UA-32556480-1
top-image

Archives for 学校・教育

民主主義国家の末路
  この頃の政局は荒れまくってますねー。 しかし、あの【麻生おろし】ってネーミングは どうなんでしょ?? 仮にも「自分たちが選んだ」日本の代表である総理大臣を あんな風に言っちゃうってのは、ちょっと、ねぇ・・・。 僕はどっちかというとイケてない総理を選んだ方に 責任があるんじゃないかと思う一派なんですが、 どうやら政府の方々やメディアの自覚は薄いみたいです。 そういえば、政局は自民か民主か、みたいになってますけど、 この二元論的な【アレかコレか】という考え方自体が 誤りだということにそろそろわれわれは気付かないと いけません。 もうそんな近代的な時代はとっくに終わったのですから。 今はむしろ【アレはアレ、コレはコレ】という時代。 つまり、決められた選択肢から選ぶのではなく、 自分で正しいと思う選択肢を作り出さなければ ならない時代だということです。 今の日本の政治システムでは決められた選択肢(政党)から 選ぶしか方法はありませんが、それがそもそも既に時代遅れなのです。 また国が地方すべてを一元的に管理しようっていうのも 近代的な考え方ですから、これも時代遅れ。 (今は近代の次、ポストモダンの時代です) 橋本知事や東国原知事なんかはこの辺のことを 危惧しているっぽいですが(だから地方分権を 推し進めようとしているのでしょうが) まだまだ日本の行く末は不安定ですねー。 さてさて、冒頭から珍しく政治ネタに触れたところで 今回は政治の本体である【国家】に関わる話を していきたいと思います。 国家と言えばプラトンです。 プラトンの著作【国家】はあまりにも有名ですね。 読んだことはなくても、名前ぐらいは聞いたことが あるんじゃないでしょうか?? 内容はザックリ言えば 「正義って何なんだろう?」 「個人の正義を考えてたら長くなりそうだから 個人の集まりである国家の正義を最初に考えて それを最終的に個人に当てはめよう」 という感じ。 そんな話が延々会話形式で進んでいきます。 その中でプラトンは民主制(民主主義)について 言及しているんですが、これがねー、なんというか 面白いことに今の日本の状況そのまんまなんですよ。 思わず 「すげーよ、プラトン」 と呟いてしまうほどに、そのまんま(笑) プラトンは民主制について 民主制は、〈自由〉を善と規定する。 他方で民主制は、支配者に従順な者たちを、 自分から奴隷になるようなつまらぬやつらだと 辱しめるだろう。 個人的にも公共的にも賞賛され尊敬されるのは、 支配される人々に似たような支配者たち、 支配者に似たような被支配者たちだということになる。 このような国家においては、必然的に、自由の風潮はすみずみにまで 行きわたって、その極限に至らざるをえないのではないかね? たとえば父親は子供に似た人間となるように、また息子たちを 恐れるように習慣づけられ、他方、息子は父親に似た人間となり、 両親の前に恥じる気持ちも恐れる気持ちもなくなる。 自由であるためにね。 そして居留民は市民と、市民は居留民と、平等化されて 同じような人間となり、外人もまた同様だということになる。 このような状況のなかでは、先生は生徒を恐れてご機嫌をとり、 生徒は先生を軽蔑し、個人的な養育掛りの者に対しても同様の 態度をとる。 一般に、若者たちは年長者と対等に振る舞って、言葉においても 年長者と張り合い、他方、年長者たちは若者たちに自分を合わせて、 面白くない人間だとか権威主義者だとか思われないために、 若者たちを真似て機智や冗談でいっぱいの人間となる (プラトン著【国家】下巻より引用) って言ってます。 つまり 「民主制は自分勝手で個性のないバカな人間を生み出す」 ということです。 まさに前回僕が解説した相対主義の世の中そのものですよね? そしてもう分かったと思いますが、民主主義こそが 相対主義を生み出した原因だったということです。 われわれは通常、民主主義国家における自由や平等が 「良いもの」かのような教育を受けます。 社会主義のソ連は崩壊したし、更に社会主義が行き過ぎた 共産主義は中国みたいになってしまう。 だからアメリカやヨーロッパ諸国や日本のような自由と平等が 尊重される民主主義が最も優れた政策なんだ、と。 「最も優れた」とは言わないまでも、それに近いニュアンスで 教育を受けることには違いありません。 しかし、その「良いもの」を突き詰めた結果がコレです。 われわれは自由と平等を手に入れた代償として、 民主主義が堕落した個性のない傲慢で凶暴な野蛮人を生み出す ということを身をもって証明してしまったのです。 かつて、ハイデガーの弟子であるハンナ・アレントは没個性こそが 悪を生むと言い、トクヴィルは多数者の専制(民主主義)と平等が 思いやりのないバカを生むと言いました。 