前読んでた雑誌で敏腕プロデューサーで有名な
【おちまさと】さんがこんなことを言ってました。

「高いモノを買うっていうのは考え方次第では
今流行のエコロジーなんですよ」

高級品を買うと、その品を大切に使おうという心が生まれる。

すると、大切に使うから壊れない、壊れないから余計なモノは
買わない、買わないから無駄なモノが出ない。

面白いと思いません?

例えば、高級腕時計を買ったとしましょう。

あなたはこの時計をどう扱うでしょうか?

恐らくなるべく傷のつかないように扱い、メンテナンスや
磁気の除去などもマメに行なうのではないでしょうか。

そーゆーことです。

これをもうちょっと煮詰めると面白いことがわかってきました。

まずこの高級志向とエコの関係は、我々庶民にしか
当てはまらないということ。

ちょっと考えれば分かることなんですが、
大富豪にとって【高級なモノ】ってなんですか?という話です。

大富豪が何をどう考えて生きているかまでは知りませんが、
お金持ちにとって【高級】という概念はもはや破壊されて
いるワケですから、この言葉は大した意味を持ちません。

お金持ちにとって高級なものとは、もはや金額での
価値ではないのです。

そしてもう一つ面白い発見があって、我々庶民には

「高級」だから「勿体無い」

という式が成り立つことです。

我々は、高ければ高いほど、そのモノに対して
大きな価値を置き、それを失うことに対しては
勿体無いと強く感じるのです。

もちろん安いモノでも「勿体無い」という感情は生まれますが
それが高級になればなるほど、より強くあらわれる、というワケ。

詳しく説明すると長くなるのでやめますが、これには自己説得が
働いていると思われます。

「値段が高いモノは価値も高い」みたいな。

既成概念みたいなのもあると思いますけどね、多分。

水道水が1リットル1000円だったら、確実に節水しますよね?

1個1000円のトマトなんて食卓に並んだ日には
種の一粒まで残さず食べますよね?(笑)

まぁ上の例は極端ですけど、1000円のシャツを買うより
5万円のシャツを買った方が10年単位ぐらいで見ると
結果的に安くつく可能性があります。

さすがに5万円のシャツは捨てんでしょ(笑)

というワケで、これからは出来る限りで
高級志向でいきましょう!!(違う?)