前回の続編です。

前回は無駄を無駄じゃなくするためには意志と目的が
必要だという話でした。

なんとなくじゃなくて、「やるぞ!」と決めてやる。

そして、ただやるんじゃなくて、何のためのそれを
やるのかを決めてやる。

これによっていかなる行為も無駄じゃなくなる、
つまり自分の身になるということです。

自分の身になるとは、自分を創造していくことであり、
自分を完成させていくことです。

僕ら人間はそのために生きていると言っても過言では
ありません。

これは人類共通の普遍的な目的であるにもかかわらず、
ほとんどの人は「目的なく」生きています。

目的なくお金を稼ぎ、目的なく旅行をし、
目的なく家庭を築き、目的なく死んでいく。

ここで言う「目的なく」とは、目的を見失っている、
より厳密には、合理的で欲望的な目的ばかり見て、
存在論的な目的を見失っているということです。

存在論的な、なんて言葉を使うと難しく見えて
しまいますが、要は以前話した「どう在りたいか」、
「どう在るために生きるのか」が見えていない、
という意味です。

僕らの普遍的な目的は、この「あり方」にあります。

 

あり方というのは、今この瞬間この場所において
自分はどうあるか、どうありたいかということです。

言ってしまえば、そのときその瞬間の目的が
あり方です。

僕は今メルマガを書く自分でありたいと思っています。

そうあるためにメルマガを書いていると言っても
いいでしょう。

しかし次の瞬間には朝食を食べたくなっているかも
しれないし、そのときにはそれを我慢せずに食べる
自分でありたいと思っているかもしれません。

こうやってあり方は常に変化します。

より深い次元ではある程度固定されたあり方も
あったりするんですが、その話はとりあえず
置いておきましょう。

この常に変化するあり方を捉えようと意識すること。

ありたい自分であるために感じ、考え、行動する
という前提で生きること。

それが、「今」が身になるか否かを決めるのです。

 

あなたは僕のメルマガを読む自分でありたい
でしょうか?

僕のメルマガを読んだあと、どういう感想を抱き、
どういう行動を起こす自分でありたいでしょうか?

その答えを踏まえた上で読まなければ、
僕がどんなにいい話をしても
「今日もいい話だったなぁ」で終わりです。

何も身にならないし、何も覚えてないし、
その時間はまさしく無駄でしかありません。

逆に、あなたのあり方が素晴らしければ、
僕がしょーもないことをメルマガで語ったとしても
それは学びになります。

僕のどうでもいい話がどうでもよくない話に、
とても重要な話になる。

もちろんそれは僕のメルマガに限ったことではなく、
日常のすべてに言えることです。

日常をどういうあり方で過ごすのか。

それが学びの質を、しいては人生の質を上げることに
繋がってくるのです。

 

人生の目的とは、今この瞬間この場所でのあり方です。

この目的を見失わなければ日常のすべてが無駄じゃない、
身になるものに変化します。

自分は今どうありたいのか。

それを問いかけましょう。

自己の実現はいつも「今ここ」から始まるのです。

ありがとうございました。

杉野
追伸1:読者からのメール。

ある読者の方から頂いた「何のためにカタカナは
あるのか?」の答えと、前のメルマガへの意見を
紹介します。

勉強になると思うので、読んでみてください。
> Mです。少しずつ暖かくなってきましたね。
>
> カタカナのお話しですが、カタカナは掘ったりするために生まれたのではと考えました。
> ひらがなは、曲線が多いですよね。タカカナは、直線がほとんどです。
>
> 彫刻などを想像するに、真っ直ぐに力を入れる方が掘りやすいです。
> 金槌などを打ち付けて掘ったりすることもできます。
>
> 刃物で木に文字を彫ったり、壁や石に文字を彫ったりするときも
> カタカナの方が力が入れやすいです。
> 直線だけであれば、腕全体の力を使って振り下ろしたりできるからです。
> 昔、そういう風に文字を書くことがあって、カタカナが生まれたのでは無いかと思いました。
>
> 恐らくこの回答はかなり普通で被ってるなんだろうなと思います 笑
> 他にどんな回答があったのか教えてくださると嬉しいです。
>
> ?
>
> さて、幸せ=日常のお話しですが
> 杉野さんの例で言うと、僕は今、後者の方に取り組んでいるようです。
>
> ところで「幸せ=日常」を変化という視点からも考えてみました。
> 幸せが変われば日常も変わる、日常が変われば幸せも変わるとなりますが、
> あえて表現を二つに分けると
>
> 1.何を幸せと感じるかが変われば、日常も変わる
> 2.日常が変われば、なにを幸せと感じるかが変わる
>
> という風にも読み取れます。
>
> 1.は幸せと感じることをやり続けていたら、日常が自然と変わっていた感じがします。
> 2.は日常に影響を受けて、幸せと感じることが変わっていくという感じがします。
>
> マイナスにとらえると2.は日常に流されて自分の幸せを見失っているように思えます。
> 簡単な例を挙げると、お金が手に入ると、それまで欲しくなんてなかったものが欲しくなる
> というようなことが2.に該当すると思います。
>
> 正に今僕は2.のような感じがしてるので
> それを是正しようとして、やりたくないことを必死で探しているのかもしれません。
>
> 僕は、自分にとっての「幸せの定義」をあいまいにしたまま
> 幸せ(と思ってるもの)を増やしてきたのかもしれません。
> そうしている内に、生活が重苦しく感じ始めたのが昨年のことでした。
>
> 自分のとっての幸せとは何か
> 欲に流されない本当にやりたいことは何か
> それを今明確にしておきたい。そんなことを考えました。
>
> 自分の現在地と、目的地を明確にしてはじめて
> そこへまっすぐ行くための道について考えることができる。
>
> 脱凡人の基本ですが、僕は現在地を見つめ直しているように思います。
> 定期的に、こういった行動を取るものなのかもしれません。
> 綺麗にしたあとの、伸びに期待したいです。
>
> それでは、またです!