Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/philosophia/philosophia-style.com/public_html/blog/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

 

前回書きましたが、最近Twitterなるものにハマってまして、
その影響で段々とブログに手がつかなくなる状況に陥っています。

Twitterってねー、ホントに凄いんですよ。

今までの僕は毎日毎日思うことを頭に溜めていって
ブログでまとめて吐き出すということを行っていたんですが、
それがTwitterの登場によって一変しました。

Twitterというのはその瞬間に思ったことを
吐き出せる媒体なんですね。

一度に書ける文字数に140文字という制限はありますが、
普通に考えていることを吐き出すには十分な量です。

ブログ同様、何を書くかは個人の自由。

例えば

「あー、腹減った」

みたいなどーでもいいことを書いてもいいし、
世の中に訴えたいことを書いてもいい。

僕なんかは自戒の言葉を書いたりしてますが、
完全に独り言の領域だから基本的には何を書いても
許されます。

そして僕が最も革新的だと思うのは、
文脈を一切気にしなくてもいい、ってところです。

つまり、思ったことを「まとめる前」に吐き出せる。

恐らくこれが一般のTwitter使用者がTwitterにハマる
心理的な理由だと思います。

少なくとも僕はそうです。

ブログを書く作業では「まとめる」という工程で、
文脈をちゃんと意識して1つの記事にする必要が
ありました。

さっきの例のように

「あー、腹減った」

と書くにしても、そこには「お腹が減った理由」や
「何を食べたいのか」など他の要素に繋げて書かないと
文脈が成り立たないために、すべてを考えてから
記事を書かなくてはならない、といった暗黙のルール
みたいなものがあったワケです。

言い換えれば、ブログは好きなことが気軽に書ける、
ということから一大ブームが起ったワケですが、
実際、蓋を開けてみれば案外気軽でもなかった、
ということ。

それはやはり「文脈を考える」つまり「まとめる」
という工程(拘束)があったからでしょう。

その点、Twitterはホントによく出来ています。

いや、今の時代にマッチしている、と言った方が
より正しいかもしれません。

何を以って今の時代にマッチしているのかと言えば、
それは「文脈を意識しなくていい」という点。

「あー、腹減った」

と書いた次に

「ポストモダニズム建築は素晴らしいと思う」

なんてことを書いてもTwitterでは許されます。

まあ許すも何も独り言なんだから何言ってもいいのは
ある意味当然。

もちろんネット上で公開されていますから
倫理的・道徳的にマズイことは言えませんけどね。

それでも、それさえ守ればホントに何でも言える世界が
Twitterの出現によって「完成されてしまった」のです。

Twitterは今や、企業が注目するメディアのトップに
なろうとしています。

なぜそんなに注目を集めているのかと言えば、Twitterは
リアルタイムで人の気持ちが反映されるメディアだからです。

今その瞬間に人々は何を悩み、何を考えているのか。

善くも悪くもそれが分かってしまうメディアなんですね。
(見る人が見れば、の話ですが)

だから例えば自分の営業先の人をフォローしとけば、
その人が困った瞬間に営業を仕掛けることも出来るし、
自分の商品では助けられないのなら、
ジョイントベンチャー的に他の企業の紹介とかも
出来てしまうワケです。

もちろんもっと細かく、「胃が痛い」と悩んでいるときに
効く胃薬を教えてあげたりもできるかもしれない。

人間関係やビジネスにおいては、そういう可能性を
秘めています。

しかし。

物事には表と裏があるもんで、Twitterにもやっぱり
デメリットがあると思うんですね。

それが先に書いた「文脈を意識しなくていい」
というところ。

まず、文脈とは何かを考えてみましょう。

文脈とは簡単に言えば、その場の雰囲気、のことです。

例えばここに一言

「お前が好き」

という言葉があったとします。

この言葉だけを読むと、目の前にいる相手のことが
好きなんだろうな、ということを想像すると思います。

でも、この「好き」が冗談なのか本気なのかは
この時点では分かりません。

それはその「場」のシチュエーションが分からないからです。

デートの最後に海辺で言われたなら恐らく本気でしょうし、
お笑いの話をしているときに急に言われたなら冗談かもしれない。

ひょっとしたら演劇の練習中に言った
台本のセリフということも考えられます。

これが文脈です。

同じ「好き」という言葉なのに、その時の文脈によって
意味が全く違ってくる。

別の言い方で「空気」と言われたりもします。

少し前に流行ったKYというのは、この文脈が
うまく読めない(本気か冗談かが分からない)人を
指すワケです。

さあ、ここで話を戻します。

結局「文脈を意識しなくていい」というのは
どういうことなのか。

一般的な言葉で言えば、それは

「空気を読まなくてもいい」

ってことです。

「空気を読まなくていい」ということは、
「空気を読む能力が必要ない」もしくは
「空気を読む力が育てられない」というのと同義。

つまりTwitterが普及するほど

【KYが続出する可能性がある】

と。

僕はそう感じています。

もちろんTwitterをやっている人でも、ちゃんと文脈を
意識して1つの文章のようにつぶやいている方もいます。

ただ、それでも相手(フォロワー)との関係性は
ほとんど無視されている。

相手が何をつぶやいていようと、自分のつぶやきが
変わることはないですからね。

多少影響を受けることはあっても、相手の文脈に沿って
自分のつぶやきを合わせることはほぼありません。

そこにあるのは【お手軽な自己との対話】と
【自己顕示欲の解消】だけ。

結局のところ、自己満足しかない、ってことです。

機械的なマーケティングツールとして使ったり、
自身のショップの宣伝などに使うのであれば
話は変わってきますが、そうじゃないなら
Twitterっていうのはただの自己満足だと思います。

さてさて。

こんなことを書いている僕もTwitterにハマり出した
一人ですから、気をつけなきゃなー、と思っている
ところです。

ただねー、やってみれば分かりますが、文脈や関係性を
意識しなくていいだけでめちゃくちゃ書くのが楽なんですよ。

ホント、楽過ぎると言っても過言じゃない。

だからダメなんですよね、余計に。

楽なことってのは常に人間をダメにしますから。

便利なツールが次々と登場する世の中ですが、
その波に流されてはいけません。

マルクス主義で有名なカール・マルクスって人が

使える物が増えるほど、使えない者が増える

と非常にうまい表現を残してますが、つくづく
その通りだと思います。

便利な物に依存すると人間は退化するのです。

是非とも忘れないで下さいませ。

ではでは。

追伸

今回の記事で【文脈】と【関係性】という言葉が
出てきましたが、これはコミュニケーションを考える上で
非常に大事な概念です。

それに関連して、次回は「コミュニケーションの3つの論理」
というタイトルでコミュニケーションとは何か、みたいなものに
突っ込んでいこうかと思います。

お楽しみにー。