2週間ほど前だったでしょうか。

某ホームセンターで買ってきた万能ネギの種を見ていて、ふと、
ある疑問が浮かびました。

「なんで種は袋の中では芽が出ないのに、土に蒔くと芽が
出るんだろう?」

このことはあまりにも当たり前のことなので普通は誰もが
見過ごしているのですが、この疑問からはわれわれにとって
非常に重要な仮説を立てることができます。

種には周りの環境を感知する能力があり、芽を出しても
枯れないであろう環境でのみ芽を出すという適切な判断が
できるのではないか、という仮説です。

袋の中ではいくら放置しておいても絶対に芽は出てきません。

しかし、然るべき場所に種を蒔けば芽は自然と出てきます。

もし種に環境を感知する能力がなかったとしたら、袋の中でも
芽が出てくると考えるのが自然です。

袋の中で芽を出した種は、そこから生長するための栄養
(光や水や養分)が得られないためにすぐに枯れてしまう。

こうなって然るべきでしょう。

でもそんなことにはならないワケです。

現実を見れば明らかなように、種は然るべき場所でしか芽を
出しません。

ということは種には環境を感知する触覚のようなものがあって、
それによって生長するための適切な環境に自分がいるか否かを
判断していると考えられないでしょうか。

そうだとしたら、種はどうやって適切な判断をしているの
でしょうか。

 

現時点で言えるのは、種は思考錯誤の結果として
「よし、芽を出そう」と決めているワケではないだろう、
ということです(笑)

たしかに種を植えてから発芽まではある程度時間がかかりますが、
その間に種が発芽すべきか否かで悩んでいるというのはちょっと
考えにくいですよね?

だって、ほら、植物だし。

もしかしたら彼らも彼らなりに悩んでいるのかもしれないけども、
その話を持ちだすとややこしくなるので、今は種は悩んだりしない
ということにしておいてください。

じゃあ種はどうやって適切な判断をしているのか。

それは先程僕が言った「感知」や「触覚」という言葉からも
分かるように、おそらく感覚(直観)によってです。

「自分がここだ!と思ったから芽を出しただけだよ」

種に気持ちを尋ねればこんな感じに答えると思います(笑)

つまり、それは究極的に主観的な判断によるものなのです。

だから当然、同じ種類の種でもその場所で芽を出すヤツもいれば、
出さないヤツもいるということになります。

それぞれの種はそれぞれに「自分にとって適切な場所はここだ」と
判断していて、その判断基準もそれぞれに異なるということです。

元も子もないようですが、自然というのは本来そういうものなのです。

 

こんなことからでも、われわれが学べることが2つあります。

1つは自分にとって何が適切な環境なのかを判断できるように
自分自身の感覚を鍛えなければならないということ、もう1つは
その自分の感覚をどれだけ信じられるかが重要だということです。

前者はなんとなく分かりますよね。

今属しているコミュニティが自分にとって適切なのかどうか。

自分が付き合っている人、暮らしている地域など、
それらの環境は果たして自分が芽を出すべき(根を張るべき)
環境なのかどうか。

そういう判断ができるように感覚を鍛えておかなければ、
袋の中でも平気で芽を出す種に、つまり自滅する人になって
しまいますよ、ということです。

ただより大事なのは後者の方で、どれだけ適切な判断ができても、
それを自分が適切であると信じられなければ意味がありません。

なぜなら、世の中に客観的な正解なんてものはないからです。

さっきの種の例でも分かるように、自分がここだ!と思ったら
それに向かって真っすぐ進めないとダメなんです。

答えは結果だけが教えてくれるのであり、やってみるまでは
それが正しいか否かは誰にも分かりません。

僕が「やめといた方がいいと思うよ」と言った企画や案でも、
もしかしたらいい結果が出るかもしれません。

だから自分がどうしてもやりたいと思ったり、自分は絶対に
成功すると思うならば、僕がなんと言おうとやってみれば
いいんです。

そこまで自分を信じられるなら、多分上手くいきますから。

 

種は「そこはあんまり栄養ないから芽を出すのやめとけよ」と
言ったとしても絶対にそこに芽を出します。

これはただの独りよがりではなく、種が自分を信じ切っていて、
その結果どうなろうとすべての責任を自分で負う覚悟がある
からです。

当たり前ですが、種はそこに芽を出した結果、枯れたとしても
文句なんて言いません。

ただ素直にそれを受け入れて死んでいくだけです。

われわれはこの潔さを見習うべきだと思います。

周りの判断に便乗しておいて、それがダメだったら責任を周りに
押し付ける。

こんな見苦しいことをするのは人間ぐらいです。

われわれは環境を自分で選ぶこともできるし、自分で適切な環境を
作ることもできるのですから、種よりよほど有利で自由です。

それほど条件に恵まれているにもかかわらず、われわれは種以下の
醜い生き方しかできていない。

そのことをもっと恥じるべきでしょう。

 

自然はわれわれに本来あるべき生き方を示してくれています。

自然に生きるとは、自分に正直に生きるとは、ここまで話した
種のように生きるということです。

すべてを自分の基準で判断し、すべての責任を自分で背負い、
余計なことは一切考えず、自分のやるべきことだけをやる。

たったこれだけでいいのです。

たったこれだけのことを万人が実践するだけで、われわれが
抱えている問題のほとんど(恐らくすべて)が解決します。

われわれは随分と自然の道から外れてしまいました。

もうそろそろ寄り道をやめて、元の道に戻ってもいい時期では
ないでしょうか。

不自然な生き方は身体だけではなく精神も蝕みます。

どうか道から足を踏み外さないようにお気をつけて。

ありがとうございました。

 

※この記事はメルマガ『脱凡人のすすめ中級』からの転載です。

ブログで公開しているのは全メルマガ記事の3分の1程度です。

すべての記事を読みたい場合は下のボタンをクリックして
メルマガ『脱凡人のすすめ中級』にご登録ください。

登録後は、ブログ未公開記事を含むバックナンバーが
届くようになっています。

メルマガ登録はこちらをクリック