前回は「現実を現実的に生きる」ということで、僕の思う
現実的な生き方とは何なのかをダラダラ書いていったワケですが、
今回はその現実的な生き方をよりリアルに実感するために
「お金」と「ビジネス」に結びつけて考えていきたいと思います。

前回の話をまとめると

「現実を現実的に生きる」とは、死ぬ可能性を自覚しながら
生きることであり、それはいつ死んでも後悔しない、つまり
常に【やりたいことだけをやる】人生を歩むことである

という感じでしたね。

上記を僕は一言で「現存在になろう」みたいに書いたワケですが、
じゃあ現在の日本において現存在たる生き方をするにはどうすれば
いいのか。

そこでまず考えたいのは【やりたいことだけをやる】生き方をすると
実際、人間はどうなるのかです。

あなたが熱心な読書家なら分かると思いますが、例えば
本というのは読めば読むほど「誰かと内容を共有したい」
という欲求が湧いてきます。

「あの小説のあのシーンは衝撃だった」とか「あの哲学者の
思想は凄いよね」なんてことを言う必要もないのに言いたく
なってくる。

これは本に限らず、自分が面白いと思うもの全てに共通します。

映画でもマンガでもスポーツでも何でも、自分が熱中するものは
どこかで必ず「誰かにこの魅力を伝えたい」という欲求が
湧いてくるものです。

mixiのコミュニティや色々な人のブログを見れば、その傾向は
明らかですよね。

「どこそこのラーメンが旨い」とか「誰々の歌がカッコイイ」とか
「最近やった何々というゲームが面白い」とかとか。

(僕を含め)彼らは、自分の好きなことや自分が好きで
やっていることを話したくて話したくてしょうがないのです。

これは裏を返せば、それだけ「伝えたい」ということ。

自分ひとりで満足できるなら、誰に話す必要もないし、
話したくなる理由もないワケですから当然ですね。

つまり、それがたとえyoutubeや登山であっても、本気でやりたいと
思っていることであれば、やり続けているうちに、それはどこかで
「それを伝えたい欲求」へと変化していく、ということなのです。

これが現実。

じゃあ上記を前提に考えたときに【やりたいことだけをやる】生き方が
そのまま進むとどうなるかを考えてみましょう。

重要なのは【やりたいことだけをやる】が「~し続けたい」から
「~を伝えたい」欲求に変化する、という点です。

それはさっきも書いたようにyoutubeでも水泳でもマンガでも
ダンスでも何でもそう。

最終的には「この魅力を伝えたい」「この魅力を分かって欲しい」、
つまり世界を巻き込む欲求へと変化するのです。

となると、次は自然な流れとして

「より多くの情報をより多くの人に正確に伝えるためには
どうすればいいのか」

という問いが生まれてきます。

その流れでこのブログが出来たことは言うまでもありません。

伝えたくて伝えたくてしょうがないから、ブログで記事を書いて
それで何とか自分を満足させようとしているワケです(笑)

今の時代なら、限られた時間と無料の媒体だけでも
それなりに多くの人に自分の伝えたいことを伝えることは
可能です。

しかし「より多くの情報を」「より多くの人に」伝えるとなると、
どうしても時間的な制限は無くさないといけないし、時間的な
制限を無くすとなると、サラリーマンとかはやってられないし、
そうなると日々食べていけるだけの最低限のお金はどうするのか
という話。

さらに文章から音声配信へ、音声配信から動画配信へと
「伝えたいもの・こと」の質を上げていくには、より多くの
お金が必要になります。

つまり、ここに現存在における「ビジネス」や「お金」の
必然性が生まれてくるワケです。

今を後悔せずに生きるには、今を全力で生きるしかありません。

しかし、いくら気持ちが今を全力で生きようと思っていても
腹が減っては(お金がなくては)戦は出来ない。

お金が無いことによって、自分の家族や大切な人を
救えなかったなら、いくら好き勝手に暮らせていたとしても
恐らく僕らは後悔するでしょう。

ということは、現存在で在るためには「絶対に」お金は
必要なのです。

ただ、お金優先で生きていたのでは、現存在的な
【やりたいことだけをやる】生き方にはなりえない。

だから現存在には自分のやりたいことをビジネスとして成り立たせる
(自分への)義務があるのです。

そして何より、現存在という生き方(在り方)そのものを
ビジネスにすることこそが人々の助けになり、しいては
世界のためになるのです。

たとえそれが一般に「下らない」と言われているものであってもね。

僕はビジネスはガッポリ儲けるために必要なのではなく、
現存在として在るために必要なんだと思っています。

自分の理想を実現するため、自分が自分らしくあるため、
そのためにビジネスというものがあるんじゃないかと。

だから僕は万人がビジネスを学ぶべきだと思うんです。

それは主婦でも学生でも老人でもみんな。

だって、どうせ生きてるんなら、後悔しない人生を
精一杯生きたいじゃないですか。

誰も助けられない人間よりも、1人でも多くの人を
助けられる人間の方がカッコイイじゃないですか。

少なくとも僕はそう思うから。

追伸

誤解されては困るので念のために書いておきますが、
ここで使っている【現存在】とハイデガーの言う厳密な
意味での現存在はかなり内容が異なります。

もちろん本質は同じですが、詳しくは哲学3大難解図書に
挙げられる「存在と時間」をご参照下さい(笑)