前回の記事を読んで

「無意識的な思考ってどうやって変えるの?」

という疑問が浮かんだと思います。

僕はそういう質問を待っていたんですが、残念ながら誰からも
そういうメールは届きませんでした。

やる気あんの?

とか言ってみたり(笑)

ただ、あれでは説明が足りていないのは分かっているし、
それをそのまま放っておくのも嫌なので、もう少し補足の説明を
加えておくことにします。

 

無意識的な思考というのは、文字通り「無意識的」ですから、
普通に考えれば意識的(意図的)に変えることはできないように
思えます。

しかし、歩いている時に左足だけで跳ねたり、ご飯を食べてるときに
味噌汁ばかり飲んでみたり、そういったことは意識すれば普通に
できるし、普段は無意識的にやっている呼吸だって、意識すれば
止めることができます。

つまり、無意識的な思考そのものは変えられなくても、無意識的な
思考による“行動”は変えることができるということです。

ところで、無意識的な思考というのは、どこからともなく湧いてきた
ものなのでしょうか?

僕らが意識せずに歩けるのは、あるとき突然そういう無意識的な思考が
頭の中に湧いてきたからなのでしょうか?

そんなことが有り得ないことぐらいは、誰でも分かるはずです。

僕らが歩けるようになったのは、記憶もないぐらい小さい頃に
何度も転んでその技を身に付けたからです。

自転車だって、一度乗れるようになってしまえば無意識的に感覚で
乗れてしまうけれども、乗れなかった頃は何度も練習したと思います。

・・・。

気付いたでしょうか?

何度も練習すれば、それが無意識的にできるようになるということは、
何度も意識的に繰り返していることは、そのうち無意識的な思考に
組み込まれるということです。

無意識的な思考はこういう方法で変えていくことができます。

一言で言えば、無意識的な思考になるまで何度も意識的な思考で
繰り返す、という感じでしょうか。

ただし、これは「私は成功できる・・・」を繰り返すことの正しさを
証明するものではありません。

あれは単に言葉を繰り返しているだけですから、無意識化されるのは
「私は成功できる・・・」と唱える行動だけです。

つまり、意識しなくても「私は成功できる」と唱えられるようになる、
ということです。

当たり前ですが、そんなもんは誰も望んでいません。

重要なのは、繰り返している“行動”、より正確に言えば行動や
思考から得る“経験”が無意識化していくということです。

これを理解していなければ、その人は自分の思い描いく思考を現実化
させることはできません。

例えば「モテたい」というのを現実化させたいなら、モテている人と
同じ行動や思考を、それが無意識化するまで繰り返すということです。

同じく、お金持ちになりたいなら、お金持ちと同じ行動や思考を、
それが無意識化するまで意識的に繰り返す。

そうすれば“気付いたときには”思考は現実化しています。

 

分かるとは思いますが、これは単純ではあっても簡単ではありません。

誰でも簡単にできるなら、そもそも「“成功”哲学」ではないですしね。

成功とは、多くの人が容易に到達できないからこそ成功なのです。

「思考は現実化する」は特別なことを言っているのではなく、
当たり前のことを言っているにすぎません。

成功者と同じことを繰り返せば、成功者になれる。

語弊を恐れずに言えば、そう言っているだけです。

巷の下らない本は、この言葉を何かと都合のいいように拡大解釈して
いますが、そういうのにだけは踊らされないで下さいね。

そんなのを読むぐらいなら、このメルマガの過去の記事を読み返す方が
100倍有益です。

それは断言できます。

あんなのは凡人の読むものですから、あなたが手を出すべきでは
ありません。

気をつけて下さいね。