UA-32556480-1
top-image

Archives for 哲学

アナタがいるから私がいる
  今回はちょっと変な方向に話を進めてみます。 タイトルを読んでもらえればお分かりのように 今までと雰囲気が違いますよね? スピリチュアルっぽいというか、なんというか・・・。 一般に女性に好かれそうなタイトル(笑) 一見するとそんな感じなんですが、僕の書く文章が そんなものになるはずもなく(笑)メインの内容は 社会心理学的な話になります。 残念(笑) 僕も決してあっち系が嫌いなワケじゃないんですけどねー。 スピリチュアルとかオカルトとか錬金術とかって 深く勉強すると実は結構面白いんで。 ただ、現段階ではまだ触れられない、というのが 僕の立場です。 なので、そのうちそーゆー話も出てくるかもしれません。 さてさて。 今回の話はジョージ・ハーバード・ミードって人の 【I】と【Me】という概念がメインになります。 ってかそれしか書きません(笑) 【I】と【Me】については後で詳しく説明しますが、 要は「自分って何なの?」みたいな話です。 現在、【やりたいことが分からない】という悩みと ほぼ同じぐらい多くの人が悩んでいることに 【自分が何なのかが分からない】 というのがあります。 「自分探しの旅」や「自分探し病」などの言葉に 代表されるように、みんな何かしら自分というモノを 見つけようとしている。 これにも相対主義が影響しているのはもはや言うまでも ありませんが、そんなことを知っている人は 迷わないワケで、知らないからみんな右往左往して しまっているワケです。 今から紹介するミードが相対主義に対する問題意識を 持っていたかどうかは僕が不勉強なせいで分かりません。 でも、彼の思想は僕に相対主義「解明」の大きなヒントを 与えてくれました。 (あくまでも「解明」であって「解決」ではない) 彼が提唱した概念で有名なのは、上に書きましたが 【I】と【Me】という概念です。 【I】とは個人的自己のことを指します。 これは何ていうか「これが自分だ!」みたいな 自分像みたいなものです。 アイデンティティと言えば伝わるかな。 【Me】とは社会的自己、つまり自我のこと。 これは周りから見た自分、もしくは、周りに 見せている自分がそれです。 客観的自己と言い換えてもいいかもしれません。 通常、この個人的自己と社会的自己は個別に存在すると 考えられています。 特に日本人は「本音と建て前」という言葉があるように、 個人的自己は内に秘め、社会的自己を外に出す、 というのが通例、というか文化です。 つまり【I】と【Me】は完全な別物として捉えられている。 しかしミードが言ったのは、これとは発想が違うんですね。 彼が【I】と【Me】の概念の中で言っているのは 【Me】から【I】が形成され、その【I】がまた【Me】に 反映される、という循環の繰り返しで【私】は作られて いるんだ と。 より簡単に言えば、 【見られる自分】がいなければ【見る自分】は存在しないし、 【見る自分】と【見られる自分】は相互に影響を与えながら 【私】を作り出している ということです。 全然簡単になってなかったらごめんなさい(苦笑) ところで。 「人間は一人じゃ生きていけない」 なんてことが巷ではよくささやかれたりしていますが、 これの意味って分かります? あ、いや、これは別にバカにしてるんじゃなくって 純粋に聞いてます。 これって、よく言われるのは 「必ず誰かの作った道具を使ってるから」とか 「完全な自給自足は不可能だから」みたいな 物理的な問題だけですよね。 確かにその答えも間違いじゃないと思うんですが、 今回のミードの考え方を踏まえれば、それが本質的な 答えではないことがよく分かると思います。 人間が一人で生きていけないのは 「何かしらの物理的な問題が生じるから」 ではありません。 【アナタ】がいなければ、そもそも【私】が 存在し得ないからなのです。 つまり 【私(個人的自己)】には【アナタ】が必要 なのです。 【人間】って本当によく出来た言葉だなー、と 僕は最近になってようやく気が付いたんですけど、 なんで【人間】は「人」の「間」って書くんだと 思います? 【人の間】ってことは、最低でも2人以上の「人」が 必要だってことなんですよ。 つまり、「アナタ」と「私」が必要なんです、 【人間】であるためには。 しかも【間】ってことは、そこには関係性がないといけない。 それは親子かもしれないし親戚かもしれないし 師弟かもしれないし友人関係かもしれない。 とにかく何でもいいから2人以上の人が存在し、 そこに何かしらの関係性が存在しないと 人は【人間】でいられない、ってことなんです。 仮にその場に2人の人がいたとしても、その2人の関係が 完全な他人であれば【間】に何も存在しません。 