ども、ペスです。

かなり久しぶりに画家の川田祐子さんと対談音声を録ってみました。

冒頭では「行列のできる美術館にする方法」なんて言っていますが、中身はもう少し広い話をしています。

 ●どうすれば美術品を見て感動することができるのか。

 ●美術品から何かを学び取るにはどうすればいいのか。

 ●特定のカテゴリーに特化した美術館を作るとしたら、どういった問題があるか。

 ●美術館が潰れてしまう本当の理由とは何か(経済的理由で美術館は潰れません)。

 ●川田祐子が感動した、バーゼル美術館警備員の話。

 ●美術に興味のない人でも、いとも簡単に美術品に興味を持つようになる、ある問いとは。

 ●結局、美術館に一番足りないものとは何なのか。

などなど、8割がた川田さんが話してくれました(笑)

もし興味があれば聴いてくださいませ。

前半音声はこちら(約40分)

後半音声はこちら(約50分)

 

ちなみに、8月28日から川田祐子さんの個展が東京の神田ではじまりました(僕は初日に見に行きました)。

詳細は川田さんのブログに載っていますので、こちらも興味があれば是非。

ではではー。

 

追伸:

僕の本名は杉野です。

一応念のため。