「杉野さんの商品を買ってない(買えない)のに、
アドバイスをもらって申し訳ない」

ここ最近、何人かの方からこういう内容のメールが
届きました。

彼らは僕に気を使ってそう言ってくれているのだと
思うのですが、そう言われても僕は「気にしなくて
いいですよ」としか返事のしようがありません(苦笑)

ただ、そのことについて台所で食器を洗いながら
ぼんやり考えていたところ、あることに気付きました。

それは彼らが自分にウソをついているということです。

彼らは本当は商品を買うべきだと思っている
(買った方がお互いに気持ち良くメールができると
知っている)のに、自分にはそれができないと
決めつけています。

本人に自覚はないと思いますが、そうやって彼らは
自分の理想から逃げているのです。

 

99%の諦めは自分へのウソです。

本当は続けた方がいい、本当は買った方がいい、
本当は行った方がいい、本当は決めた方がいい、
本当は勉強した方がいい、本当は運動した方がいい、
本当は・・・本当は・・・。

自分のことを思い返せば分かるように、われわれはいつも
本当はどうすればいいかを知っています。

にもかかわらず、われわれはそれを諦めることの方が
多いワケですが、これ、なんでか分かりますか?

考えるまでもないでしょうが、その方が楽だからです。

僕の商品を買うために何かをがんばるよりも
「買えないです、ごめんなさい」と言う方が圧倒的に
楽なんですよ。

でもそうやって謝って済ませることは自分の理想ではない
ワケですから、望んでいないものを選択するという意味で
自分にウソをついていることになります。

ダイエットを諦めるのも、起業を諦めるのも、買いたいものを
諦めるのも、全部ウソなんです。

 

さて、ここで前回の話に戻りましょう。

自分にウソをつくことは、はたして自分に優しくしていると
言えるでしょうか?

表面的には諦める方が楽なので、それは優しくしているように
思えるかもしれませんが、自分の本心に逆らうという意味では
虐待に他なりません。

よく思い出してください。

本当に心から諦めて良かったと思えることって、
今までにありましたか?

何かを諦めたときというのは、大なり小なり心のどこかで
「嫌な感じ」がしてるはずなんですよ。

僕に「買えなくてごめんなさい」と謝ってきた人たちも、
謝ることで癒されているワケではなく、仕方なく、
心苦しいのを我慢して言ってるんだと思うんです。

これってまさに虐待ですよね?

われわれはあまりにもこの虐待に慣れ過ぎているために、
「嫌な感じ」をそのままスルーしてしまっていますが、
この「スルー」こそが自分にウソをつくということなのです。

 

そもそも「諦める方が楽」という感覚が狂った感覚である
ということに、われわれは気付かなければなりません。

なんで自分を虐待する方が楽なのか。

おかしいですよね、その感覚自体が。

下らない、自信がない、情けない自分のままでいる方が楽とか、
もはや意味が分からない。

そういう根本的な「人としての在り方」が狂っているから、
われわれは平気で自分にウソをつけるのです。

 

本当は自分はどうしたいのか。

どうするのが自分の理想なのか。

自分は望まない楽な生き方を選ぶ人間でありたいのか、
それとも苦しくても理想の生き方を選ぶ人間でありたいのか。

判断に迷ったときは、それを自分に問うてみてください。

そして、できる範囲でいいので、ウソじゃなくて「本当」を
選ぶようにしてください。

そこからしか、本当の人生は始まらないのです。

ありがとうございました。
追伸1:おすすめ商品。

『意志力セミナー』

やる気が出ない、集中できない、行動できないという悩みを
わすか一週間で、自転車に乗るよりも簡単なことをするだけで
解決し、自分の思うがままにやる気や集中力をコントロール
できるようになる方法を解説したセミナー。

 

ブログの記事はメルマガ『脱凡人のすすめ中級』からの転載です。

メルマガは僕の気まぐれで転載したりしなかったり、まちまちです。

セミナーやワークショップの情報はメルマガでお知らせしています。

今後配信される記事確実に読みたい場合は、
下のボタンをクリックしてメルマガに登録しておいてください。

登録後は、ブログ未公開記事を含むバックナンバーが届くように
なっています。

メルマガ登録はこちらをクリック