だって「他人」っていうのは関係じゃないですからね。 自分とは何の関係もない人を「他人」って呼ぶワケですから そこに何か関係があればこの言葉自体が矛盾してしまいます。 要は、【アナタ】は他人ではダメだ、ってことです。 少なくとも「道を聞いてきた人」とか「ハンカチを 拾ってくれた人」とかそーゆー関係がないと 【アナタ】にはなり得ないのです。 ここまで話せば、なんとなく 【アナタ】がいるから【私】がいる っていうのは分かってもらえました? そこで。 この話を発展させるために、また相対主義の話を 思い出してみましょう。 もう聞き飽きたと思いますが、相対主義は他者に無関心な人を 生み出し、「アナタはアナタ、私は私」という価値観を われわれに植え付けました。 そこから導き出されるのは、他者との関係を失った孤独な【私】。 誰からも邪魔されず自由である反面、誰からも関心(関係)を 持ってもらえない孤独な存在が現代の【私】です。 ってことは、現代の【私】は段々と【見られる自分】を 作る機会が減ってきているワケですよ。 だって関心(関係)のない相手に対して「見られること」を 意識する必要はないですからね。 職場ではテキトーな服装だけど恋人に会うときは 特別な服を着る、なんていうのはその典型。 同様に、電車の中で化粧ができちゃうのも「周りから見られる」 という周りへの関心(関係)を失ってしまっているからです。 そこには【見られる自分(Me)】が存在しない。 つまり、電車の中で化粧をしている【私】は 誰でもない【私】なのです。 (それは【人間】ではなく【人】なのです) 伝わったかなー・・・(苦笑) これが分かれば、なぜ自分を探す人が増えているのか、 という疑問も簡単に理解することが出来ます。 一言で言えば、それは みんながみんなに関心(関係)を持たなくなったから です。 より大きく言うと、相対主義という悪魔によって われわれの関係性が希薄になってしまったから。 【人間】が【人】になろうとしているからなのです。 【アナタ】がいるから【私】がいる 何度も書いてますが、今回の話はホントにこれだけです。 自分という存在は他者との関係によって保証されている。 これは今の時代の重要なキーワードなので 忘れないで欲しいと思います。 ではでは。 ...more»
ホセ・オルテガ・イ・ガセットとは
  ホセ・オルテガ・イ・ガセット スペインの哲学者です。 日本では著書『大衆の反逆』がもっとも有名です。 『大衆の反逆』はこの手の本にしては非常に読みやすいので是非とも読んで欲しいんですが、読みやすいという理由を除いても野蛮人を相対主義者にたとえて言及している点は現代にも通ずる重要な視点です。 他の著作は主に全集におさめられているため普通の本屋ではまず見かけることはないと思います。 かくいう僕も全集はパラパラと目を通した程度なので、中身はほとんど知りません。 名のある哲学者にありがちな、常軌を逸した逸話もチラホラあります。 『大衆の反逆』の解説によると、幼いときに4時間程度でドン・キホーテ(世界で2番目に売れている本)の一章をすべて暗記したとかなんとか。 値段の100倍以上の価値はあると思いますので、ぜひ買って読んでみてください。 ちなみに、どーでもいい話なんですが、ガダマーの自伝に3行だけオルテガが出てきます(笑) よかったらそっちも併せてどうぞ。 ...more»
ハンス・ゲオルク・ガダマーとは
  ハンス・ゲオルク・ガダマー。 ドイツの哲学者です。 解釈学と言えばガダマーと呼ばれるぐらい解釈学の権威として有名。 解釈学というのは、その名の通り、人の解釈を研究する学問です。 最初(ディルタイの頃)は文章とか物体なんかを主な対象にしていましたが、ハイデガーやガダマーの頃になると人間個人の「先入見」や「理解」というものが主な研究対象になってきています。 彼の著書で有名なのは『真理と方法』。 哲学書の中では難しい方に入ると思います。 自伝は比較的よみやすい方ですが、個人的にはあまり面白いことは書かれてなかったような記憶があります。 「15歳のときはカントが難しすぎて読めなかった」という発言に親近感を覚えた、というぐらいでしょうか(笑) 『真理と方法』を読むときは、とりあえず『地平融合』という言葉だけでも覚えておくといいかもしれません。   ...more»
ベーシックインカムとバーリンの自由論
