前回のベーシックインカム関連記事について
コメントがありましたので最初はそれに答える形で
記事を書いていこうと思います。

前にもどこかに書いたような気がしますが、
僕はベーシックインカムについては反対派です。

それは前回の最後にも書いたように、

平等を突き詰めると、不平等が起こるから

という理由から。

じゃあ平等とは何なのか、という議論はまたの機会に
するとして、とにかく、一般的な意味での平等というのは
不平等に成らざるを得ない要素を含んでいると僕は考えています。

そういった意味で前回は社会的倫理観、つまり、
「働かない」・「働けない」という側面から
ベーシックインカムについて切り込んだワケですが、
今回は

【どうやったらベーシックインカム的な制度が
上手く回るのか】

というのをメインに僕の意見を書いてみようと思います。

よかったらお付き合い下さい。

まずは、せっかくコメントを頂いたので
その辺のことについて書いてみます。

ベーシックインカムは【福祉】ではなく元々は
【配当】と考えられていた、という内容については
僕は不勉強なので何とも言えません。

ただ、福祉とは何なのか、配当とは何なのか、
と定義を明確にしようとすると、僕が調べた限りでは

福祉は、国民であれば無条件に得られる公的権利


配当は、国民であっても国に何らかのメリットを
もたらす者だけしか得られない私的権利

になるのではないかと思います。

つまり、ベーシックインカムが配当であるならば
国への貢献度によって個人個人に配当される額が異なる、
といことです。

ってことは、これを平等と呼ぶのかどうかが
重要な論点になります。

僕自身はこれは平等だと思いますが、人によっては
誰もが均等の額を受け取ることを平等と呼ぶ場合も
あるでしょう。

ルイ・エバンという人はカトリック信者の視点、
つまり【神】対【人間】という捉え方で人間を見ているので
あーゆー発想(平等)になるんだと思いますが、
結局のところ、実際に実現可能なのかどうかが
僕は最も重要だと思うんですね。

だって、そうじゃないと話が前に進みませんから。

理想とか理念とか理論を語るのはある程度の知識や思考力が
あれば誰でも出来ます。

でも、計算上は上手くいくはず、ということが
現実には上手くいかないことが往々にしてあるのです。

その理論に間違いがないかどうかはその理論内では証明出来ない、
って20世紀の知の巨人ゲーデルも言ってますしね。

というワケで、ここからは現実的な話に入っていきましょう。

やっと本題。

今までの話は何だったんだ・・・(笑)

どうやったらベーシックインカム的な制度は
上手くいくのか。

これが本題でした。

忘れてたら思い出して下さい。

ただ、こんなこと言いながら僕はベーシックインカムには
反対だと言っている。

一体どっちなんだと思われるかもしれませんが、
どっちも、です。

敢えてベーシックインカム【的な】とか
意味深な言葉を付けていたのはそのため。

ベーシックインカムは無理かもしれないけども、
ベーシックインカム的なことは出来るかもねー、と。

それが僕の立場だと思って下さいませ。

じゃあベーシックインカム的なものとは何なのか
というと、僕は【道徳】だと思っています。

前にも書いた通り、僕はベーシックインカムの
考え方は好きです。

経済的余裕を手に入れれば、人はしたいことだけをすることが出来て、
それによって生産性も上がるのではないか、という考えは、
現実的ではありませんが、実現すれば素晴らしいことだと思います。

思いますが、やっぱり現実にそんな理想のユートピアは
作れないと思うんですよ。

100万年に一度しかエラーが出ないはずだったアメリカの
金融デリバティブでさえ、サブプライムよろしく5年で
破綻しちゃったんだから。

ってことは、結局、決め事(理論)ではどう頑張っても
上手くいかないということが近年分かってきたワケです。
(昔から見て見ぬふりをしてたらしいけど・・・)

そこで登場するのが、道徳。

分かり易く言えば、人の善なる心、です。

こう言っちゃうと何か宗教っぽくなってしまいますが、
全くそんな意味は込めていません。

単に場面場面における個人の気遣いみたいなもののことです。

電車で席をゆずったり、道に迷ってる人を案内してあげたり、
そーゆーやつ。

その【心】を育てることで、ベーシックインカム的な
社会が成り立つんじゃないかと僕は思っています。

「それこそ理想論じゃないの?」

という声が聞こえてきてもおかしくない発言ですが、
僕の中でこれは理想論(ロマン主義)ではありません。

もちろん、完璧にこれを成功させることは出来ないと
思います。

ですが、8割・9割ぐらいのレベルであれば
実現可能なんじゃないか、と。

なんで実現可能だと思うのか、という話は
恐ろしく長くなってしまうので今は割愛しますが、
僕はルソー的な考え方がすごい好きなんですね。

ルソーは人間不平等起原論 という著書の中で


人間は生まれながらにして不平等である。


しかし、それ故に弱い者は強い者を見習い修練し、
強い者は弱い者を助けてやらねばならぬ。

という主旨のことを言っています。

この考え方が僕の心から離れないのです。

そして、これこそがベーシックインカム的な社会を
実現するための一つのキーだと思っています。

【能力の均衡】

【切磋琢磨】

こういった思想が最大の生産性を生み、育て、
一般的な平等という概念を凌駕するために
必要なものではないでしょうか。


弱い者は強い者を見習い、強い者は弱い者を助ける。


大事な言葉だと思うんだけどなー。

ではでは。