僕は小さい頃からずっと、家族や親戚に対して「いい子」を
演じてきました。

田んぼの稲刈りや近所のお宮の掃除、庭の草抜きや剪定など、
親や親戚から頼まれたことに嫌だと言ったことは一度も
ありません(予定があって断ったことはあるけども)。

心の中ではいつも「面倒臭いな」と思っていましたが、
子供心にそういう頼み事は断ってはいけないと思い続けて
きました。

親戚や家族とは仲良くしないといけない。

和が乱れるようなことをしてはいけない。

そういう日本社会的な価値観が僕を縛っていたのでしょう。

気付いたときには無意識に(自分を犠牲にしてでも)
和を乱さない方を選択をするようになり、こんなメルマガを
書くようになった今でもその習慣は未だに抜けきっていません。

しかし、こんな僕だからこそ言えることがあります。

それが前回の最後に言った

「もっと自分に優しくしてあげましょう」

ということです。

 

嫌なことに対してはっきり嫌だと言うこと。

これは自分に優しくする、1つの代表的な例です。

僕にはこれができなかったし、多分このメルマガを
読んでいる人の中にもできない人は多いと思います。

こんな簡単なことがどうしてできないのかと思うんだけど、
長年の習慣というのは恐ろしいもので、嫌だと感じている
その「感じ」をスルーして頭で判断するようなシステムが
自分の中に作られてしまってるんです。

振り返って考えてみれば嫌だと感じていたはずなのに、
その瞬間は自覚できない。

それによって「いい子」や「いい人」というのは、
自分で自分を虐待することになります。

彼ら(僕を含む)は自分で自分の価値観を捻じ曲げ、
自分の存在価値を貶めるようなことをしているのです。

 

家族や親戚を手放したくない。

恋人を手放したくない。

僕もこの2つ、特に今年は後者で苦悩しましたから、
その気持ちは痛いほど分かります。

でもそれはただの欲なんですよ。

嫌われたくない、愛されたい、体裁を保ちたい、
現状を維持したい、ごたごたしたくないという欲。

目を覚ましてください。

嫌なことを嫌だと言って、それでもついてきてくれるのが
本当の家族や恋人、仲間であり、人間関係とは本来
そうあるべきなのです。

 

以前、セミナー後の懇親会で「もうすぐ結婚するので、
夜勤のキツイ仕事だけど、あっさりやめるワケには
いかないんですよね」と言っていた方がいました。

そのときの僕は「苦しいだろうけど頑張ってほしいなぁ」と
思っていたのですが、今の僕なら多分彼にこう言います。

「恋人よりもまずは自分を大事にしてください」

彼は仕事を辞めたら彼女や彼女の両親を心配させると言って
その仕事はしばらく続けるつもりだと言っていましたが、
そうやって僕らは自分を虐待するんです。

でも違うんですよ、その考え方は。

彼女が本当に彼のことを好きなら、表面的には多少文句は
言うかもしれませんが、彼が頑張ろうとしてることは
何だって応援してくれるはずなんです。

それを彼女のためだと言って、嫌なことや苦しいことを
我慢するのはお互いのためになりません。

そんなことをしないと結婚できないような人なら、
遅かれ早かれ別れることになるだろうし、そうなるぐらいなら
結婚できなくなる方が長期的にはお互いのためなのです。

 

「いい子」や「いい人」をやめるには勇気がいります。

偽りの自分をやめるには勇気がいるんです。

しかしそれをやめない限り、本当のストレスフリー、
つまり善なる生は訪れません。

そこで僕から1つ提案があります。

今ある関係はそのままでいいので、
「いい子」や「いい人」をやめられる環境を
自分で見つけてください。

僕の場合、それはブログやメルマガやツイッターでした。

人によっては外国人パブとか、なんちゃら研究会とか、
料理教室とか、キリスト教会とか、起業家の団体とか、
女装カフェとか、ニコニコ動画とか、そういった既存の
コミュニティかもしれません。

とにかくなんでもいいので「ここにいるときだけは、
何も周りの目を気にせずにいられる」という環境に
自分を置くようにしてください。

それがいつか「いい子」や「いい人」をやめる突破口に
なるはずです。

 

嫌われたくないなら、嫌われるようなことをしても
嫌われない(と分かり切っている)相手とだけ付き合えば
いいんです。

極端に思うかもしれませんが、それが理想でしょ?

だったらそれを叶えましょうよ。

自分に優しくするとは、そういうことなのです。

ありがとうございました。

 

ブログの記事はメルマガ『脱凡人のすすめ中級』からの転載です。

メルマガは僕の気まぐれで転載したりしなかったり、まちまちです。

セミナーやワークショップの情報はメルマガでお知らせしています。

今後配信される記事確実に読みたい場合は、
下のボタンをクリックしてメルマガに登録しておいてください。

登録後は、ブログ未公開記事を含むバックナンバーが届くように
なっています。

メルマガ登録はこちらをクリック