前回「敏感になれ」という話が出てきたので
今回はそれをもうちょい深く掘り下げて

「どうやったら敏感になれるのか」

みたいな多少具体的な話をしてみようかと思います。

本当はこの手の具体的な話は(思考の妨げになるから)
あんまりしたくないんですが、今回は特別にちょっと遅い
僕からのクリスマスプレゼントとして(笑)
書くことにしました。

たまには甘やかしてもいいか、的な(笑)

よかったら受け取って下さい(笑)

んじゃ今日も張りきっていきましょう!!

まずは復習から。

前回の話は大きくまとめれば「継続できるのは得たものを
失いたくない不安があるからであり、何よりもその不安を
敏感に感じ取って生きているからである」という話でした。

筋トレを続けられるのは、筋トレで得た筋肉を
失いたくないし、体の衰えを敏感に感じているから。

勉強を続けられるのは、勉強で得た「何か」を
失いたくないし、脳の衰えを敏感に感じているから。

そんな話でしたね。

じゃあそもそも【敏感】って何なんでしょ?

敏感というのは、平易な言葉で言い直せば
「感じやすいこと」ですよね。

はい、そこ、変なこと想像しない(笑)

「感じやすい」は「感じる度合いが強い」
とも言い換えられます。

なので、辞書的な意味はどうか分かりませんが、
ここでは取り敢えず

【敏感とは、感性が強いこと】

と定義しておきましょう。

じゃあ感性とは何なのか。

これは僕は

【いかにあらゆる対象に疑問を抱けるかの度合い】

だと考えています。

例えば。

ある日、セバスチャンは道端に咲いた花を見て

「この花、何ていう花なんだろ?」

という疑問が浮かびました。

しかしセバスチャンの隣にいた染五郎は同じ花を見て

「この花、何ていう花なんだろ?」
「花びらは5枚かぁ、何か品種に関係してるのかな?」
「こっちは赤だけどあっちは紫だ、なんで色が違うんだろ?」
「そういえば形も微妙に違う、ってことは別の品種なのかな?」

という疑問が浮かんでいました。

この場合、染五郎の方が感性が強いってことです。

これは単純に「染五郎の方が疑問がたくさん浮かんだから」
という理由もありますが、それ以前に染五郎は1つの花を
いろんな角度から見てるし、いろんなことを感じています。

つまり、セバスチャンと染五郎では興味・関心の強さが
明らかに違うし、何より1つの対象から得ている情報量が
圧倒的に染五郎の方が多い。

ここで言う【敏感】とはそういう感性の強さ、
すなわち興味・関心が強く且つ疑問が次々に
湧いてくる状態のことなのです。

ここまで書けば僕が「敏感になれ」と言った意味も
分かってもらえたと思います。

そう、それは

「いろんな対象に興味・関心を持って疑問を抱きまくれ!」

ってことなんです。

だって、たったそれだけで継続は出来るようになるし、
他人の知りえない情報も得られるようになるし、
その他お得な特典がいっぱい付いてくるんだから。

ただ、いきなり

「宇宙に興味を持って下さい」
「はい、興味を持ちました」

みたいなことは絶対にできません。

人間だもの(笑)

じゃあどうすればいいのか。

感性は訓練で【磨く】のです。

というワケで、ここからは

【より多くの対象に興味・関心を持つための訓練法】

を紹介します。

訓練法は2つ。

どっちも非常にシンプルです。

1つは【経験をとにかく増やす】です。

特に、今まで興味・関心が「無かったこと」を
重点的に経験するようにして下さい。

比較的分かり易いのは、異性にとって関心や興味の
ありそうな分野を調べたり経験したりすること。

男性なら少女マンガを読むとか、美肌関連の書籍を読むとか、
化粧品売り場で店員さんと話してみるとか、女性しか
いないような飲食店で食事をしてみるとか・・・。

女性ならガンダム専門誌みたいなのを読むとか、
男性ファッション誌を読んでみるとか、
吉野家に行って一人で牛丼を食べてみるとか・・・。

もちろん異性に関連しない分野でも今までの自分とは
関わりのない分野なら何でも大丈夫です。

これをやることで興味・関心の無い分野に対して
興味・関心が湧きやすくなります。

「知らない分野を見つけると嬉しくなる」という
レベルになれば言うこと無しです(笑)

もう1つは【無理やり疑問を絞り出す】です。

これは「とにかくやれ」としか言いようがないんですが、
どんな対象でもいいので【なぜ】【なに】【どうやって】と
問いかけて下さい。

出来る限りたくさん。

目の前のものを見て、

「なぜここにヘッドフォンがあるのか」
「なぜ携帯を充電しないといけないのか」
「なぜキーボードを打つと文字が出るのか」
「なぜ自分はブログを読んでるのか」
「カロリーって何だろう?」
「コレステロールって何だろう?」
「なぜコレステロールは少ない方がいいんだろ?」
「紙ってどうやって作られるんだろ?」
「ボールペンってどうやって作られるんだろ?」

こんな感じで考える。

この際、疑問に対する答えは後回しで構いません。

とにかく最初は深い疑問を出すよりも数を出すことを
意識して下さい。
(数が出るようになったら深く掘り下げる)

これを繰り返していくと、無意識でいろんな対象に
疑問が湧くようになります。

「気が付いたら考えてた」みたいな状態になれば完璧です。

上記2つの訓練を積むことによって無関心の領域を減らし、
あらゆる対象に疑問を抱き易い感性が得られます。

今回のテーマに沿わせて言えば【敏感になれる】
ってことです。

もちろん信じる信じないはあなたの自由だし、
紹介した訓練をやるやらないもあなたの自由。

気が向いたらお正月休みにでもどうぞ。

あ、そうそう。

そういえば数ヶ月前に【やりたいことを見つける方法】
という記事を書いたのを覚えているでしょうか?

実は先日、この方法を実践してくれた方から、
メールが届きました。

内容は苦情ではなく(笑)

「現段階でも答えは出たんですが、今のままだと抽象的過ぎて
実感が湧かないので、もっと具体的にやりたいことを突き詰める
方法を教えてくれませんか?」

というもの。

いやー、世の中捨てたもんじゃないですねー(笑)

彼には追加のアドバイスをしたんですが、それもしっかり
実践してくれたらしく、前にメールをくれたときよりも
答えが明確になっていました。

彼ならきっと「本当に」自分のやりたいことを
見つけられると思います。

ちなみに。

その彼は高校生だそうですよ。

ではでは。

追伸

来年はセミナーをやろうかなー、なんてことを
考えています。

テーマは【やりたいことを見つける方法】的なもの。

初回(最初の何回か)は無料でやる予定です。

募集人数は5~10人程度の超少人数制。

場合によっては参加者3人とかでもやろうかと
思っています。

場所は大阪。
(もしかしたら京阪神のどこかになるかも)

日時は完全に未定(平日が有力)です。

時間は2~3時間ぐらいかなー。

まあその辺は参加者数と意識の高さで決めます(笑)

なぜ今更【やりたいことを見つける方法】なのか。

ブログの記事にあれだけ詳しく書いておいて、
それ以上話すことがあるのか。

その辺は時期が来たら話します。

事前仮予約を受け付けますので、ご希望の方は
その旨メールで送っといて下さい。

早い者勝ちではありませんが、僕の気分次第で(笑)
募集をいきなり打ち切るかもしれません。

詳細は追って連絡します。

そんな感じで、来年もよろしくぅー!!