もう3週間以上前のことになりますが、このメルマガで
『自分を知るためのリサーチ』という話をしました。

コミュニケーションの肝とも言えるリサーチ能力は
自己分析にも使えるし、自分のことを知らないと人生は
ギャンブルになっちゃいますよ、と。

そういう話をしたワケですが、自分を知るためには

1.複数の視点
2.コア

という2つの要素が重要になってきます。

複数の視点から光を当てることによってコアというものが
浮き彫りになってくる。

そういう感じです。

「視点を増やせ」というのはどの業界どのジャンルでも
よく耳にすることですが、僕が知るかぎり視点を増やす方法は
1つしかありません。

それは、新しいことをする、ってことです。

小さなことでも大きなことでも何でも構わないので、
自分が見たことのないものを見たり、聞いたことにないものを
聞いたり、触れたもののないものに触れたり、行ったことの
ないところに行ったり、話したことのない人と話したり、
学んだことのないものを学んだりすることで視点は増えて
いきます。

 

今から5年程前に僕はこんなことを言ったことがあります。

「美容師が髪を切る、パン屋がパンを焼く、占い師が占いをする、
小説家が小説を書く。そういった生き方はもう古いということです。
今は美容師がパンを焼き、パン屋が占いをし、占い師が小説を書き、
小説家が髪を切る、というこれぐらいの自由さが求められています」

僕も当時はこの言葉の意味を浅くしか理解していなかったですが、
ここで言っている自由さというのが視点の数です。

パン屋がパンを作るのは当たり前だし、大工が家を建てるのも
当たり前です。

でもパン屋がフランスパンみたいな硬いパンを焼いて、
それを建材にして大きな家を建てたら面白いと思いませんか?

それとか、密度が高くて硬いパン(ドイツパンみたいなやつ)を
焼いて、それを鉋(かんな)で削ったヤツにチーズを乗っけて
食べたら面白い食感が得られそうじゃないですか?

これを思いついたり実行したりするにはパン屋であっても
大工の知識や視点が必要になります。

つまりパン屋という固定概念に縛られない自由さが必要とされる
ということです。

 

このパン屋を自分に置き換えてみてください。

多くの人は自分というものを固定した視点からしか見ることが
できません。

だから自分には価値がないと思ったり、自分を活かす環境を
見つけられなかったりするワケですが、それはその人の視点が
少なすぎることが原因です。

要するにその人に価値がないんじゃなくて、その人が自分自身を
見ている視点に価値がないだけなんですよ、実際は。

世間一般の基準(視点)から見れば、98%ぐらいの人は
劣等生になります。

足は遅いし体力もない、勉強もダメだし特技もスキルもない、
喋りやルックスも人並みレベル。

こんな視点しか持ってなかったら、そりゃ自分に価値がないと
思って当然です。

僕だってそういう見方をすれば、ただのダメ人間ですからね。

でもそれは見方の問題、「相対的な」問題であって、
自分自身の価値がそれで「絶対的に」決まるワケじゃ
ありません。

重要なのは何を相対化するか、いかに自分にしかないものを
照らし出す視点を手に入れるか、なのです。

 

写りのいい写真も悪い写真も、どっちも自分であることには
違いありません。

でも普通、人に見せるなら写りのいい写真を見せますよね?

なのに多くの人は写りの悪い写真ばかりみんなに見せて、
「自分は評価されない」とか言って凹んでいるワケです。

それはおかしいでしょ。

みんなにカワイイとかカッコイイとか言ってもらいたい、
そう認知してもらいたいなら、自分が一番可愛く見える、
カッコよく見える角度から写真を撮らないと。

その角度が視点なんですよ。

この視点を探す(増やす)過程で、コアも同時に作られて
いきます。

コアとは、複数の視点から照らし出されて浮き彫りに
なってくる何かです。

どの角度から写真を撮っても、自分は自分です。

でも案外僕らは自分の後ろ姿を知りません。

そういう自分の知らない自分、自分の気付いていない自分を
知っていくことで、自分というものが立体的に見えるように
なってくる。

それを僕はコアと呼んでいるワケです。

 

一生写りの悪い、運転免許証のような写真(笑)をさらして
生き続けるのって、恥ずかしくないですか?

クソ真面目に正面から撮った写真なんて、なーんも可愛くも
カッコよくもないんですよ。

もしかしたらあなたの後ろ姿は最高に可愛い・
カッコイイかもしれません。

だったら、振り返らないでおきましょう(笑)

いい夢を見させてあげることも1つの価値なんだから(笑)

大丈夫、バレなきゃいいんです(笑)

自信を持ってくださいね。

ありがとうございました。

 

追伸1:お知らせ。

以前募集したCore Researchセミナーですが、単品で受講したい
という要望をいくつかいただいたので、再募集を行うことに
しました。

ただ直接受講は行わず、動画受講のみの受講にする予定です。

そのうち募集のお知らせを流しますので、しばしお待ちを。