ども、ペスです。

昨今の政府や地方自治体の事業仕分けに伴い、これまで公に守られてきた
日本の芸術文化は急速に衰退の道を歩んでいます。

交響楽団の活動停止や美術館の閉鎖、若手芸術家の育成不足、
そしてお金にならない活動に対する民衆の無理解。

他にもたくさんあると思いますが、こういったことが日に日に
悪い方向に進み続けていることには違いありません。

民間からは以前紹介したソーシャルファンディングと呼ばれる
ビジネスモデルが少しずつメジャーになり始めたとはいえ、
それでもほとんどの人が芸術分野に対しては共感を
示していないのが現状です。

音楽や絵画、彫刻、演劇、映画・・・芸術にも色々ありますが、
今はこの中の本当に極一部にしか光が当たらず、
他はすべて無いものかのように一般には扱われているワケです。

その一例として、日本の美術館が行う展覧会のほとんどは
「印象派の画家」展であることが挙げられます。

これは美術館側から言えば「印象派の展覧会が一番集客しやすい」
という事情があるワケですが、これを繰り返すことによって
日本人の芸術観とも呼ぶべき感覚が狭められてしまっており、
その結果として現代美術や印象派以外の美術が多くの人から
軽視されるようになったことは悲しむべきことだと思います。

そして唯一、現代美術が堂々と輝ける場所としてあるべき
各現代美術館も、経営を重視するあまりマンガやアニメを頻繁に
取り上げるようになってしまっているのです。

マンガやアニメは芸術か否かという点はともかくとして、美術館は本来、
われわれの見識を広めるものでなければならない、と僕は思っています。

もう少し言えば、民衆を啓蒙する役割が美術館にはあるのではないか、
ということです。

たとえ経営が危ういとしても、その理念まで捨ててしまっては
そもそも美術館が存続する意味がありません。

ときには印象派を紹介することも必要でしょうし、
ときにはマンガやアニメを紹介することも必要でしょう。

しかし、今やそれらはメジャー中のメジャーであり、
美術館がわざわざやらなくとも他の商業施設や百貨店などが
勝手にやってくれるのですから、取り敢えずそっちは他に
任せておけばいいのです。

美術館が今考えるべきは、無難で保守的な利益確定型の展覧会を
やることではなく、儲からなさそうなマイナーで地味な展覧会で
いかに集客するか、美術館が本来あるべき在り方で存続するためには
どうすればいいか、ということなのです。

そこでやっと本題に入っていきます。

ブログやメルマガにも書いたように、現代人は実存の危機という状態に
陥っています。

だからこそパワースポットなんてものがブームになったり、
アーユルヴェーダやヨガや座禅や写経や瞑想やマラソンが
流行ったりするワケですが、これらの現象を抽象化すると、
人々は論理的なものではなく感覚的なものを重視し始めた、と
考えることができます。

もちろん今言ったそれぞれには固有の論理があり、すべてが感覚的なものだとは
言えないのですが、一般に言う論理、つまり科学とはまったく違うものばかりです。

だとしたら、この中に芸術が含まれていても何ら不思議ではないと思いませんか?

実際、これだけ音楽が売れなくなった現代でも、ライブコンサートの動員数は
右肩上がりだと言います。

家で動画を見てればお金のかからないニコニコ動画も、幕張で行われた
有料イベントであるニコニコ超会議は10万人を集めました。

こういうところに美術館は注目すべきだと思うのです。

個人的には美術館は建物自体が素晴らしいことが多いので、
聖なる空間として機能させることは十分に可能だと思いますし、
実際に人によっては既に聖なる空間と感じている人もいると思います。

美術館に行くとなぜか分からないけど落ち着く。

そういう人も少なくないはずです。

だったら、そういう人をもっと増やせないかどうかを考えてみては
どうでしょうか。

また瞑想などとコラボして、曼荼羅の展覧会をやっているその中で瞑想を
実際に体験してもらう、というのもアリかもしれません。

贅沢を言えば、美術の体験の仕方を分かりやすく指導した上で、
美術を鑑賞してもらうのが一番理に適っていると言えます。

美術は音楽や動画と違って時間軸がほとんど無いため、聖なる時間、
聖なる体験になり難いという点があります。

ですから、そこをどう補っていけるかが起死回生のカギになるでしょう。

音声ガイドもその1つの試みではあると思いますが、あれを借りる人は
ほとんどいないという現実があるワケですから、その現実をしっかり受け止めて
別の案を模索しなければなりません。

単なるモノとの出会いを、いかにして体験に変えるか。

これが今の美術館に求められている技術ではないでしょうか。