そして、プラトンも何千年も前に現在の状況を予見していた。 民主主義の末路は、それほど自明だったワケです。 さてさて。 民主主義の真実を知ってしまった今、われわれは 何を信じて生きていけばいいのでしょう? 今のままでは日本はバカと自己中と野蛮人の温床と 化してしまう。 いや、もう既に温床だと言ってもいいでしょう。 われわれはこんな人間であふれた世界を 望んではいないはずです。 出来ることなら、賢くて思いやりのある人間で溢れた世界を つくっていきたい。 少なくとも僕はそう思っていますし、ほとんどの人も そう望んでいると僕は信じています。 じゃあ、そんな世界を作るにはどうすればいいのか。 あくまでも僕個人の考えですが、この問題を解決する キーワードとなるのが、エーリッヒ・フロムが 「自由からの逃走」という著書の中で定義している 理性的権威 だと思っています。 理性的権威というのは、尊敬とか感謝とか 人々のそういった感情から生まれてくる権威のことです。 例えば、会社に尊敬出来る上司がいたとしましょう。 仕事は早いし、気遣いも細かい。 気前は良いし、部下にも大人気。 昼ご飯もいつもおごってくれる。 そんな神様のような上司が「この仕事、手伝ってくれない?」 と頼んできて断る人はまずいないでしょう。 これは上司だから断れないという感情もあるかもしれませんが、 それ以上に【この人の頼みなら喜んで!】という感情も あると思うんですね。 そういう感情を起こさせる権威が理性的権威です。 イチローがボール拾いを頼んで断る一般人がいるか、 って話ですよ、要するに(笑) みんな喜んでボール拾いするだろう、と。 この場合、一般人はイチローの理性的権威に服従した、 ということになります。 服従って言うとイメージ悪いですけど、現実には 「喜んで引き受けた」ってことです。 通常、権威とは圧力的でイヤなイメージがありますが、 理性的権威はむしろ喜んで受け入れたくなるような そーゆー感情を引き起こすものです。 さて、この理性的権威が今の時代にどう役に立つのか。 その辺の話は乞うご期待(笑) ではではー。 ...more»
歴史的地平で読み解く相対主義
  前回の記事で相対主義の話に少し触れたので その辺の話にもう少し踏み込んでいこうと思います。 よかったらお付き合い下さいな。 まずは、歴史的地平とは何か、という話から。 僕もこの用語について詳しいワケじゃないんですが、 僕の解釈でいう歴史的地平とは 世界観、人間観、歴史観の3つを合わせたモノ という定義です。 【地平】という言葉はガダマーという解釈学の代名詞のような 人がいるんですが、その人が好んで使っている言葉で 「視点」とか「主観」とかそーゆー意味が込められています。 要するに、より分かり易い言葉に言い換えてやるなら 歴史的地平とは 世界に対する見方(接し方もしくは受け取り方) のことだと思って下さい。 厳密には違いますが、そんな感じの理解で 問題ありません。 なんでそんなややこしいものをテーマにしたのかと言えば、 それは現代という時代を正確に読み取るために必要なのが 歴史的地平だからです。 なんで現代という時代を正確に読み取る必要があるのか、 というのはここから話します。 もちろんそんなことは知らなくても全然【普通】に 生きていけるんですけど、世界の仕組みって 知ってると結構面白いんで、まあ読んでみて下さいな(笑) 「最近の若者はコミュニケーションが下手過ぎる」 「最近の若者はすぐ折れる」 「最近の若者はすぐキレる」 などなど、大人はこんなことをよく口にしますが、 これの本当の原因(?)を分かっている人は 恐らく相当少ないと思います。 原因が分かってるならそんな自明なことは わざわざ口に出して言わないはずですからね。 んじゃ何が原因なのか。 問題はそこです。 一言で答えを言ってしまえば、それは前回に書いたように 現代が相対主義の時代だから ということになるんですが、これだけだと意味が 分からないと思うので説明を加えていきます。 前回の繰り返しになりますが、相対主義というのは 「あなたはあなた、俺は俺」 というように、相手の立場を認める(許す)代わりに 自分の立場を譲らない考え方のことを言います。 これは一見すると、相手の考え方を尊重して 相手にも権限を認める良い考え方のように 見えるのですが、それは相対主義の表の顔であって それだけでは本質的な理解とは言えません。 じゃあ相対主義の裏の顔(負の側面)は何かというと、 相手を尊重しているかのように見せかけておいて 本当は相手に【無関心】なのです。 一般的な例で考えてみましょう。 「あなたは家で好きなことやって遊んでなさい、 お母さんは友達と出かけてくるから」 こんなことを子供に言って出かけてしまう親が いたとします。 