いつからでしょうか。

特に意識していたワケではないのですが、ビジネスやお金の話を
自分がしなくなっていることに、つい最近になって気が付きました。

ここ1年ほどの記事を読み返してみても明らかなように、
そこには僕の教養主義というか人間性を第一に重んじる価値観が
前面に押し出されていて、まるで「お金なんてどうでもいい」と
言わんばかりの勢いです。

決してそんなことを言いたいワケではなかったのですが、
いかに僕がここで言い訳をしようとも、お金のことに一切触れない
という僕のメルマガでの態度が、そのことを正直に語っています。

以前どこかで話したように、われわれは言葉では簡単にウソを
つけますが、態度や行動でウソをつくのは凄く難しいです。

つまり僕は、自分の気付かないところで「お金なんてどうでもいい」
という最悪なメッセージをあなたに伝えてしまっていたのです。

悪気はなかったとは言え、今あなたが、あなたの人間性や教養、
器の大きさに見合うだけの収入を得られていないとすれば、
その責任の大半は僕にあります。

あなたは僕を信じてついてきた結果としてそうなってしまっている
ということです。

人間性や理念、考え方などが大事なのは間違いないですが、
それらを大事にするためには、それらを維持・向上するのに
必要なだけのお金を稼げなければなりません。

お金を稼ぐこと自体が「主」になってはいけないけれども、
脱凡人を実現していくためには、やはりお金は不可欠なのです。

こんな当たり前のことをどうして忘れていたのか。

自分でも不思議でなりません。

そしてそれに気付いた今は、あなたに対して申し訳ない気持ちで
いっぱいです。

本当に申し訳ありませんでした。

 

さすがに僕も謝っただけで済まされるとは思っていません。

むしろここで終わったら男がすたります。

ということで、これからしばらくの間は、これまで学んできたことを
いかにして稼ぎに結びつけていくか、ということをテーマにして
メルマガを配信していきたいと思います。

かといって巷によくある「とにかくお金を稼ぎましょう」系の
メルマガにするつもりはありませんので、その辺はご心配なく。

 

記念すべき1回目は「価値を生み出す2つの力」です。

いきなり答えから言ってしまいますが、この2つの力というのは
「学ぶ力」と「教える(伝える)力」です。

これらはビジネスの用語で置き換えると、その意味がよく分かると
思います。

学ぶ力とは必要なことを知る力、つまりマーケティング力です。

ビジネスの基本はまずいかに市場から、いや、日常から人々の欲求を
汲み上げることができるかにかかっています。

どれだけ精巧に作られた素晴らしい商品も、それを欲しがる人が
いなければ、ただのガラクタです。

そんなガラクタを作らないようにするには、日常から人々の欲求を
汲み上げ、それに合った商品を作らなければならないワケですが、
それは、日常から「見えないもの」を学ぶ、ということです。

誰も自分が欲しいものを教えてはくれないし、仮にアンケートで
答えてくれたとしても、それはウソ(人はそのものに出会うまで、
それが欲しいか否かが分からない)ですから、答えは自分で
見つけるしかありません。

そのために必要なのが学ぶ力であり、マーケティング力なのです。

 

学ぶ力はいくらでも細分化できますが、その1つの分け方として
以前話した「問う力」「根気」「論理的思考力」「関連づける力」が
挙げられます。

顧客の欲求を汲み上げる場合は特に「問う力」が不可欠です。

なぜあの人はタバコを吸うのをやめたのか、なぜあの人は
自転車から降りたのか、なぜあの人は目を閉じて座っているのか、
なぜ女性はおにぎりよりもサンドウィッチを好むのか、
なぜコンビニの前には若者が群がるのか、どういうときに人は
信号を待ち、どういうときに無視するのか・・・などなど、
こういった問いからしか彼らの欲求の断片を拾い集めることは
できません。

その断片をどう組み合わせるかは根気や論理的思考力、
そして関連づける力の出番ですが、そういったことを
総合することで今まで見えなかった顧客の欲求が見えるように
なっていきます。

これまでわれわれが学んできたことは、こういう風にビジネスに
活かすことができるワケです。

 

学ぶ力がマーケティングだとすれば、教える(伝える)力が何かは
もうなんとなく想像がつくんじゃないでしょうか。

そう、教える力はブランディングおよびコピーライティング力です。

学ぶ力を通して学んだものをいかに価値ある形で表現できるか。

そこがお金を稼ぐための肝になります。

「価値を生み出す」というとこっちだけを想像する人が多いと
思いますが、価値というのは相手あっての価値ですから、
学ぶ力なくして価値は生まれてきません。

相手に適した教え方というのは、相手のことを学ぶことによってしか
分からないのです。

教える力を今までの僕の言葉で言い換えるなら、「解釈の幅」
「実力」「妄想力」「思いやり」「コミュニティ」「文脈ごと売る」
などになるでしょうか。

もちろん他にもいろんな言い方が可能ですが、そういったものを
ひっくるめて、ここでは教える力と呼んでいます。

僕はこれまでそれらの力は凡人から脱するために必要であると
語ってきましたが、それはブランディングやコピーライティングにも
繋がる話だったワケです。

 

学ぶ力で知識や相手のことを学び、教える力でそれを相手にとって
価値ある形で表現する。

言うは易し、行うは難しです。

けれども、この2つの力があればいくらでも価値を、価値ある商品を
生み出すことができます。

そして僕は今まで何度も言葉を変えてその話をしてきているのです。

一度ビジネス的な視点で僕のメルマガを読み直してみてください。

意識次第では驚くほどたくさんの発見があるはずです。

 

「学び」を「稼ぎ」に変えてもらうこと。

それが今後の僕のテーマです。

禅僧のように托鉢や寄付で生き延びるのも1つの道かもしれませんが、
われわれはそういう生き方を目指しているワケではありません。

偉大なだけでは、賢いだけでは、自尊心だけでは飯は食えません。

それらは価値として誰かに提供することで、はじめてお金になります。

もうそろそろあなたは教える側の、お金を受け取る側の、
次なるステージの人間になるべきではないでしょうか?

これまで学んできたことを、ぜひとも世界に役立ててください。

「学び」を「稼ぎ」に変えてください。

本当の脱凡人はそこから始まります。

ありがとうございました。

 

※この記事はメルマガ『脱凡人のすすめ中級』からの転載です。

ブログで公開しているのは全メルマガ記事の3分の1程度です。

すべての記事を読みたい場合はこちらをクリックして
メルマガ『脱凡人のすすめ中級』にご登録ください。

登録後は、ブログ未公開記事を含むバックナンバーが
届くようになっています。