ども、ペスです。

平日の、しかも雨の日に行ったにもかかわらず、ラファエロ展は人で溢れていました。

春休み終了間近だったこともあり、家族連れや若いカップルなども多く、予想以上の盛況ぶり。

運営者側からすれば、大いに喜ばしいことだと思います。

しかし同時に、僕はこのことに絶望したということを告白しなければなりません。

偉大な芸術は自らの役目を果たし、すでに死を遂げていたのです。

 

彼の作品は確かによく出来ていました。

あの時代の材料であそこまで精緻な作品を作ったということ、そのこと自体は今でも評価されるべきだと思います。

けれども、それはあくまで作品だけを対象として評価した場合の話です。

以前どこかで話したように、芸術とは見る人と作品の関係によって生まれます。

見る側と見られる側、双方の正常な関係が芸術を芸術たらしめているのです。

この関係が失われたときに、芸術は死にます。

 

芸術における正常な関係は、鑑賞者が偉大な芸術と対等に渡り合おうと努力するときにのみ生まれます。

クラシック音楽の演奏会に、クラシックを理解しようとしない、いや、クラシックを聴くに相応しい人間であろうとしない人間が大勢やってきたとしたら、その演奏会は大きく価値を損なうことでしょう。

それに伴い、そういった演奏会に行くことに「憧れる」人間も減っていくはずです。

なぜなら、それを評価する人間の質が、その芸術の価値を決めているからです。

 

多くの人がラファエロを見に行くのは、ラファエロを評価する人間が、一定以上の権威を持っているからに過ぎません。

各国の文化人が一目置くようなラファエロだからこそ、ラファエロの作品は(大衆にとって)価値があるのです。

もし僕が売れっ子の芸能人で、芸能界でも大きな影響力を持つ存在だったならば、僕が評価する作品は大衆にとって一定以上の価値を持つことになります。

キムタクが月9のドラマでかけていたサングラスがほしい、みたいな感覚と同じです。

ですから、そのサングラスを何の影響力もない、それどころか怠惰で傲慢で自己中な凡人が大勢かけていたら、そのサングラスの価値はなくなります。

それと同じ理屈で、怠惰で傲慢で自己中な凡人ばかりが見に来るラファエロの作品には、もはや何の魅力もないということです。

 

高級フレンチの店に、スウェットやジャージ姿の喋り声がうるさくて態度のでかい人間ばかりが来店していたとして、あなたはそんな店に好き好んで行きたいと思いますか?

仮にそこの料理がどれだけ美味しかったとしても、誰もそんなところには行きたいと思わないと思うのです。

僕にとってのラファエロ展は、そんな感じでした。

ラファエロの絵がどれだけ素晴らしくても、それを見に来る人間の質があまりに悪く、作品そのものの品質まで下がってしまっている。

僕もその中の一人なのかもしれませんが、それを考慮したとしても、そういう質の悪い僕ですら、嫌悪してしまうほどの雰囲気だったワケです。

あれでは彼の作品は死んだも同然だと思います。

料理の味を壊すのは、いつだって周りの雰囲気であり、そのときの気分なのです。

 

誤解のないように言っておきますが、美術館の中が実際にがやがやと話し声でうるさかったワケではありません。

展覧会の会場ではみんな静かに見ていたし、走り回る子供もいませんでした。

ただそれでも、雰囲気が、空気が、悪いのです。

分かるでしょうか、この感覚。

比較的マイナーな展覧会に行き慣れている僕にとって、この雰囲気の悪さはどうにも耐えがたく、展覧会の質そのものをも下げてしまうのです。

 

この体験から、僕は当初見に行こうと思っていた京都市立美術館のゴッホ展に行くのを取り止めました。

またしばらくは、よほど気になるものでない限り、美術館に行くこと自体を自粛しようと思っています。

それは美術に魅力を感じなくなったということではなく、もっとそれに相応しい人間になることを優先しようと思ったからです。

「他人のふり見て我がふり直せ」ではありませんが、今回の件で少なからず自分も芸術の寿命を縮めるような人間だったのではないかと自覚するにいたりました。

そして何より、今の自分のレベルで理解できるものの限界が見えました。

そんなワケで、しばらくは自分を磨き上げることに専念したいと思います。

 

なんだかブログ自体が終わってしまいそうな雰囲気ですが、ブログはやめませんから
安心してください(笑)

ただ今後は美術への接し方云々ではなく、いかに美術の、芸術の権威を高められる人間になるか、ということが記事のテーマになってくると思います。

つまり、広い意味で「人間学」的な記事になるということです。

それはすなわち哲学を意味します。

僕にとってはどの記事も哲学だったのですが、前面に出ていたのが美術だったので
あまりそういう風に感じていなかった人も多いようですね。

まあともかく。

これからも楽しく色々学んでいきましょう(笑)