詳しい事情はともかくとして、この親が子供に 関心があるのかと言えばそれは恐らく「NO」では ないでしょうか。 もし、ちゃんと関心があるなら、帰ってくる時間とか 家での注意とか色々言ってから出かけるはずだと 僕は思うんですね。 もちろんこのセリフ一言だけで判断するのは難しいですが、 「好きなことやって遊んでなさい」というのは 子供の権利を認めているのではないのは明らかです。 「好きなことやって遊んでなさい」の裏側は 「テキトーにやっといて」。 これが子供を車の中に放置して夫婦でパチンコやってるような 人間のことを指しているのは言うまでもないでしょう。 【無関心】(相対主義)の現状はこういったところに 現れているワケです。 妙にリアルでしょ? ここまで説明すれば先に書いたキレる子供や コミュニケーションの取れない子供が増えている 理由は分かると思います。 キレる子供が増えているのは、親や先生が子供たちにとって 【他人化】してきているからです。 他人からプライベートなことに口を出されて ムカッとするのと一緒で、今の子供たちにとっては 親や先生でさえ他人と同じだということになります。 逆に、一昔前は隣のおじさんが叱ってくれることを有難いと 受けとめていましたよね? 直接関係のない人なのに、わざわざうちの子を (関心を持って)叱ってくれた、と。 つまり昔は隣のおじさんは他人じゃなかったんですよ。 そこには【コミュニティー】という概念が あったワケです。 地域の人は家族と一緒だ、みたいなね。 それが現代では(無関心)の影響によって 失われてしまった(見た目上、消えた)。 だから他人が叱ってくれることを「有難い」と 受け止められなくなるどころか、むしろ「鬱陶しい」と 思うようになってしまったワケです。 (家出少女が増えてるのもこういったことが原因) コミュニケーションが取れないのも似たような理由。 自分以外に関心がないから人と接しようとしない人間が増え、 人と接する機会が減ったからコミュニケーション能力も 低下してきた、というだけの話です。 (もちろん厳密にはそんな簡単な話じゃありませんが) つまり、現在ニュースなんかで騒がれている問題は 大よそ相対主義というキーワードだけで 読み解けるということです。 そして。 そのキーワードを見つける視点こそが【歴史的地平】なのです。 今回書いたことも現代が相対主義の時代だという前提があって はじめて出来る話です。 この前提がなければ、こんな話は出来ない。 ということは、歴史的地平を持って現代という時代を 正確に読み取らないとこーゆー視点で話が出来ない、 ということになります。 じゃあ出来ないより出来る方がいいよね?って話です(笑) どうやって歴史的地平を身につけるかは追々書いていこうと 思いますが、今はとにかく歴史的地平を身につければ 色々なことが見えてくるんだ、というのを分かっておいて 下さいませ。 これが分かるようになるとニュースを読むのも 別の意味で楽しくなりますよ。 ではではー♪ ...more»
ネイティブデジタリアンの動向と現状
  つい先日、いつだったか忘れましたが ライブドアニュースで 【男子高校生が援助交際している】 というものを見かけました。 女子高生の書き間違いだろうと思って読み返してみたら やっぱり男子高校生についての記事がつらつらと書かれていて なんと最近は男子高校生が女子高生や女子中学生を 買春するんだそうな・・・。 あー、世も末だねー・・・とか月並なことを思いつつ、 いよいよネイティブデジタリアンの時代が近づいてきたか、 と、個人的に確信を得ました。 ネイティブデジタリアンとは、2000年前後に 生まれた人間のこと(1995年生まれ、2001年生まれ等)。 彼らは一言で【実体験不要】と言い表されます。 実体験不要ってのは、大きく言っちゃえば バーチャル(デジタル)で全てが完結しちゃう世代 ということです。 バーチャルリアリティなんて言葉もあるぐらいですから バーチャルでリアルな(擬似)体験が出来てしまう人間が 登場してきてもおかしくない今日この頃。 そういう特徴を持ったのが彼らネイティブデジタリアン だと思って下さい。 そんなネイティブデジタリアンですが、 彼らには実体験不要という特徴の裏側に もう1つの特徴が隠れている、と僕は踏んでいます。 それは実体験への欲求です。 今回のニュースと絡めて言えば、人肌に対する欲求。 つまり、バーチャルを求め過ぎた反動によって リアリティーを求める動きが強まってくるだろう、と。 なんでそう思うのか、というのはまた時代の反動の話を 思い出して欲しいのですが、人の歴史は常に反動によって 動かされている、というのが一応の答えになります。 