前回の最後で僕は、環境を変えると言っても

1.既存の環境を乗り換える
2.新しい環境を自分で作る

の2通りの選択肢があるんですよ、という話をしました。

なんとなく分かると思いますが、前者は職業や国、
メディアを乗り換えるということです。

例えばPUSPA(ぷしゅぱ)というタップダンスの姉妹は、
日本ではまったく評価されなかったタップダンスを
ニューヨークで披露し、非常に高い評価を受けました。

彼女たちがニューヨークへ行かず、そのまま日本で
くすぶっているだけだったら、今のような評価は
まず得られなかったでしょう。

ユーチューバーなんかも、学校や職場という環境から
Youtubeという環境に乗り換えたから、今のような
凄いことになっているワケです。

ニューヨークもYoutubeも既存の、つまり誰かが用意した
環境ではありますが、そこで開花する「優れた何か」を
持ち込めば、それだけで高い評価が得られ、自分の価値は
最大化されるのです。

しかし、ここで分かった気になってはいけません。

「優れた何か」を自覚せず、なおかつ既存の環境で
何が高く評価されるのかも知らない状態で環境を
乗り換えることは、ギャンブルでしかありません。

それは自分が戦士なのか魔法使いなのか踊り子なのかを
自覚せずに、先陣を切ってボスに挑むようなもんです。

戦士には戦士の、魔法使いには魔法使いの、踊り子には
踊り子の評価される環境があるのに、それを知らないばかりに
場違いなところへ行き、無謀なことばかりを繰り返してしまう。

自分の「優れた何か」、つまり強みを知らないだけで、
こういう悲惨で非効率なことになってしまうのです。

 

さて、あなたの強みとは何でしょうか?

これに即答できないとすれば、それがあなたが
評価されない、そして自信がつかない原因です。

ちなみに僕の強みは

・難しいことを易しく楽しく物語れること
・難しいことを楽しみながら学べること
・他の人にはない視点で物事を語れること
・読者を叱咤激励し、焚きつけられること
・直感が人一倍優れていること
・人の言うことがきけずワガママなこと(笑)
・自分にウソをつくとすぐに息苦しくなること(笑)
・読者にとって厳しくも親しいリアル守護霊であること(笑)

という感じでしょうか。

まだ他にもあるとは思いますが、これだけでもめちゃくちゃ
魅力的ですよね。

大丈夫ですよ、言わなくても分かってますから(笑)

こんな非常識な僕が評価される環境は、既存の環境には
ありません。

だから僕は細々とブログを書き、メルマガを発行し、
自分で自分のメディア(新しい環境)を作りました。

もちろ作り始めた当初は、強みは自覚してなかったですが、
気付いてみたら今のようになっていたワケです。

 

で、僕の話はどうでもいいんですよ。

大事なのはあなたの強みです。

強みはどうやって見つけるのか。

これはですね、自分と関わりの深い人、もしくは
繊細な観察眼を持った人に聞くのが一番手っ取り早いです。

前者は親友とか親とか恋人とかビジネスパートナーとか
恩師とかその辺でしょうか。

とにかく誰でもいいので、自分と比較的頻繁にコンタクトを
取っている人にストレートに聞いてみましょう。

あと「私のことを他人に紹介するなら、
どんな風に紹介する?」と聞いてみるのも効果的です。

僕はある方にその手のメールを送って普通に無視されましたが、
まあそんなときもあります(笑)

あなただけじゃないから、大丈夫です(笑)

ちなみにその方も僕のメルマガを読んでくれているのですが、
別に恨んでないので気にしないでくださいね。

単なるネタですから(笑)

後者は・・・僕とか、僕とか、もしくは僕とか(笑)

なんかいつもとテンションが違うように見えるでしょうが、
気のせいです(笑)

冗談はこの辺にして、優れた占い師、優れたコンサルタント、
優れたコーチ、優れたヒーラー辺りがいいんじゃないですかね。

「優れた」ってのはアレですが、最悪、他人なら誰でもいいと
思います。

身近に頼れる人がいないなら、何でもいいので他人と接する
環境に飛び込んで、自分のことを客観的に見てもらいましょう。

 

自分の強みを知ることが高い評価へとつながり、
自信へとつながります。

自分が戦士だと分かればボスにゴリゴリ突っ込めばいいし、
魔法使いだと分かれば後ろから戦士をサポートすればいいし、
踊り子だと分かれば酒場で踊っていればいいのです。

適材適所。

物凄く当たり前の話ですが、この当たり前が難しい。

大事なことほど、本当はシンプルなのです。

基本に忠実にいきましょう(自戒)。

ありがとうございました。

 

※この記事はメルマガ『脱凡人のすすめ中級』からの転載です。

メルマガは僕の気まぐれで転載したりしなかったり、まちまちです。

今後配信される記事を確実に読みたい場合は、
下のボタンをクリックしてメルマガに登録しておいてください。

登録後は、ブログ未公開記事を含むバックナンバーが届くように
なっています。

メルマガ登録はこちらをクリック