています。

可能性の世界とは、考えなければ見えてこない世界です。

それはあくまで可能性でしかなく、「~かもしれない」という頭の中だけの
世界とも言えます。

日頃から現実を重視しろと言っている僕が、こういうことを言うのは少し
違和感があるかもしれませんが、そもそも現実とはその可能性の中の1つに
過ぎません。

数ある可能性の中から、実際に起ったことが現実と呼ばれているだけで、
現実もその元をたどれば可能性に行き着くワケです。

つまり、可能性を見ることと現実を見ることは何も矛盾しないということです。

しかしながら、これだけで可能性の世界を見ることへの疑問が解消されたとは
言えません。

現実も可能性の中の1つだとしても、その現実以外の可能性を見なければ
ならない理由は何も述べていないからです。

では(現実以外の)可能性の世界を見ることには、どのような意味があるの
でしょうか。

それについては具体的な例を出して説明しましょう。

 

レターの最後に引用した

「自己のうちに1つの普遍的な類型を繰り返す」

の全文は

「大衆は万人に共通な性質であり、社会においてこれといった特定の所有者を
持たぬものであり、他の人々と違うというよりも、自己のうちに1つの普遍的な
類型を繰り返すというかぎりにおいて人間なのである」

なのですが、この文章には2つの疑問が隠されています。

その1つがレターでも問題にした「自己のうちに1つの普遍的な類型を繰り返す」
という言葉が何を指すか、です。

この言葉の意味は上に書いた全文までの本書の文章を、ちゃんと理解していれば
導くことができるのですが、答え自体は誰にでも理解できる簡単なものです。

中学生に分かるように、と書いたことからも分かるように、オルテガは中学生でも
簡単に理解できるような意味のことしか言っていません。

しかし、ここまで説明すると、次はこういった疑問が浮かんできます。

オルテガはなんでそんなに簡単なことを、わざわざ分かり難い言葉を使って
書いたのだろうか、という疑問です。

哲学書によくある「厳密さを重視するため」という理由は、この場合は恐らく
当てはまりません。

なぜなら「1つの普遍的な類型」と彼自身が言っていることから、このことは
抽象的ではなく、かなり具体的なことのはずだからです。

また訳者が難しく翻訳し過ぎた可能性もなくはないですが、1つ目の疑問に
対する答えが分かれば、その可能性が極めて低いことが分かるはずです。

つまり、オルテガは意図的に分かり難い言葉を使って、特定の人にだけ
意味が分かるようにしたのではないか、と考えられるワケです。

それはオルテガが自ら貴族主義者であると同著書内で語っていることや、
講演や紙面で比較的多くの人がこの文章を目に(耳に)したことからも
裏付けられます。

あくまでも推測の範囲内ではありますが、彼は恐らく“大衆的人間”に
バレないように、露骨な表現に過敏に反応する大衆の反論を避けるために、
この言葉を選んだのです。

これが正解かどうかはオルテガ本人に確認しなければ分かりません。

そしてオルテガがいなくなってしまった今日では、もはやそれを確認することも
できません。

ですが、彼の意味深な言葉遣いからは、こういったことが推察できるワケです。

 

ここで分かってほしかったのは、僕がもしこの疑問を言語化しなかったら、
あなたはこの2つの疑問を持つことができただろうか、ということです。

「自己のうちに1つの普遍的な類型を繰り返す」は何を意味しているのか。

なぜオルテガはこんな難しい言葉を用いて、それを表現したのか。

これは疑問を持てたかどうかを聞いているのであって、それに正解したか
どうかを聞いているワケではありません。

大事なのは「問う力」、疑問を持つ力、疑問に思う力なのです。

 

「問う力」とは、自分が分からないことに対して素直に分からないと
思える力であり、相手に(この場合は著者に)対して可能なかぎり真剣に
向き合う力です。

相手と真剣に向き合うからこそ、小さなことも見逃さずに疑問に思うことが
できるのです。

それは耳馴染みのある言葉で言えば相手の気持ちを理解することであり、
相手の発信した情報から、相手が発信していない情報を読み取ることを
意味します。

少し想像してもらえれば分かると思いますが、これができるようになると
言葉通り「見えないもの」が見えるようになります。

僕が「自己のうちに1つの・・・」から導き出した先ほどの可能性
(オルテガの気持ちや意図)は、この著書には一言も書かれていません。

それらは僕がオルテガの言葉から(勝手に)推察したものであり、悪く言えば、
単なる想像の産物です。

しかし、相手の気持ちを考えるというのは、こういうことなのではない
でしょうか?

それが正解かどうかはともかく、そうやって相手の可能性をあれこれ考えること、
相手の発した情報を何1つ逃すことなくつぶさに見ること、そのことが人の気持ちを
理解する上で何より大事なんじゃないでしょうか。

あの子が手を振ったのは、僕に気があるということなんだろうか。

あいつが俺を殴ったのは、掃除をサボったことだけが理由なんだろうか。

あの人は赤い顔をしてるけど、酔ってるんじゃなくて熱があるんじゃない
だろうか。

これが人の気持ちを考えるということであり、「見えないもの」を見るという
ことであり、疑問を持つということであり、「問う力」があるということです。

 

このReading to Surviveは、このような力を読書を通して鍛えることを目的と
しています。

名前にSurviveという言葉を使ったのは、この講座で鍛えた能力は
Surviveする能力に直接つながると確信しているからです。

当たり前ですが、相手の気持ちを(深く)考えられるようになれば、
大抵のことはうまくいきます。

学校では「相手の気持ちを考えましょう」と言いつつも、具体的にどうやれば
相手の気持ちを考えられるようになるかは誰も教えてくれませんが、結局それは
「問う力」を鍛えることに集約されるのです。

今回の講座は前におこなったThinking to Surviveとのつながりも意識しては
いますが、それを受けていなくても効果は保証しますので、あまり気にしないで
下さい。

内容のレベルは、僕のメルマガやブログが読めているなら心配ありません。

その他はPDFに書いた通りです。

あ、それと言い忘れていましたが、『大衆の反逆』は「ちくま学芸文庫」の
ものを買って下さいね。

他にももう1冊どこか別の出版社から出ていたような気がするので念のため。

「言うのが遅いよ!」という場合は、ごめんなさい(苦笑)

ではではー。

 

追伸1:ちょっぴりお得な情報。

Reading to Suviveの第1回目の音声は、メルマガ読者全員に無料で
配布しようと考えています。

もし申し込みを迷っているなら、それを聞いてから申し込むかどうかを
決めて頂いてもいいと思います。

ただし、その場合は一般価格での購入になってしまうので、その点は
あらかじめご了承ください。

 

追伸2:レター。

ここにも一応URLを貼っておきます。

Reading to Surviveのレター