ファッション業界でも、ダボダボのパンツが売れた次は ピチピチのパンツが売れて、次にまたダボダボが売れて・・・ というように、1つの概念に偏った価値観が もう1つの対立する概念へと反動で動いてますよね? そーゆー感じ。 確かにバーチャルは何でも手っ取り早く手に入り、 すぐに効果を確かめたりするには便利です。 便利ですが、それはどれだけ追求したところで 質感を伴わないバーチャル(虚像)に過ぎません。 下品な話で恐縮ですが、彼らは生まれたときから インターネットという環境があって、物心ついたときには アダルト情報にもアクセスし放題だったワケです。 これが何を意味するのかと言えば、思春期初期の段階で バーチャル的な性体験はお腹一杯になってしまっている、 ということです。 その反動が援交(リアル)として現れた。 僕はそう思っています。 そして、相対主義の影響によって 性体験の低年齢化が顕著になった、と。 あ、相対主義というのは、簡単に言っちゃえば 【ナンバーワンよりオンリーワン】 的な発想のことです。 「お前に口出ししない代わりに俺にも口出しするな」 逆に言えば 「あなたはあなたの好きにしなさい、私も私で好きにするから」 という相手を尊重しているようで実は非常に エゴイスティックな考え方を相対主義と呼びます。 さっき書いた「性体験の低年齢化に相対主義が影響している」 というのは、つまり親と子供が互いに相対化してきている ということです。 親も子供も自分のことにしか興味がないから子供は親に 邪魔されることなく、ネットで変な知識ばっかり蓄えて 理性の低さゆえに享楽への道をひた走る、と。 子供にはもちろん罪はありませんが。 しかしホント最近の親は子供に興味ないですからねー。 電車に乗ってても子供をほったらかして 子供が騒いでても何も注意しない親ばっかだし。 ま、よくも悪くも【相対主義】は現代のキーワードなんで、 是非覚えといて下さいませー。 さて。 相対主義の話はともかく、今は、時代が大きく動こうとしている、 ということが分かってもらえたら嬉しいです。 それと、自分達の感覚で若者を捉えていては これからの時代に取り残されるということを しっかり自覚しておいて下さいませ。 老いては子に従え とは昔の人は上手く言ったもんで、もちろん全てに 従う必要はないと思いますが、時代を作っているのは いつも若者だということは忘れないようにしたいですね。 とか言いつつ、僕もまだ結構若いんですけど(笑) ではではー。 ...more»
Page 12 of 12:« First« 9 10 11 12
bottom-img

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function ereg_replace() in /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1) : eval()'d code:1 Stack trace: #0 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1): eval() #1 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template.php(688): require_once('/home/philosoph...') #2 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template.php(647): load_template('/home/philosoph...', true) #3 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/general-template.php(76): locate_template(Array, true) #4 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/archive.php(151): get_footer() #5 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template-loader.php(74): include('/home/philosoph...') #6 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/ph in /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1) : eval()'d code on line 1