  GMがついに破産申告しましたねー。 リーマンの倒産といいGMの破産といい、 いよいよ近代企業崩壊の時代か、といった 雰囲気をかもし出している今日この頃ですが、 いかがおすごしでしょうか? 時代が大きく変わろうとしているのはもう誰の目にも 明らかだと思います。 中でも一番目立っているのは自動車産業ですね。 お国はこの自動車産業を支えようと高速道路を千円に してみたり、エコポイント制度を取り入れてみたり 必死こいてますが、ガタがくるのは時間の問題でしょう。 だって時代が求めてないんだから。 ただトヨタやホンダを倒産させてしまうのは さすがにマズイだろなぁ・・・。 では本日の本題へ。 今日はいつもよりもやや小難しい話を書いてみようかと 思います。 あ、いや、これは別にわざと小難しい話を選んでいるワケではなく、 たまたま書きたいと思ったテーマが多少難しいものだった、 というだけの話なんですけどね。 で。 早速話に入っていきます。 まずはタイトルにある「ベーシックインカム」とはなんぞや、 という話からしていきましょう。 ベーシックインカムとは、国が国民全員の最低限の 生活を保障しよう、という考え方です。 これは生存権とか基本的人権とかそーゆーのじゃなくて、 もうちょっと現実的に 「贅沢しなけりゃ暮らせるぐらいのお金はあげます」 みたいな。 もっとリアルに言えば、毎月10万円あげるから 今より贅沢したいと思ったときだけ自分で頑張って 稼ぎなさい、という感じ。 (かなり極端な例ですが 苦笑) パッ見はびっくりするぐらい社会主義的なんだけど、 深く探るとどうやらそんな単純な話でもないらしいです。 さて、ベーシックインカムの説明は取り敢えず置いといて、 続いてはバーリンの自由論の説明。 バーリンが何者なのか、というのはウィキペディアで 調べてもらうとして、彼の自由論は知っておく価値が あると思います。 バーリンの提唱している自由論は【積極的自由】と 【消極的自由】という2つの概念から成り立っているんですが、 これがねー、結構面白いんですよ。 【積極的自由】というのは「~への自由」と表現され、 僕は「今持っている自由を広げる自由」という風に この概念を捉えています。 対する【消極的自由】というのは「~からの自由」と表現され、 これも僕は「今持っていない自由を獲得する自由」という風に この概念を捉えています。 僕が思うに前者は【自然権的自由】、後者は【市民権的自由】 ではなかなー、と思うんですよね。 やや単純化し過ぎてるかもれませんが。 これらを言い換えるなら【人間としての自由】、【市民としての自由】 という感じでしょうか。 人間として自由を捉えたとき、そこに規制(法)はありません。 よくも悪くもそこは無法地帯。 ボッブズやルソーの話はここでは出しませんが、 自然状態では人間の自由は本人に依存します。 分かり易く言えば、全てが自己責任、ってことです。 ご飯が食えなくてもいきなり誰かに殺されても 自分を守れなかった自分が悪い。 逆に何を奪おうが誰を殺そうがやられたヤツが悪い、 という理屈も通用してしまうのがこの自己責任論です。 これがバーリンの言う【積極的自由】だと 僕は個人的に思っています。 【積極的自由】 = 【自然権的自由】 とまでは言わないものの、それに近いものを 僕は感じています。 ただ積極的自由は「私」が「我々」に発展した際に 全体主義を生み出す危険性があるとして、 この思想に反対している学者が多いとか。 ま、今はそんなこと気にせず好き放題書きます(笑) 続いて。 僕の言う市民としての自由というのは 法律を守った上で成り立つ自由のことです。 こっちの方が一般の人には馴染み易いと思いますが、 要するに一般の人がイメージする自由のこと。 公園で遊ぶとか、スーパーで買い物するとか、 転職するとか、家を持つとか、そんなのです。 これが【消極的自由】なんじゃないかと。 これも 【消極的自由】 = 【市民権的自由】 とまでは言い切れませんが、個人的には かなり近いものを感じます。 ここからがやっと本題(笑) じゃあ我々が求めるべき自由は何なのか。 それを考えていってみます。 まずは日本の一般論として、 「お金があれば働かなくていい(自由になれる)」 と思っている人は大勢いると思います。 そう思ってなければ宝くじなんてものは 売れないでしょうから。 ではベーシックインカム制度が導入されたと仮定して 生活に必要な最低限の収入が保証されたとしましょう。 (これに伴うリスクは取り敢えず今は考えません) これで労働という束縛から解放されました。 働かなくても生きていくことが出来ます。 でも、これって本当に自由なんでしょうか? 「労働からの自由」というのを当てはめれば これはバーリンの言う消極的自由を 獲得したことになります。 ただいくら働かなくてもよくなったからと言っても 車や家や服なんかは欲しいですよね? というか、贅沢したいときはありますよね? この時点で今度は「買えない不自由」 という拘束(壁)が登場するワケです。 働かなくてもいいけど、買いたいものが買えないんじゃ それは自由とは言えないんじゃないか、と。 じゃあ今度はベーシックインカムを更新した スーパーべシックインカム制度を導入したと 仮定しましょう(スーパーって何なんだ・笑) あなたの口座には毎月100万円勝手に振り込まれます。 夢のようですね。 お国さまさまです。 これならちょっと節約して生活すれば車も買えるし、 2年ぐらい貯金すればキャッシュで家が買えます(笑) これで多分お金の拘束からは解放されました。 じゃあこれで本当の本当に自由になれたんでしょうか? そういえば、俺、モテないじゃん・・・ 今度はなんと、恋人がいないという人間的な障壁が 浮かび上がってきました。 ちなみにこの拘束から解放してもまた次が出てきます。 で。 最終的に行き着くのが、全部手に入れたけど、 何か物足りないなー、という障壁(感覚)。 ここからが積極的自由(自由を広げる)の世界です。 ただ注目して欲しいのは、この積極的自由な人間は 通り魔殺人的にバンバン人を殺したりするのか、ってこと。 人のモノを奪ったり盗んだりするでしょうか? 僕が思うに、多分そんなことはしないと思うんですよ。 つまり、この時点で積極的自由の概念が変わっていることに 気付いて欲しいのです。 単純に積極的自由と消極的自由の話をする場合には 両者は対立するものとして扱われていますが、 僕が思うに、本当の意味での積極的自由というのは 消極的自由を踏まえて乗り越えた状態ではないかと 思うんですね。 アウフヘーベン的に。 自己理性的自由と言い換えてもいいかもしれません。 自らの理性(善)に従って、自らの欲求(目標・壁)を設定し、 自らの努力によって自由(可能性)を広げていく。 これを目指すべきじゃないかと僕は思うワケです。 そしてそして。 ここから話は急展開するんですが、ベーシックインカムなんかに 頼ってちゃ、その自由というのは獲得出来ないんじゃないか、 というのが今の僕の見解です。 前提全崩し(笑) 今までの話は何だったんだ、って感じですが お許し下さい(笑) というか、そもそも論としてベーシックインカム制度は 上手くいかない、というのが僕の立場なんですよ。 まぁ根拠は色々あるんですが、ひとつ大きいのは 経済的に平等な社会は個人的に不平等な社会だからです。 仮に毎月10万円を国民全員がもらえるとして、 その税はどこから徴収されるかというと、 一生懸命働いた人から徴収されるワケですよ。 反面、働いてない人は税金を払わずに毎月10万円もらえる。 これのどこが平等なんだ、と。 典型的な社会主義崩壊の公式です。 ただまぁこれはベーシックインカムの考え方を 単純化し過ぎているので、利他主義なんかを 取り入れていけば上手くいく可能性もあります。 難しいとは思いますが。 とにかく。 与えられた自由というのは、結局自由でも何でもないんだ、 ということが僕は言いたいのです。 それは自由を与えたと見せかけた拘束に過ぎません。 もうこれ以上深くは突っ込みませんが、 日本の民主主義は本当に【民主】主義なのかというのを 考えれば自ずと答えは見えてくると思います。 そして本当の自由とは、自ら壁を乗り越えた結果としてしか 手に入らないんだということを分かってもらえればなー、 と思う次第です。 長々と読んで頂き、ありがとうございました。 ...more»
リクルート就活人気ランキングに見る時代性
  先日の朝、たまたま「とくダネ」のオープニングで 小倉さんが就活人気ランキングについて 喋っているのを見ました。 その情報によるとリクルートの調査では、どうやら今年は インフラ関連の企業に人気が移り、 大企業がやたら不人気になっている、とのこと。 一応ヤフーでも確認しましたが、やはり似たようなことが 書かれていました。 いやはや、いよいよここまで来たか、って感じですね。 ちょっと前に大阪市(だったかな?)が中途雇用の 求人を出したら倍率が300倍ぐらいになった、 みたいなニュースがありましたが、その状況と 似ています。 この理由を問えば誰もが 「不況だから」 と答えるでしょうが、それって考えて出した 答えですか?と僕は問いたい。 世間がニュースが偉い人達が「不況だ」とか言ってて、 トヨタやパナソニックみたいな大企業が業績不振で、 バタバタと企業が潰れるからインフラを選ぶんでしょうか? それはちょっと短絡的過ぎやしないかい?と 僕なんかは思ってしまうワケです。 なぜそんなことを思うのか。 それはあまりにも【時代性】というものが 見過ごされているからです。 では、ちょっとだけ平成という時代を振り返ってみましょう。 まず、平成バブルと呼ばれていた時代。 僕が小学生になるぐらいまではバブルだったはずなんで、 大体17か18年前といったところかな。 この頃はどこも羽振りがいいから民間企業の人気が分散。 企業の内定合戦なんて言われて学生の内定を奪い合うぐらい どこの企業も潤っていました。 つまり、中小企業も人気があり、逆に好景気の恩恵を 受けられない公務員は給料が安いと見下される傾向すら あったワケです。 そのバブルが終わり、90年代後半。 今度は平成不況と呼ばれる時代に突入します。 大企業も方向転換をやむなくされ、 ソニーがプレイステーションというゲーム業界に 殴りこみをかけたのもこの時代。 ソニーは当たりましたが、セガは大ハズレでした。 あと、任天堂もかなり苦しんだ時代です。 この頃は何が人気だったかというと、 主に公務員。 今度はみんな安定を求め始めたワケです。 そういえばデカイ金融機関が潰れたのも この時期でしたねー。 バブルを経験していない僕ら世代にとっては 銀行が潰れることはもはや常識なんですが・・・。 00年代前半になると「ほりえもん」の登場を筆頭とする、 ベンチャー企業人気。 なぜかは知らないけど 「今はベンチャー企業が熱い!」 みたいな風潮が世に出始めました。 この頃は中小企業というよりも 出来て間もないベンチャー企業が人気で 大企業に就職出来るような高学歴の人でも ベンチャーに乗り込むことが案外多かった。 んで、今。 00年代後半。 インフラ企業が大人気。 まさに時代が反動で動いていると思いません? 不安定 ⇒ 安定 ⇒ 不安定 ⇒ 安定 って。 詳しくは【未来を予見する5つの法則】って本を 読んでもらいたいんですが、要は 時代は反動を利用して形を変えながら繰り返す ってことが言いたいんです。 中小企業や大企業 ⇒ 公務員 ⇒ ベンチャー ⇒ インフラ ってね。 例えば公務員もインフラ企業も安定しているという意味では 一緒ですが、種類は全然違います。 つまり、【安定ブーム】(?)が形を変えて返ってきた、 と見ることが出来る。 今が安定志向ということは、恐らく次はその反動で 【不安定】なモノに人気が移るだろう、と ある程度予想できてしまうワケです。 中小企業や大企業、ベンチャーでもない不安定な就職先というと 次は恐らくは【起業】ではないかと僕は踏んでいます。 ホントに当たりそうで恐いですが、 結構自信あります(笑) いつなのか、っていうのは分からないですけどね。 まぁ1~3年後ぐらいじゃないかな。 日本が段々をアメリカ型に移ってきているのは もう明らかだし、アメリカと言えば起業大国ですから。 そんな感じでございます。 朝の報道番組も案外役に立つもんだ(笑) ではではー。 ...more»
Page 12 of 12:« First« 9 10 11 12
bottom-img

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function ereg_replace() in /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1) : eval()'d code:1 Stack trace: #0 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1): eval() #1 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template.php(688): require_once('/home/philosoph...') #2 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template.php(647): load_template('/home/philosoph...', true) #3 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/general-template.php(76): locate_template(Array, true) #4 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/archive.php(151): get_footer() #5 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-includes/template-loader.php(74): include('/home/philosoph...') #6 /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/ph in /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/themes/keko/footer.php(1) : eval()'d code on line 1